日々のおかず 麺・ごはん

のりたっぷりのツナおろしスパゲッティ

朝食に・・ちょっとカロリーが高いけど

2013_05060002

スパゲッティの袋の裏に付いているレシピから・・自分で考えて作って失敗作より、何回か試行錯誤で成功したレシピの方が・・と、思い、何点か確保。

材料(一人分)
スパゲッティ  ・・・・・・・・・・・  100g
シーチキン  ・・・・・・・・・・・・ 1/2缶
大根 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 中1/4本
万能ねぎ ・・・・・・・・・・・・・・・  5本
しょうゆ ・・・・・・・・・・・・・・・・ 大匙1と1/2
オリーブオイル ・・・・・・・・・・ 大匙1と1/2
おろしにんにく ・・・・・・・・・・・ 小匙1/2
レモン汁 ・・・・・・・・・・・・・・・ 小匙1/2
刻み海苔 ・・・・・・・・・・・・・・ 適量

作り方
①大根は皮をむいてすりおろして軽く水気をきる。
②ボウルにしょうゆ、オリーブオイル、おろしにんにく、レモン汁を混ぜ合わせる。
③ゆでたスパに大根おろし、汁けをきったシーチキンを盛り、小口切りにした万能ねぎを散らす。
④③に②をまわしかけ、刻み海苔を散らす。

いつものケースでレンジが茹でている間に材料を準備、茹であがったら盛り付けて②のたれをかけるだけ・・茹で時間こみで15分位で出来上がり。
私はしょうゆとレモン汁の代用にポン酢を使用。
さっぱりと美味しく頂けます、夏向きかも~

   ***********************************************

今日の朝刊の投稿欄の記事・・同感と思いながら読み進める。

季節感の溢れている記事なので、こっそり書き写しておこう。。

 “梅雨空に見かける花には白が多い。ウノハナ、タイサンボク、アジサイ、ナツツバキ、ヤマボウシは、空に向かって白いハンカチの様な花をつける。
 足元に目をやれば、ドクダミが白十字の様な星を散らしている。
 今頃の時期、小学唱歌の「夏は来ぬ」に出てくるウノハナだが、実際、ウノハナなんて知らなかった。
 ウツギとも言われ、むかしは生垣に利用された。万葉集にもたくさん詠まれている花だと知った。
 近年ではすっかり減少し、「ウノハナの匂う垣根」も遠い景色となったようだ。
 雨に濡れて咲くアジサイも、ショウブも、雨に似合う花の代表格だけれど、私は梅雨空にひっそりと咲く白い花たちの美しさに心惹かれる。
 「ウノハナの匂う垣根にホトトギス 早も来鳴きて」と口ずさんでみる。  (周南市)”

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

簡単ミートソース

ランチ用に・・

2013_05250012

お手軽に本格仕様のミートソースが出来るので便利です。
合いびき肉とたまねぎのみじん切りを炒め、ソースで煮込むだけ。
たまねぎをかなり使うので、甘みとコクが・・一箱で4人分、冷蔵庫に何も入っていなくても、冷凍して常備しておけば豊かなランチが・・・。

このシリーズのホワイトソースも便利、ちょっとしたソースや一人分のドリアを作る時など手軽に使える。

2013_05250014

2013_05250007_2

オレガノを振り掛けて出来上がり。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

野菜すし

作ってみたかったー・・で、作りました。。

2013_04230012_2

さっぱりと頂けて、美味しかった。

この材料だけではなくいろいろと組み合わせがききそう、メインになるものがなくても一品になり、食欲が湧くのがいい。

油揚げは松山あげを使用、れんこんは甘酢に漬けて、お漬物は広島菜を使用、山芋にはわさびを・・。
酢飯の割合はお米一合に対して、お酢30cc、塩小匙2/3、砂糖大匙1弱。

参考にしたレシピはこちら

| | コメント (6) | トラックバック (0)

鶏ごぼうごはん

簡単混ぜご飯

2012_10260003

鶏もも肉、ごぼう、こんにゃくを炒め、味付けした具を炊き上がったご飯に混ぜるだけの簡単だけど美味しい混ぜご飯。。

材料(4人分)
 米 ・・・・・・・・・・・・・・3合
 鶏もも肉 ・・・・・・・・・250g
 ごぼう ・・・・・・・・・・・160g
 こんにゃく ・・・・・・・・100g
 酒 ・・・・・・・・・・・・・・大匙3
 しょうゆ ・・・・・・・・・・大匙31/2~4
 みりん ・・・・・・・・・・・大匙2
 ごま油

作り方
①米は普通に炊く。
②鶏肉は小さく切り、ごぼうはささがきにして水にさらし水気を絞る、こんにゃくは鶏肉と同じ大きさに切り、茹でてざるに上げる。
③鍋にゴマ油大匙2を熱し、鶏肉を強火でかりっとするまで炒め、こんにゃくとごぼうを加えて水気を飛ばすようによく炒め、酒、しょうゆ、みりんで調味し、さらに水気がほとんどなくなるまで炒りつける。
④ご飯が炊き上がったら、③の具を加えて手早く底からサックリ混ぜ、ふたをして10~15分蒸らす。
⑤器に盛り、あればもみのりを散らす。

                <参考:NHK 今日の料理>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひさびさの・・・カレーライス

載せるほどのメニューではないが・・・

2012_09190003

夫Nがあまりカレーを食べないので、作る機会のないカレー。

今頃は、普通の家庭でもレストランと見間違うほどの物を見る事多しカレー。

それに比べると超簡単・・・でも、コレ結構いけるのdesu。
そして、翌日ご飯と混ぜながら炒める「アレ」が夫Nのおめあて。。

作り方は、玉ねぎの薄切りを良く炒め、そこへシーチキン(身だけ、汁は入れない)を入れる。炒め終わったら分量の水を入れ、沸騰したらコンソメを少し入れ煮詰め、カレールーを入れ、弱火でお好みになるまで・・・仕上げにトマトケチャップとウスターソースを少々。。

カレールーは市販の甘くないものを使用。

そして、「アレ」が「これ」

2012_09190002

ちょっと固めのおじやってかんじ。

見た目は良くないが、時間をかけて炒め、お醤油で味を加減するせいか、カレーがご飯になじんで美味しいのです。おこげがうまく入っていれば大成功。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「瀬戸のめぐみ 島っ娘」

瀬戸内の名物、ちりめんじゃこと広島菜を使った「ペペロンちりめん」

2012_09190005

義姉から「瀬戸のめぐみ 島っ娘」という名前のペペロンちりめん一箱をもらった。

NHKのドラマ「清盛」がらみ、町おこしの関連で出来た商品らしい。
2食分入って結構なお値段、あまり期待しないで説明通りに作ってみると、これが意外に美味しいのです。。

何日か経って、また食べたくなったので、メモを見ながら挑戦。

作り方(一人前)
①沸騰したタップリのお湯に少量の塩を入れ、お好みの固さにゆでる。茹であがった麺をざるに上げ、この時茹で汁70cc(一人前につき)を残しておく。
②ガーリックオイル20cc、かやく、広島菜20g、チリメンジャコ10g、麺、茹で汁70ccをフライパンに入れ、中火でからめるように:炒める。

 * かやく(塩小匙1/4、スープの素小匙1/4、輪切タカノツメ少々をそれぞれ合わせておく)
  * ガーリックオイルがなかったので、オリーブオイルにガーリックチップスを入れて使用。

麺はこちらで茹でる、その間に材料を準備しておくとほとんど茹で時間内で仕上がる。。

ペペロンちりめん「瀬戸のめぐみ 島っ娘」の詳細はこちら。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶そば定食

外で食べたら750円!? 青汁付き!!

2012_07240009

お昼は一年中麺を食べているような・・・。

スパゲッティー、中華麺、日本蕎麦、うどん別に種類を替えたり、味付けを変えたり、トッピングを変えたり・・・夏はこれにそうめん、冷やし中華、冷麺、茶そば等が加わり少しバラエティに富むなり。。

今日の茶そばにはおいなり付き、麺だけでは物足りない時用に、出来合いのいなり用のアゲを冷凍にしておいたのを使う。
新生姜の甘酢漬けを刻み、甘酢と共にご飯に混ぜいなりに詰める。(甘酢は甘いのでお酢を少し加える)
刻み海苔と小口切りにした浅葱は常備(浅葱は刻んで冷凍しておく)。。

いなりといえば乃木坂の旧防衛庁前のおつな寿司はまだあるんだろうか・・・美味しかったなー、懐かしいなー。。

2012_07240007

自家製の新生姜の甘酢漬け。

夫Nは寿司折などに付いてくる生姜の酢漬けは食べないので、漬けたばかりなのに残りわずかに・・・新生姜がまだ出回っているので、今日にもさっそく漬けましょう。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)