« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

“秋もよう”に因んで 2

 

 

Dsc_0560
 
 
 
 

Dsc_0562
 
 
掛け軸
「雀と菊図」
 
奈良時代に
薬草として中国から渡来してきたキク
その花には
邪気を祓い
長寿をもたらすパワーがあるとされたという
 
 
 
 

Dsc_0574
 
 
 
 

Img_0002_burst0010001
 
 
水指
これは現代のもの
 
「重陽の節句」 9月9日は
新暦の10月半ばのころで
キクがもっとも美しい時季という
 
秋模様ということで探してみると
やはり
菊が多い
 
平安から現代にいたるまで
庶民に愛されてきた花ということだろう
 
 
 
 

| | コメント (4)

“秋もよう”に因んで 1

 

“秋”で思い浮かぶのは
移ろう自然の様子
食欲の秋・・で食べ物・・
そんなところかな

 
ちょっと目線を変え
俯瞰的にみると
いろんなものに秋を感じることができる
例えばうつわにも
 
 
 

Dsc_0505
 
 
江戸中期 染付9寸皿
「ザクロと菊」
 
ザクロの実は
9月から11月にかけて出回るらしい
 
 
 
 

Dsc_0507
 
 
伊万里 錦手三寸豆皿菊文
 
朱をふんだんに使い
見込みの小菊が可愛い豆皿
 
和菓子を載せて
頂きたい
 
 
 

Dsc_0509
 
 
時代蒔絵 花鳥文漆6寸皿
 
今年の紅葉は
少し遅れるのかな
 
鳥は
何鳥だろう
ひよどりしか思いつかないが・・
ちょっと体型が違うような・・
架空の鳥 ?
 
bluerobin2さん
Helpです~~
 
 
 
 

| | コメント (4)

I miss you

 

 

Dsc_0423
 
 
10月3日
白いのが旅立って
丁度一年たった
 
梶川先生が
みーちゃんにと
お花をもって寄ってくださった
 
好き嫌いが激しいねこで
最初は寄り付きもしなかったが
長年のお付き合いで
呼ばれるとすりすりして
愛想をふりまいていたっけ
 
仏前には
ウェットの缶詰をいつも置いているが
「たまにならいいですよ」と
動物病院の先生言われ食べさせていた
チキンのささみを供えた
 
 
「今日も夢にみーが出てきた」
とその度に嬉しそうに報告する夫
不思議なほどみーの夢をみない私は
「どの部屋に行ってもいつものようにいると思って
生活しているから出ないのよ」
と言っている
 
 
 

| | コメント (2)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »