四季の庭

満開 ピンクの藤

 

2018_04220024

この時期
山にはあちこちに紫の山藤

 

我家の庭は
この薄いピンク色

 

古木なので
このところ花がつかなかったが
今年はそれを取り戻すかのような咲きかただ

 

 

 

 

池の主
白いのと同級生の金魚3匹
見えるかな~

暖かくなってきたので
藤の花の下
気持ちよく泳いでいる

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の足音

 

 

2018_03060007

剪定後の杏の蕾

このところの暖かさで
あっという間に蕾がふくらみをもってきた

鋸で幹を切ると
断面は紅色
おがくずも紅色に

 

 

 

2018_03060002
 

やぶ椿

今年は
たくさんの花が付きうれしい

今年は
大雪になった故郷
白い雪の中で
赤い椿も咲いているのでしょうか

 

 

 

2018_03060004

 

 

2018_03060006
 

我家の庭で
いち早く春を告げるのが
紅梅と水仙

紅梅は
早くも散ってしまったが
水仙が春の香りを運んできた

 

 

 

2018_03060016
 

クロガネモチの
グラウンドカバーになっているサツキの
すきまから万両が

この頃になると
実ものは
殆ど鳥たちに食べられ
葉だけになっているのに

どうやら
鳥たちに気づかれなかったようだ

 

 

 

2018_03060012
 

倉庫の樋から
落ちる雨を貯めておこうと
置いた鉢

杏の小枝を
入れてみた

 

 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

色づく季節

 

 

2017_11280002_2

 

この時期
紅く染まっているはずなのに

いっこうに紅葉の気配がない

このまま
紅葉せずに落葉してしまうのだろうか

それでも
我家の庭はなんとか紅葉中

 

 

 

2017_11280004_2
 

 

 

2017_11280008_3
 

 

 

2017_11280005

 

柿の葉の紅葉

「木守りの柿」として
3個ほど残しておこう

「木守り」と言う言葉は
「二ほんのかきのき」という
絵本に載っているという
いつか読んでみたいなぁ~

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

さくらの後は・・

 

 

2017_04110016  (クリックすると拡大します)

満開から
連日の雨にも負けず・・
今年のさくらはしぶといぞ。

 

 

 

2017_04110011
 

春の花達が
ちらほら咲き始めている。

最初に咲くのは
黄、白のフリージア、紫蘭。

 

 

 

2017_04110013
 

 

 

2017_04110015
 

ムスカリ、スノーフレークも

ムスカリは
年ごとに
思いもしない場所に現れる。

来年は
何処へ向かうんですか~

 

 

 

2017_04110020
 

数えるほどしか
咲かなかった木蓮(マグノリア)

ごめんね
剪定しすぎかもね。

 

あと数日もしたら
春の花達でにぎやかになるでしょう。
花の季節4月ですからね。

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花曇り

 

 

2017_04080006

今日は花曇り。

いつもは見える
瀬戸内の海に靄がかかり
船舶どうしが
衝突を回避するために鳴らす霧笛が
ひっきりなしに聞こえてくる。

 

桜は七分咲きくらい。

今日の気温と雨を得て
明日あたりは満開かなぁ。

 

 

 

2017_04080012

 

廃品利用の傘入れに
投げ込んだ杏の枝。

花が散り
新芽が芽吹いてきた。

うまくいけば
杏の実がつくだろう。

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ビフォー、アフター・・カイヅカイブキ

 

 

2017_02150015
 

道路沿いと
その反対側の法面の2ヵ所を
剪定した。

本来なら
10月頃が適期なのだが
なんだかんだと雑用に追われ
ギリギリラインの2月迄になんとか間に合った。

剪定鋏は4、5本あるのだが
使い込んだこの鋏が一番私には使い易い。
柄は木材のわりにとっても軽く
柄と鋏の角度が丁度いいのだ。

 

夫がアレなもんで
我家は私のか弱い?細腕にかかっている。

釘一本まともに打てなかった私が
今では
電動バリカン、電動ドリルはお手の物
ガラスカッターでガラスも切るし・・
流石にもう
屋根には上らなくなったが・・

 

何をやるにも道具が大事と気づき
ホームセンターに行って買わなくても
道具売場をうろうろ
気付くと
まわりは大工さんのような人ばかり・・

そんなこんなで
我家の倉庫は
道具や金具、部品、テープ
接着剤、ペンキ類、各種針金、ひも等でいっぱい。

ちょっとした修理は
時間さえあればすぐ出来る。
うふふ・・こんな事が嬉しい。

 

 

 

2017_02150009_2
 

道路側のカイヅカイブキ

ビフォー

 

 

 

2017_02150012

 

アフター

 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

久し振りに出てみると・・ツワブキ・・ヒメツルソバが

 

 

2016_11120014
  

艶のある葉
スクッと伸びた葉柄
山吹色の花が目にもまぶしい。

 

 

 

2016_11120023
 

 

 

2016_11120025
 

全て刈り取ったはずの「ヒメツルソバ」
気がつくとあちこちに
ピンクの小花の集団が出来ていた。 

 

 

 

2016_11120022
 

 

 

 

2016_11120021 

ここにも
「ツワブキ」
蕾であったり
ちょこっと顔を覗かせたり・・

隣の欠けた壺は
小石を敷き詰め
傘置き代わり
ふふっ、廃品ではありません。。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

そろそろ夏がやってくる

 

 

2016_07060012

 

義母の実家の庭にあった
グラジオラス。

数年前に移植。
忘れたころにあでやかな濃い色の花が咲いた。

名前は古代ローマの剣であるグラディウスに由来し
葉が剣に類似していることが根拠(wiki)らしい。
確かに・・葉先が鋭い。

 

 

 

2016_07060016
 

 

ヤブカンゾウもあちこちに
姿を現し始めた。

別名「ワスレグサ」
花が一日限りで終わると考えられたため
英語ではDaylilyと呼ばれる。
実際には翌日または翌々日に閉花するものも多い(wiki)

不揃いな八重の花びらが特徴。
ライナーで横にどんどん広がって行く~~

 

 

 

2016_07060018
 

 

大好きな桔梗
お待ちしていました。

つぼみの状態では花びら同士が
風船のようにぴたりとつながっている。
そのため "balloon flower" という英名を持つ。
つぼみが徐々に緑から青紫にかわり
裂けて6-9月に星型の花を咲かせる(wiki)

梅雨もそろそろ終わりに近づき
夏に向かう頃咲く花たち。

我家の庭で咲く花たち
この時期の花が一番好きかも。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

花の季節

 

 

4月25日

 

2016_05010004
 

 

ピンクの藤
本紅藤(ホンベニフジ)

古木なので
ここ数年は数えるほどだったが
今年は満開になった。

藤色の藤のような存在感はないが
淡いピンク色が儚くやさしげ。

 

 

 

2016_05010011
 

 

 

 

2016_05010013_3
 

 

“スパラキシス”と“バビアナ”も
一面に咲き誇っている。

バビアナは
アヤメ科秋植えの球根
茎に7、8個の花を付けるので
割合長く楽しめる。
名前を探し当てるのに苦労したなぁ~

 

 

 

5月6日

 

2016_05060017
 

 

紫蘭もそろそろ終わりに近づき
アヤメの時期に。

一雨ごとに
つるバラのつぼみが
ふくらんで来る季節になった。

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

桜も終わり・・

 

 

2016_04090001_2
 

 

花散らしの雨の日。
室内から雨に煙る庭を見る。

木蓮の紫
山紅葉の赤
柘植の緑が
雨に濡れ
一層際立って見え美しい。

桜の花のいのちは短いが
木蓮も負けず劣らず短い。
せいぜい4日程度だろうか。

 

 

 

2016_04090008_4
 

 

次の日
庭に出てみると
あちこちに春の花たちが・・

これから暖かくなり
一日一日と庭の景色が
変わっていくんだろうなぁ。

 

 

 

2016_04090014
 

 

今日の朝の収穫
フリージアとシャガ。

フリージアは香りがいいので
玄関に飾ろう。

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧