« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月

「満中陰志」

 

 

Dsc_0040-2
 
 
 
 
 

Dsc_0042-1
 
 
「満中陰志」
“香合本欅蛤型”
 
4月27日に届いた
 
「満中陰志」
こちらへ来て初めて聞いた言葉
 
関西地域で使われる言葉で
「満」+「中陰」+「志」で
「満」は満ちる
「中陰」は仏教において故人の死後四十九日の期間のことをいい
「志」はお金や品物を贈ることで感謝の気持ちを表すということらしい
 
 
この香合は
仏具になるのかな
 
お寺さんなので
記念品等は
仏具が多い
 
お数珠、香炉、扇子等
頂く度に
どういう謂れがあるのか調べ
浄土真宗の仏具には
少しは詳しくなった
 
香炉は
真宗では厳しい決まりはないので
お好きなものを使って結構ですよと聞いたので
好みの古伊万里の香炉を使っている
 
 
 
 
 
 

| | コメント (2)

5月の花たち

 

 

5月10日

 

Dsc_0061
 
 
 
 

Dsc_0062
 
 
アヤメがいっぱい
 
アヤメの花のいのちは短い
いっせいに咲いたと思ったら
一週間ほどで姿を消してしまう
 
 
 
 
5月16日
 
 
Dsc_0032-1
 
 
今は野ばらの季節
 
梅雨入りを
待っていたかのように
花開いた
 
 
 
 

Dsc_0063_20210517194501
 
 
 
 

Dsc_0071
 
 
ちらほらと咲いていた
ハクチョウゲ
シャリンバイの
白い花も満開
 
 
 
 

Dsc_0073
 
 
椿の葉の間から
伸びた蔓が
モミジにからまっている
 
離そうとしても
何重にもからまっているので無理
このままにしておこう~
 
 
 
 

Dsc_0074
 
 
モミジの花が終わり
紅いプロペラが・・
 
あとは
頑張って飛ぶだけ~
 
 
 
 

 
 
木々の下には
姫ヒオウギ
 
こぼれ種で
あちこちに
可愛い花を咲かせている
 
 
 

| | コメント (6)

京のおばんざい風

 

 

Dsc_0034-1
 
 
常備菜のひとつ
 
必ずいれるのは
ひじきか細切り昆布
大豆
厚揚げ
 
今回は他に
新ごぼう
春人参
 
他にいれるとしたら
レンコン
鶏肉
里芋
たけのこ
等もいいかもね
 
 
厚揚げはこちらのもの
一度この厚揚げを食べたら
他では買えない
 
油抜きは必要なく
生でそのまま食べられる
私はわさび醤油かおろししょうがで・・

 
 
 

| | コメント (0)

4月の花から5月の花へ

 

 

4月22日

 

Dsc_0041
  
 
 
 

Dsc_0032
 
 
スパラキシス
 
新しく植え付けた花はないので
毎年同じ花が同じ場所に
 
それでも
表情が微妙に違うんだなぁ
 
 
 
 

Dsc_0035
 
 
名前知らずのこの花も
耐寒力がついたのか
立派に冬を越した
 
 
 
 

Dsc_0034
 
 
下から順番に花開く
バビアナ
深い青がいい
 
 
 
 

Dsc_0040-1
 
 
アマドコロ
 
ひっそりと
控え目にうつむいて・・
 
 
 
 

Dsc_0002-2
 
 
イキシアと紫蘭の競演も
 
 
 
 
 
5月3日
 
 

Dsc_0003-2
 
 
やはり
5月はアヤメだ
 
 
 
 

  
 
ハクチョウゲも群生
雪が降ったように
こぶりの白い花が
点々と咲く
 
バックで白くぼやけた点が
ハクチョウゲ
 
 
 
 

Dsc_0010-2
 
 
名前知らずのばら
右下の白い花が
ハクチョウゲ
これで大きさがわかるかな
 
今年最初のばら
こっそりと咲いていた
 
最初は縁が赤い黄色
咲き終わりになると赤に
 
 
 
もう少しすると
アヤメが群生し
サツキもあちこちに
赤やピンクの花を咲かせることでしょう
 
 
名前知らずのばら・・
 調べたら「チャールストン」だった
 もう一つは・・
 「ヨウラクツツアナナス (女王の涙 )」
 覚えきれなかった筈だぁ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


| | コメント (6)

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »