« “秋もよう”に因んで 1 | トップページ | “秋もよう”に因んで 3 »

“秋もよう”に因んで 2

 

 

Dsc_0560
 
 
 
 

Dsc_0562
 
 
掛け軸
「雀と菊図」
 
奈良時代に
薬草として中国から渡来してきたキク
その花には
邪気を祓い
長寿をもたらすパワーがあるとされたという
 
 
 
 

Dsc_0574
 
 
 
 

Img_0002_burst0010001
 
 
水指
これは現代のもの
 
「重陽の節句」 9月9日は
新暦の10月半ばのころで
キクがもっとも美しい時季という
 
秋模様ということで探してみると
やはり
菊が多い
 
平安から現代にいたるまで
庶民に愛されてきた花ということだろう
 
 
 
 

|

« “秋もよう”に因んで 1 | トップページ | “秋もよう”に因んで 3 »

日々の骨董」カテゴリの記事

コメント

先日日本家屋の旅館に泊まり、部屋の掛け軸を眺めいいなあと思いました。
静かな秋のひとときを感じる美しい菊の軸ですね。
菊の水差しも置いてるだけで素敵な「秋もよう」…ワタシも何か探してみようかなあ。

投稿: うらら | 2020年10月30日 (金) 14時38分

☽うららさん
信州だったんですね。
また、ゆっくり拝見させていただきます~

秋の記事では風景、食べ物をよく載せていましたが、うつわにも秋があったぁと新鮮な発見です。
何がありますよ、きっと・・楽しみにしています。
私ももう少し続きます~♪

投稿: 白いねこ | 2020年10月30日 (金) 20時11分

こんばんは!
秋の花、菊。
こちらの水差し、韓国・李朝の雰囲気も漂って…
ちょっとかすれた絵付けも好きです~☆
わが家も夫が古い韓国の絵画や器をたくさん
運んできていますので、じっくり眺めると
あちこちに秋があるかもしれません~☆

投稿: komichi | 2020年11月 2日 (月) 19時38分

☽komichiさん
この水指は殆ど使わないので仕舞っておいたのですが、そういえば菊だったなぁと・・この記事を書かなければ忘れる所でした。
そうでしたね、ご主人が李朝ものが好みでしたね。
李朝は男性のファンが多いですね。
きっとシンプルで良い絵柄のものがあるとおもいますよ~

投稿: 白いねこ | 2020年11月 3日 (火) 19時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “秋もよう”に因んで 1 | トップページ | “秋もよう”に因んで 3 »