くだものの香り

くだものの香り ポンカン

 

 

 

Dsc_0224
 
 
ご近所さんから
「ポンカン」をいただいた
 
関東にいた頃は
あまり出回っていなく
買い求めた事はなかった「ポンカン」
なので
こちらへ来て
良くみかけるようになったが
買った事がなく
これがお初
 
「ポンカン」は
インドが原産とされるミカンの仲間
酸味は少なく
コクのある甘みとサクッとした触感があり

ミカンより
こちらの方が好みかな

その「ポンカン」と「清見」を
掛け合わせたのが「デコポン」
凸がない「はるみ」もそのひとつ
 
「清美」は
日本で育成された最初のタンゴール
タンゴールとは
柑橘類の雑種の呼称の一つで
「ミカン」と「オレンジ」の交雑種のことを指し
「せとか」もそのひとつ
 
 
少し利口になって
柑橘類を買う時の
幅が拡がったような・・

 
 
 

| | コメント (6)

くだもの香り・・甘夏と橙

 

 

 

 

2016_02230017
 

 

 

 

無農薬の甘夏と橙をたくさ~ん頂いた。
ご近所のMさんが持ち山で収穫したもの。

 

背負子に入れて山を降りる途中
足をとられ、半分程下に落とし
再度採りに行ってきたという。
70代後半のご主人の汗と涙のたまもの。
大事に食べよう !!

 

甘夏は1月から収穫し
2月中旬頃までに採り終え一か月程寝かせて
酸を抜き熟成させた方が美味しいらしい。
2週間程寝かせたので
そろそろかな~と・・

 

そのせいなのか
今年の甘夏は甘く瑞々しく
タッパにいれた甘夏がすぐなくなる。

 

マーマレードにしようと思っていたが
甘夏はピールのコンフィだけにし
橙でマーマレードを作ってみよう。

 

 

 

 

 

 

 

2016_02230014
 

 

 

 

 

 

丁度、来客があったので
少し生クリームを添えて・・

 

苺はキッチンペーパーを
水で湿らせて拭くだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くだものの香り・・・・石榴

 

 

 

 

 

 

初めて手にした!!

 

 

 

 

 

 

 

Dscf0044

 

 

 

 

 

 

 

「いいものあげる」と義姉が大事そうにハンカチから1個これを取り出した。

 

「エッ、これが石榴・・・初めて見た」という私に周りの方が驚く、越後平野で育った私には山の実はあまり縁がなかったし、それ以降手にする機会がなかったのdesu。。

 

大事そうに取り出された石榴を見て水上勉の「母一夜」の一節を思い出す。

 

「~母ははだけた胸にふくらんだものを抱えており、私たちの所へ息をはあはあついてくると、乳房を見せつつ、両手で懐の中身をつかみ出した。アケビだった。喰えや、みんな喰えや、そう言ってアケビを幼い兄弟にくばった母は、かぶりつく子らを見守りながら、急いで転んだ拍子に掴んだ藤蔓が、はっといことに蛇であったと語る~」

 

の一節、石榴とアケビの違いはあるが、たった1個もらった石榴を私たちに持ってきてくれた義姉の気持ちが嬉しい・・・。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

くだものの香り・・・・まくわうり

 

 

 

 

 

 

Dscf0002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

懐かしくなってついつい買ってしまった“まくわうり”、私が小さい頃は瓜というとこのまくわうりしかなかった。

 

種の周りが甘く種を吸ってはペッペッと吐き出したっけ・・・サクサクとした歯触りが懐かしい。。

 

これは色が黄色だが、私の記憶では萌葱色に縞模様だった。
調べてみると、関西では黄の肌のまくわうりが多いらしい。

 

同じ瓜類らしいが、西洋メロンとは対照的な風味、柔らかな肌触りのシルクが網目メロンなら、洗いざらしの浴衣のまくわうり、その時の気分で選びたい。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

くだものの香り・・・・メロン

 

 

 

 

 

 

2012_06050003

 

 

 

 

 

 

 

茨城に住む姉から例年の季節の便り、茨城はメロンの産地、クインシーメロン、アンデスメロン、いつもハズレなし。。

 

1個は義姉、もう1個はお隣のMさん、そして、我が家はの取り分は2個、しばらくはデザートが楽しめるククッ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2012_06050001

 

 

 

 

 

 

 

熟すまで部屋の隅に置いておく、熟してくるとかすかにいい香りが・・・食べごろのサイン、メロンは冷やし過ぎは禁物、食す3時間前くらいに冷蔵庫に入れるべし。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

くだものの香り・・・・ミニトマト

 

 

 

 

 

 

25

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知り合いから、今年最期の“ミニトマトとかぼちゃ”をもらう。

 

見て!、このトマトの鮮やかな事。今年は雨が少なく、あまり水をやらなかったため、皮が硬いといっていたが、きれいに洗って冷蔵庫に入れ、扉を開けるたびにチョッとずつつまんいたら、いつの間にか残り少なくなっていた・・・・反省。。

 

 

 

 

 

それにしても、今年の夏の暑かったこと、長かったこと、そして又冬は例年より寒いらしい。こころして次に控えている季節を迎える準備をせねば・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

くだものの香り・・・杏

19

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の杏は豊作だった。
毎年果実酒を漬けているので、今年はジャム作りに初挑戦。
熟させる分だけ残して、果実酒用に青い実は全てもぎ知り合いにあげた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2_4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  そして、杏ジャム完成!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作り方
杏500gは良く洗い、皮ごと手でつぶす。種から良い香りが出るので一緒に煮て、あとで取り出す。
それを鍋に入れ、砂糖250~300gをかけ、弱火で程よい軟らかさになるまで煮る。
本当に簡単においしいアプリコットジャムが出来上がる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の朝食は早速ジャムの試食

 

杏と砂糖を同量という人もいるけれど、私は半量で丁度いい。こってりとした甘さは苦手、杏の少し苦味のある味が残り、季節感を感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

くだものの香り・・・メロン

 

 

 

 

 

 

18

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茨城に住む姉が、毎年この時期メロンを送ってくれる。

 

今年もまた、梅雨の時期に爽やかなかおりを届けてくれた。

 

いつもはアンデスメロンだけなのに、今年はクインシーメロンも入っていた。クインシーメロンの果肉はオレンジ色、アンデスより甘みは押さえ気味で、歯ごたえも微妙に違う。

 

 

 

 

 

メロンはなんといっても匙ですくって一口食べたときのあの果汁のみずみずしさだろう。
だが熟し加減のみきわめはけっこう難しい。
ヘタを触って確かめるという手もあるが、冷蔵庫に入れず、室内においておけば熟してくると良い香りで熟し加減を教えてくれるという。

 

 

 

 

 

 

|

くだものの香り・・・レモン

 

 

 

 

 

 

5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地物のレモンが9個198円で売っていた。あまりに安いのでつい買ってしまったが、新鮮なうちに使い切りたいので、レモン酒とレモンのはちみつ漬けを作ることにした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レモン酒
レモン3個は、くし型に切り、半量は皮をむく。容器に氷砂糖200~300gとレモンをいれ、ホワイトリカー0.9ℓを注いで、密封する。

 

4ヶ月くらいおき、レモンが完全に脱色したら酒をこし、瓶に入れ保存する。

 

 

 

はちみつレモン

 

保存瓶に2~3mmの厚さに輪切りにしたレモン1個分をいれ、はちみつ1カップを注ぎいれ、レモン汁とはちみつがよく混ざり合うように、半日の間、4~5回攪拌する。混ざったら、そのまま冷蔵庫で保存する。2ヶ月くらいは美味しくのめる。冷たい水や、お湯、炭酸水、又は牛乳で割って飲む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の時期なら、やはりお湯で薄めて飲むと体が暖まり、美味しい。17 

 

 

 

レモンの魅力はやはり清涼感だろう。風味も良いので紅茶に一切れ浮かべたり、肉や魚に絞ったりと使い方はいろいろ、冷たいトマトジュースにギュッと絞ったレモン汁を入れて飲むのも格別だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|