日々の骨董

NIKKO社 ダブルフェニックス その1

 

 

2016_07230021_2
 

NIKKOダブルフェニックス ウィロー(柳)パターン
tea cup 

右から
ブルーウィロー
レッドウィロー
錦山水

NIKKO社は1908年
旧加賀藩主である前田家や当時の有力者が
金沢で日本硬質陶器株式会社を創業したのが始まり。
ウィローパターンは
戦後、主にアメリカへの輸出目的で生産され
当時は何社もあったらしいが
生き残ったのはNIKKO1社だけという。

ブルーウィローというと
イギリスがあまりにも有名で
世界的に見てもコレクターが多い。
中国の悲恋物語を模した絵柄も
フェイクだと思うが知れ渡っている話だ。

当時は特許権もないので
日本の製造会社がこぞってイギリスのモチーフを
そのままコピーした・・と
あるブログで読んだことがある。

 

 

 

 

2016_07230023
 

 

コーヒーマグとデミタスカップ
ブルーウィロー

私はこのコーヒーマグを良く使う。
もう少し大きいミルクマグが欲しくて探すのだが
なかなか見つからない。

そもそも
NIKKOのダブルフェニックスを
集めようと思ったきっかけがミルクマグだった。

20代の頃
仕事の出来る先輩がこれを使っていた。
彼女はチャキチャキの江戸っ子で
仕事の合い間にこのカップでお茶を飲むのが
とてもカッコ良く思えた。

それ以来
ダブルフェニックスの葡萄柄とともに
少しずつカップやお皿を買い足してきた。

この器は
硬質陶器なので
オーブンには使えるが
レンジには使えない。
使うと水分がとぶせいか
この製品の特徴でもある貫入が深くなり
割れる恐れがあるので
要注意。

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ポストとねこと鉢

 

 

2016_07060020
 

 

私好みの
季節ごとの室礼をしているのがここ。

お雛様や兜
お正月には羽子板等々。

少し前まで
兜が延々と鎮座していた(^^;

いくらなんでも・・と仕舞ったが
この時期に飾るものが思い浮かばず
梅雨の時期だし
華やかにと思いこの鉢を飾ってみた。

 

 

 

2016_07060022

 

 

大聖寺伊万里の鉢

絵柄が丁寧にみっちりと
描き込まれている。

これは日常使いでなく
飾り鉢でしょうねぇ。

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「道八」の器で

 

 

2015_11100021

 

「道八」の染付煎茶器

「道八」は京焼の窯元で
現在、9代「高橋道八」が名跡を嗣いでいる。

この煎茶器は「道八」の銘があるが
何代の作品かは分からない。
6代道八に煎茶器の名品があるということなので
勝手に6代の作品と思っているのだが・・

煎茶道の詳しい事は解らないが
丁寧に入れた煎茶を
小ぶりで薄手のこの煎茶椀で頂くと
「エッ」と思うほど美味しい。

 

 

 

2015_11120001
 

 

このところお客様の出入りが多かったので
使わなくなった蒔絵のお重を菓子器に・・

種類毎に段に入れ
重ねておけるので場所をとらず便利。
一段めにはみかんを入れた。 

お重の絵は
まるまるとした福鶴。

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

李朝の壺

2014_06060001

高峰秀子さんの著書「いいもの見つけた」に載っていた花器。

「ああー、いいなあ、こんな風に生けたい! 」
「こんな壺が欲しい」
と思い、何度この頁を開いたことだろう。

秋草はいい、高峰さんも書いておられるように「季節がなくなりつつあるけど、秋草だけは秋を待たなければお目にかかれない」。

そして、この活け方。
何々流という一目見ただけで流派が分かる生け方より、色合わせを考え投げ込んだ秋草。
李朝の壺との組み合わせ・・お互いがいきている。

これから夏本番のこの時期に秋草でもないんだが。
やっと見つけた李朝の壺。

2014_06060006

 

人参の草花文染付。

2014_06060005

 

丁寧な金継ぎが施されている。
完品なら私の手には入らなかっただろう。

直に水を入れるのは憚れるので、落としを入れて・・
秋になるまで飾り壺としてキャビネットの上に置いておきましょ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ベロ藍の染付大鉢

濃い発色のベロ藍を用いた明治の染付大鉢

2013_01220008

藍色が少し薄く映っているが、実際の色はもっと濃い藍色。

一尺弱のかなり大きな鉢、図柄は小さめの葡萄唐草と牡丹。

2013_01220010

水盤に見立て、花を浮かべたり、生けたり・・・。

2013_01220009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蕎麦猪口

ベストスリー

2012_11050024_3

2012_11050025

2012_11050026

形と釉薬の色、高台などで時代を判断するんだろうが、詳しくは分からない。
江戸時代という事で満足。

ちょっと甘手で地肌は乳白色、絵付けはぼやけた感じ・・「雪持ち笹と梅」。

2012_11050027

2012_11050028

2012_11050029

人気の矢羽根文、釉薬の濃淡が手描きの良さを表現、見込みは五弁花紋、高台は蛇の目高台。

2012_11050030

2012_11050031

2012_11050032

これも人気の微塵唐草、見込みは松竹梅、高台に成化年製。
微塵唐草は絵柄で時代考証できる。これは、絵柄が略されているので江戸時代でもそんなに古くはない。
花と唐草がはっきり描かれている「菊花華唐草」や「萩華唐草」が欲しいのは山々だが、良い品はそうそうお目にかかれない、出てきても価格もそれなりに・・このあたりで満足しましょうか、普段使いの器なのだから。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

古伊万里染付波うさぎ絵皿6寸弱

2012_05030057

見込みはうさぎなんだが、色は白じゃないし、顔に黒い輪郭が・・・?? チョット意味不明。

まわりは呉須の濃淡と墨弾きの技法で波頭を表し、白抜きの白うさぎが波に乗っている動きのある絵付け・・・呉須の濃淡が美しい変形皿。。

2012_05030058

| | コメント (4) | トラックバック (0)

古伊万里錦手三寸皿菊文小皿

2012_07080070_2

2012_07080071

とてもかわいい菊文の小皿。

周りの水色がきいている、緑色でないのが良い。

お手塩皿は、直径6〜7センチの小皿のことでらしいので、この皿はお手塩皿とは呼ばないのでしょうねー。

これだけぎっしり書き込まれていると、菊の上にお醤油をたらすのも憚れる・・・菓子皿として使いましょうか。。

2012_07080072

| | コメント (2) | トラックバック (0)

古伊万里染錦中皿7寸

2012_07080068

江戸後期から明治初期の古伊万里の染錦の中皿。

見込みは松竹梅、図柄の部分は隙間のない描きこみ。

2012_07080069

7寸なので使い易い大きさなのだが、隙間なく描かれていると料理を盛るのを憚れる。
飾り皿となりそう。。

この手の皿と似ているのが「大聖寺伊万里」、九谷で焼かれた伊万里、真贋のはっきりしない古伊万里を買うより、造りの良い大聖寺伊万里をと聞いたことがあるが・・・。

このお皿は信頼するお店で購入、幕末の古伊万里です。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

古伊万里染付牡丹と鶴図大皿1尺5分

2012_07080065

古伊万里らしい図柄と染付の色、見込みに松竹梅、まわりに牡丹と鶴・・・左右の鶴がぼやけて今一つ見にくいなー。。

時代は江戸時代、詳しくは分からないが当時人気のあった図柄らしい。。

お気に入りのごちそうを少しずつ盛り付けてもいいし、重量感のある料理をドサッと置いてもいいし・・・でも、いざとなったら壊れてもいい皿を使いそうなwatakushi、貧乏性・・・。

2012_07080067

| | コメント (2) | トラックバック (0)