雑草ノート

9月の雑草 '15

 

 

2015_09020010

 

 

 

2015_09020011

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘクソカズラ

ちょっと名指しで名前を呼びにくい・・
茎や葉をもんだ時に悪臭があるらしい。

果実は私のなんちゃってクリスマスリースの主役。
多年草、花期7~9月。

 

 

 

2015_09020019

 

 

2015_09020017

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノブドウ

淡い青、紫、緑がいろとりどりで美しい
が、ブドウタマバエなどの卵が産み付けられて
虫こぶになっていることも多いらしい。

げっ、
そう聞くと
この美しい色も
なにやら妖しい色に見えてくる。

落葉低木 花期6月~8月 果実8月~11月

 

 

 

2015_09020012
 

 

メマツヨイグサ

良く似たオオマツヨイグサよりも
花が小さい事からメマツヨイグサと付いたよう。
荒れ地に生息することから
アレチマツヨイグサとも。

越年草または1, 2年性 花期7月~10月

マツヨイグサと月見草は同じと思っていたが
同じアカバナ科マツヨイグサ属だが
月見草は白色
花弁が白から淡紅色になる一夜花で
月が現れる時間に咲くので月見草というらしい。

太宰治「富嶽百景」の中に
「富士には、月見草がよく似合ふ」とあるが
これは、オオマツヨイグサが定説。

 

 

 

 

2015_09020022
 

 

カヤツリグサ

茎の量端を持って裂くと四角形になり
これを蚊帳に見立てたもの。

エジプトで紙として使っていた
パピルスに似ている。
パピルスもカヤツリグサ科。

一年草 花期8~10月

 

 

庭にはびこる雑草たち
性質を知ったら処理しやすいかも~
と調べたら
これがなかなか面白い。

雑草といえども
なかなか可愛いのだ。
だが、
繁殖力は半端ない !!

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

10月の雑草

いよいよ雑草も少しずつ消滅・・元気なのはセイタカアワダチソウとススキ・・

2013_10280001

ノブドウの実・・花は夏に開き、花の形はヤブガラシとよく似ている。果実は淡い紫色を経て空色に熟す。空色の果実は独特な色で、ラピスラズリを思い出す。
花期7~8月。

2013_10280003

掃溜め菊 ?

白い花の色を見かけなくなったこの時期、コンクリートの隙間から小さな花が顔を・・名前の割には小さな可愛い花を付けている。
一年草、花期6~11月

2013_10280006

近くの駐車場の隙間から・・

手前からセンダングサ、セイタカアワダチソウ、チガヤ・・6月に白い穂をつけて、たなびいていたチガヤも今は葉だけを残し。
セイタカアワダチソウの花期10~11月。

♪この坂を登ったら、正面に山があります~この坂を下ったら海があります~その中間がおうちです~♪♫

| | コメント (4) | トラックバック (0)

9月の雑草

雑草たちもなんとなく秋めいて・・

2013_10030002

エノキグサ・・だと思うのだけど・・
葉がエノキに似ているので、エノキグサというが、この名前よりもアミガサソウの方が、この植物の特徴をよく表している。一年草、花期8~10月。

2013_10030005

ニラの花、ネギ属の1種、多年草の緑黄色野菜・・曼珠沙華のような佇まい、繁殖力が旺盛であちこちからあの独特の匂いが。花期8~10月。

花ニラは春に花開くのでこの野菜のニラと区別ができる。

2013_10030007

ヤブランの実・・はじめ緑色で熟すると濃い紫色又は黒色に見える。
鳥は食べるらしいがいつも黒いまま残っている・・きっと美味しくないのでしょうねー。
多年草、花期7~10月。

2013_10030009

2013_10030010

ちょっと解りにくいが、これはヨモギの花・・この季節になるとセイタカアワダチソウと共に良く見かけたが、まさかこれがあのヨモギだったとは・・夏の間にここまで大きくなるんですねー。

セイタカアワダチソウと同様に地下茎などから他の植物の発芽を抑制する物質を分泌させる・・この現象をアレロパシー(他感作用、allelopathy)と言って同じ場所にヨモギだけが見られることの原因になっているとのこと。

目立たない花にも意味があって、風によって花粉を運ぶので、着飾って虫を惹きつける必要がないらしい・・でも、そのおかげでこの季節、ヨモギの花粉でアレルギーの人が増えているという。多年草、花期9~10月。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

8月の雑草

真夏の雑草は春のそれに較べなんと見栄えのしないこと・・

2013_08110003

2013_08110004

チチコグサ・・根出葉はロゼット状に地表に広がり、花のない時期は地表に星形に張り付くように育ち花時にも残る。
和名は父子草、これはハハコグサを母子草と見てつけたようで、特徴を個々に見ればハハコグサと似た点は多いが、ハハコグサが白い毛に包まれた柔らかな姿に黄色い花が映えるのに対して、この植物には全体に色気が少ない・・そこが父子草たるゆえんかも知れない・・という説がある。多年草、花期は春から秋。

 

2013_08310005

2013_08310006

スベリヒユ・・全体が無毛で多肉質、茎は赤紫色を帯び、地を這って広がるように伸びる昼咲きの一日花。
葉に艶があり、スベスベしていることや茹でてたべるとぬめりのあるところから名づけられたらしい。一年草、花期7から9月。

2013_08310008

2013_08310012

ヘクソカズラ・・茎は他物に絡みつきながら長く伸びる蔓性の植物。
みかけは可愛い花をつけるのにこの名前とはねー、漢字だと屁糞蔓・・ご同情致します。

それにしても、何故こんな名前をつけたのだろう、花を切り取って匂いを嗅がないように前もって注意を促しているのかなー。

別名、ヤイトバナ。花の中央部が赤く、お灸(ヤイト)の跡に似ていることから。また、花の可憐さからサオトメバナとも言うらしい。多年草、花期8から9月。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

7月の雑草

手強い・・

2013_07150004

メヒシバ、オヒシバとの見分けがつきにくいがオヒシバの方が強靭らしく、メヒシバは軸がざらつくようだ。一年草、花期は7~11月。

2013_07150012

オオアレチノギク、まだまだ出始め、夏にはアッという間に高さ1.8m程度にまで生長して頂に多数の頭花を形成する、空き地になっている所にこの草が所狭しとはびこっている・・繁殖力が抜きんでているんでしょうねー。越年草、花期7から10月。

 

2013_07110030

コニシキソウ、地面をはって広がり傷つけると乳液を出す。葉の中心部に赤紫色の斑紋がある。一年草、花期6~10月。

2013_07150003

朝咲いた花が昼しぼむことが朝露を連想させることから「露草」と名付けられたという説がある。
昔はそこらじゅうにさいていたが、最近はめっきり目にすることがなくなった。一年草、花期6~9月。

2013_07150014

ひでり草、別名マツバボタン、ツメキリソウ、花の寿命は短く一日花。
強い日差しのもと、嬉々として咲いている。多年草、6~9月。

2013_07110028

2013_07110029

ネジバナ、雑草扱いするには可哀そうなくらい可愛らしい・・って、雑草に失礼でしょうか・・松の鉢の小さなすきまから何本も。多年草、花期5~8月。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

6月の雑草

春の雑草が終わり・・夏の雑草へ

2013_06100026

2013_06100031

ノゲイヌムギだと思うんだけど、カモジグサはもう少し穂が長く葉がもっと長く広い。
多年草、花期4~7月。

2013_06100028

チガヤ、群生することから千のカヤという意味らしい、穂も葉も繊細で群生した群れが風に揺れる様は好ましい。多年草、花期5~6月。

2013_06250015

エコノログサ、穂を子犬の尾に見立てて犬の子草、別名ネコジャラシ・・野の花と一緒に投げ込むと風情がある・・特に紫の花。一年草、花期8から11月。 

以上、近所の駐車場・・広く整備されているのに高くて借り手のない・・で、ウチの庭にはない雑草が生え放題の駐車場にて撮影。

 

2013_06250020

長柄小蜜柑草、コミカンソウに比べて、花柄が長いことから。
花は上部の葉脇につき、花柄が長くいため、上から見ると葉の上に1つの雌花や果実が乗っているように見える。花期は7から11月。

2013_06250002

ママコノシリヌグイ、今年初めて庭で見る・・今まで雑草に焦点をあてていなかったので、見つけられなかったんでしょうねー。
継子の尻拭、刺で継子の尻を拭う草という意味、別名、トゲソバ・・この名前を付けた人はよほど心根が曲がった人なのか、実際にその場面を見た人なのか・・いづれにせよ、一回聞いたら忘れられない名前。一年草、花期5~10月。

 

2013_06250013

2013_06250014

ヒメジオン、ハルジオンに非常によく似ている。ヒメジオンは茎に白い髄が詰まっているけど、ハルジオンは中空。
熱いさ中、この小さな花が凛として直立している姿をみるといじらしい。1~越年草、花期6~10月。

2013_06250005

花の終わったユキノシタを上からみる。
ひとつの花の枝が、全く相似形で規則正しく伸びているのに驚く。

庭の雑草と言われる草花もよくよく見ると、新鮮な驚きに満ち満ちている。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

5月の雑草シーン2

雑草に目がいくようになってきた・・

2013_05250052

2013_05250056

センダングサ・・と思うんだけど、今花が咲いているということは違うのかな、センダングサの花期は9~10月、他にこれというのもないし・・ ??
と思って探していたら・・ンッこれかな・・掃溜菊、ちょっと可哀そうな名前、花期が6~11月というのも合っているし。。

後で良く調べたらやはりセンダングサだった。
分からないときは葉の形からーですね。

 

2013_05250059

コモチマンネングサの花、5月の初めころは緑の絨毯だった。

2013_05250044

タイトゴメ、葉の形を細長くて質の悪い小粒の米(タイトウマイ)にたとえたことから付いた名前。
繁殖力が旺盛で松の鉢などにアッというまにへばりつく。花期は5~8月、多年草。

2013_05250030

小判草、これは他所の空き地で見つけた。

小穂は左右から扁平だが、鱗片はふくらんで厚みがある・・これを小判に見立てたものらしい。
よくよく手に取って調べてみると、本当に精巧に出来ていて、鱗一枚でも動かせるし個体としても滑らかな動きが出来る・・前に鉄で作られた滑らかな動きをする蛇の作品を見たことがあるが、ヒョッとしてこの植物がヒントになったのかなー・・などと思うくらい、花期は5~7月、一年草。

小判より小さいのでヒメコバンソウとついたものや、少し似ているスズメノカタビラというのがある。

小判より大きいので大判草というのもあるが、これは未だ見たことがない。

2013_05250005

2013_05250003

左がヒメコバンソウ、右がスズメノカタビラ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

5月の雑草

雑草もいきいきと・・

2013_05040039_2

2013_05040041

マツバウンラン、このヒョローと細長い花が庭を占領中。
義母は「花火草」と勝手に名付けて読んでたっけ、 細い先端に花がはじけているのを花火に見立てたのだろう。越年草、花期4~5月。

2013_05040077

2013_05040037

ヤブジラミ、かわいそうな名前・・雑草にはなんで ? というような名前が多い・・藪に生え、果実が衣服につく様子をシラミにたとえたものらしい。
葉が人参の葉にそっくり。越年草、花期5~7月。

2013_05040071

ムラサキカタバミ、カタバミの花ってよく見るとほんとに可憐・・繁殖力が強くアッという間に陣地を広げるので抜きたいんですがねー。多年草、花期5~7月。

2013_05060006

2013_05060009

コモチマンネングサ、花は黄色、花が咲くと一面黄色の絨毯に・・鮮やかな黄色なので、鉢に植えている人をけっこう見かける。越年草~多年草、花期5~6月。

2013_05130026

2013_05130029

スイバ、茎や葉に酸味があることから。
別名、スカンポ、食用になる、最近は薬効があるという事で研究が進んでいるらしい。多年草、花期5~8月。

庭の雑草に困り果て、性質などを調べ始めたらこれがけっこう面白い、そうすると、今度は抜くのが可哀そうになってくる・・やぶへびにorz

    *********************************************

今回焼いたカンパーニュ、調理用のミックスビーンズを入れてみた。

2013_05150037

大成功、そのままでも食べられ、サラダにも使えるミックスビーンズ・・調理パンのようで、このパンとコーヒーで充分なりー。

2013_05150040

前回入れたのは夏みかんのピール、今回はこのビーンズ、次は黒豆を入れて作ってみようっと。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

4月の雑草・・その2

雑草我が意を得たりと生育中・・・

2013_04120035

タネツケ花、頂きに白い小さな花を咲かせ、その下に細い鞘のようなものが幾つか・・葉の形が少し変わっている。越年性一年草、花期3~6月。

2013_04120040

タチイヌノフグリ、とっても小さく空色の可愛い花を咲かす・・オオイヌノフグリより花は小さく茎が直立して立ち上がる。越年性一年草、花期3~5月。

2013_04120021

キュウリソウ、これもよくよく見ないと花が小さくて見過ごしてしまう。
斜めに伸びた茎のところどころに蕾をつけ、頂きにいくつかまとまって花を咲かす。越年性一年草、花期3~6月。

2013_04230002

オランダミミナグサ、ミミナグサとは耳菜草の意で対生する葉を耳に例えたらしい・・全体の感じがハコベに似ている。
花が開いたところはあまり見られない。越年性一年草、花期4~5月。

2013_04230001

ヤエムグラの花、「4月の雑草その1」の時はまだ花が付いていなかった・・良く見ないと花には見えないほど小さい。越年性一年草、花期5~6月。

2013_04230003

タンポポ、日本タンポポだと思うんだけど・・総苞外片が直立、反り返るのが西洋タンポポの特徴らしい。
タンポポの黄色は優しい色だなあー。多年草、花期3~10月。

2013_04230004

オニタビラコ、春の七草のほとけのざ(紫の花をつけるほとけのざとは別物)と呼ばれるタビラコとは別属、 「田平子」の意で葉が田に平たく張り付くように茂ることから付けられたようだ一年草、花期5~10月。

2013_04220022

カタバミ、閉じた葉が欠けているように見えることからこの名が・・葉が3個つき昼間は開き、夜は閉じ、花も同様に睡眠活動をする。
とにかく、繁殖力が強い・・横に拡がり高さはないので、とることは諦め・・ウチの庭のあいているところにはこの草がはびこっている。多年草、花期5~8月。

2013_04230007

スズメノカタビラと思っていたが、スズメノカタビラは草丈が10~15㌢なので、40~50㌢はあるのでカラスノカタビラのようだ。
まばらな花穂を、単衣の着物、帷子に模して付けられたようだ。越年性一年草、花期3~11月。

季節ごとに雑草も違う、春夏秋冬の雑草も味わい深い。

<追記>

「一年生雑草」
毎年新しい種子により発芽し、生長する雑草。
春に発芽して秋に枯れる雑草と、秋に発芽して越冬し、春から夏に枯れる越年生の一年生雑草がある。
【例】オヒシバ、メヒシバ、スズメノカタビラ、ナズナ、ツユクサ、カヤツリグサ

「多年生雑草」
種子で発芽、生長し、地上部は一旦枯れますが地下部が生き残り、翌年になると、同じところからまた生えてくる宿根性の雑草
多くの多年生雑草は種子で繁殖し、発芽し根をおろすことで宿根草となりますが、なかには地下茎が伸びて繁殖するものもあります。
【例】スギナ、シロツメクサ、タンポポ、ハマスゲ、ワラビ、クズ、ヤブカラシ、セイタカアワダチソウ、チガヤ、ススキ

*********************************************************

庭の古木の藤が咲いたーー。

Dscf0043_2

こうやって見ると背が高いようですが、池にぎりぎりに咲いているので、大きな鉢植えの様な感じです。

なんとか生き返ってくれた。。

2013_04270024

2013_04270023

| | コメント (6) | トラックバック (0)

4月の雑草

旺盛です・・

2013_03300015

カラスノエンドウ、スズメノエンドウ、カスマグサと似たものどうしだが、これは花が小さく青白いのでカスマグサではないかと・・まだ花は付いていない。越年性一年草、花期4~6月。

2013_03300017

ヤエムグラ、貝塚伊吹の足元にビッシリ・・茎には逆向きに小さな棘があり、触るとイガイガ感がありセーターなどに良くくっ付く。越年性一年草、花期5~6月。

2013_03300022

ハコベ、これは本当によく見かける・・2ミリにも満たない小さな花だが、顔をくっつけてよーく見ると本当に可憐な花だと分かる。

春の七草のひとつ。越年性一年草、花期3~9月。

2013_04060048

ホトケノザ、これも良く見かけるしサルビアに似た可憐な花をつける・・葉が幾重にも重なって仏の座を連想することからこの名前がついたらしい。
春の七草の「ホトケノザ」とは別物。一年草、花期3~6月。

春の七草の「ホトケノザ」は正確にはキク科の「タビラコ」のことらしい。

2013_03300023

蒲公英、花はでてないが西洋タンポポなんでしょうねー。
日本タンポポでは総苞片が立って真っ直ぐに伸びるが、西洋タンポポは外側に反り返るので区別がつくらしいのだが・・・。多年草、花期3~10月。

2013_03300025

現在、家の庭で一番はびこっているのがこの雑草、イネ科なんでしょうかねー、名前が分からない・・芝生の間から次から次へと小さな芽が・・取りきれない。。

<追記>
これがあのヒメコバンソウだったんですねー、穂が出て風に揺れる様が可愛らしい・・穂が出ていないのでわからなかった・・それだけ、花のついてない雑草には目が向いていなかったんですねー。10から15㌢位。越年性一年草、花期5~7月。

柳 宗民さんが「そう、雑草は可愛いのだ」とおっしゃている・・確かに意外に可愛らしいのには気づいたが、繁殖力のすごさの前には可愛いとだけは言っていられないものがある。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)