« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月

「ローマの休日」 Roman holiday

 

 

ローマの休日

(画像netより拝借) 

 

1953年製作のアメリカ映画
王女と若き新聞記者の儚い恋愛映画

オードリーヘップバーンのキュートな魅力で
日本人を魅了
私もそのひとりだったなぁ~

 

原題は「Roman holiday」

直訳すると「ローマ人の休日」

ローマ帝国時代の貴族の楽しみを意味し
「他人の苦しみによって成り立つサディステックな娯楽」あるいは
「他人を犠牲にすることを前提とした利益」
などと言った意味合いがある熟語で

古代ローマの娯楽であった奴隷の闘いを楽しむ
「野蛮な見世物」という裏の意味があるという

 

これをもって
2001年に評論家の呉智英が
以下のように考察しているという

 

原題は単なる「ローマでの休日」を指すのみではなく、
「登場人物が他人に被害をかけてでも楽しみ(自由)や利益(スクープ)を
得ようとする」ことを仄めかすような、二重の意味があったとする説がある。
この場合、登場人物らはその「Roman holiday」たるものを物語の終盤において
自らの決断で手放したということになる。 (nico nico pediaより) 

 

最近
文化人の間で交わされている会話
「これはRoman holidayじゃないか」と・・

 

 

 

 

 

| | コメント (4)

小熊と地球儀

 

 

Dsc_0002_20210415203401
 
 
「なに~これ」
「かわいい~」
 
Bingの日替わり画像が楽しくて
毎回楽しみ
 
2匹の小熊が戯れている
兄弟でしょうね
 
 
 
 
Dsc_0022
 
 
結構大きな地球儀
 
意外に
良く活用しているなぁ
 
新聞を読むのはここ
外国の地名がでてくると
すぐに調べられる
 
 
夫も私もクイズ番組は
良く見てるほう
 
先日も
「アタック25」で
答えは「キリマンジャロ」
で「キリマンジャロ」って何処にある?
 
地球儀をまわしたら
「タンザニア」だった
 
 
 

| | コメント (4)

4月の庭 つつじの季節

 

Dsc_0010
 
 
4月に入って
つつじが一斉に咲き出した
 
庭の奥
陽があまり当たらないので
蕾も点々と
白いのでかなり目をひく
 
 
 
 

Dsc_0014
 
 
これは
白いのと同じくらいの大きさ
 
 
 
 

Dsc_0017
  
 
上のつつじより
少し大きめかな
 
 
 

Dsc_0015
 
 
少し小ぶりのつつじ
一本の枝に
数個の花・・
 
 
 
 

Dsc_0009
 
 
 
 

Dsc_0006
   
 
玄関の横
本柘植の下にも
小ぶりのつつじ
 
上の小ぶりのより
一回り小さい
濃いピンクと
斑入りの薄いピンク
 
小さい蕾がぎっしり
 
つつじは
種類が多いので
名前を調べるのは諦めた
 
み~んな違って
み~んないい
 
 


Dsc_0018_20210411202501
  
 
あちこちに咲いていた
スノーフレーク(スズラン水仙)も
そろそろ終わりかな
 
 
 
 
 
 

 

| | コメント (6)

5月野菜のチキンスープ

 

 

Dsc_0199-2
 
 
この季節ならではの
みずみずしい新野菜をたっぷり味わう
春野菜のチキンスープ
 
新じゃが、新ごぼう、新玉ねぎ、そら豆が
たっぷり入り
チキンのこくで
美味しくなった
黒コショウをひいていただく
 
たっぷり作り
翌日の朝食として
スープスパにしたら美味しかった
 
 
 
“作り方”
①鶏肉は塩、こしょうをし、玉ねぎは6等分のくし形、
じゃが芋は1㎝の輪切り、ごぼうは乱切り、
そら豆は皮のまま焼いて身を取り出す。
②鍋にだし汁と酒を合わせ材料を入れ中火にかけ、
煮立ったらアクを除いて弱火にし、約10分程煮る。
③柔らかくなったらそら豆を加え、
塩、こしょう、しょうゆで調味しひと煮立ちさせる。

“材料(4人分)”
鶏もも肉 ・・・ 1枚(300g)
玉ねぎ ・・・ 1個
じゃが芋 ・・・ 3個
ごぼう ・・・ 1本
そら豆(さやつき) ・・・ 500g(正味160g)
 
だし汁 ・・・ 5カップ
酒 ・・・ 1/2カップ
塩 ・・・ 小匙1
こしょう ・・・ 少々
しょうゆ ・・・ 少々
 
 
 
 

| | コメント (0)

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »