« やすらかに・・ | トップページ | 秋の足音 “月”に因んで »

今年のお盆 with COVID-19

 

 

Dsc_0202
 
 
夫の生家に近い天神さん
小さい頃の遊び場だったらしい
お墓はこの長い階段を登った中腹に
 
 
 
 


Dsc_0196_horizon
 
 
 
 

Dsc_0198
 
 
階段を登ったら又階段
この左手にお墓が
 
若い頃はどうってことなかったが
流石に足の衰えを感じるなぁ
でも
一度も休憩しなかったけどね
 
義母は何度も休憩しながら
草むしりやお墓詣りに来ていた
 
しかし
この場所にお墓は年寄りにはきつい
明日はわが身・・などと思いながら・・
 
 
 
 

Dsc_0193
 
 
この気温の中
辿り着いたら汗びっしょり
下からの風が気持ちいい
 
夫のご先祖様達がここに・・
一番奥は石を置いただけのお墓も
義父が生前
この墓所全体を安全の為
新しくしたらと提案したが親族に反対されたらしい
今では
あの時新しくしていたら・・という声も聞こえてくるが
(内緒の話)
 
右の盆灯篭はこの地域独特のもの
白い灯篭が飾ってある所は
親族に初盆を迎えた人がいるという事
 
最初
お盆にこのカラフルな灯篭を見た時はびっくり仰天
「横溝正史」の世界だと・・
 
この光景は
この地域のお盆の「風物詩」
 
 
今年のお盆は
この地域でも人出が少ない
来年は
自由に往来、帰省ができるでしょう
 
 
 
 
 

|

« やすらかに・・ | トップページ | 秋の足音 “月”に因んで »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

最初の傾斜のきつそうな石段の先に、また石段ですか。
ワタシも体力あってのお墓参りになってきました。
でもご先祖のお墓の前で花を手向け手を合わせると清々しい気持ちになります。

実家のお墓は一族集合の平地で雑草対策にすべてにコンクリートを敷き雑草ゼロ、風情も何もなくなってしまいました。
こちらのお墓はまだ住職が人を雇って手入れしてくださるので何とか狭い石段も通れますが、先はどうなるんだろとふと思ったりします。

ところで写真をクリックすると初めて気がつきました!
嬉しくていくつか前の写真までクリックしていき楽しかったデス。

投稿: うらら | 2020年8月18日 (火) 07時45分

☽うららさん
この石段を見るとびっくりするでしょ、義父が檀家である「法専寺」の納骨堂を用意したのも解る気がします。
この時期、平地や山のあちこちに盆灯篭の朱い塊が見え、初めて来た人はびっくりするでしょうね。
お墓の写真をとるのはためらったのですが、一枚は何かの形で残しておこうと撮りました。

ふふっ、ブログタイトルの下にこっそり入れてあります。
それぞれ好みだと思うんですが、大きな画像はわたし的にはチョットね・・


投稿: 白いねこ | 2020年8月18日 (火) 21時09分

こんばんは!
お盆のお墓参りにこちらの階段はきつそうですね。
色とりどりの灯篭、チベットの寺院の旗のようでも・・・
とても珍しい風景のような気がしますけど
その地域ごとに様々なかたちがあるんでしょうね。

ことしの暑さとコロナで、東京のお寺にある
お墓参りは、息子一家が行ってくれたようでした。
涼しくなったら出かけるつもりですけど
いつもより他のお墓のお花も少なかったと
息子のパートナーが知らせてくれました。

投稿: komichi | 2020年8月19日 (水) 22時26分

☀komichiさん
お年寄りにはだいぶきついと思います。
ここに建てたのは理由があると思うんですが・・
新潟の実家は家の敷地内にお墓があり、けっこうそういう所が多かったので、こちらのお墓の様子はびっくりしたました。

東京の暑さは格別なので、コロナとあいまってお墓参りはきついでしょうね。
自分なりに対策をたてて行動しないと・・と、いう事ですね。

投稿: 白いねこ | 2020年8月21日 (金) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やすらかに・・ | トップページ | 秋の足音 “月”に因んで »