« 趣味の本⑦ 梅原猛さんを悼んで『日本の神々』 | トップページ | 今年のお盆 with COVID-19 »

やすらかに・・

  

 

今年に入ってすぐ
麻生先生の訃報が届いた

教室で画を教え
ご自分でも描くことに意欲を燃やし
行動されていた姿を思い出す

 

 

Dsc_0125
 
 
 
 

Dsc_0127
 
 
 
墨彩画のはがき、年賀状
この他にも
伺うたびに
「お好きなものを持っていきなさい」と
日本画の息抜きに描いたという
墨彩画を見せてくださった
 
 
「自宅の掛け軸の画賛が読めないので
読んでもらえますか」
と言ったら
「今度、お時間をとってゆっくりおいでなさい」

・・この時が最後になってしまった
 
 
 

|

« 趣味の本⑦ 梅原猛さんを悼んで『日本の神々』 | トップページ | 今年のお盆 with COVID-19 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

悲しく寂しい、ぽっかりの喪失感。
本日離れていても大切な尊敬する友の死を家族からのはがきで知りました。
三月のメールに、夏までなんてとんでもないと主治医に言われたとさらりと書かれていました。
メールするのも怖く桜を見て山法師を見て彼女を想いました。4月4日に永眠…。

以前にも先生の絵画紹介してくださいましたね。
ふうわりと優しく品のある絵だなあと思いました。
最期の澄んだお二人の会話、光景が目に浮かぶようです。

投稿: うらら | 2020年7月27日 (月) 20時55分

☽うららさん
お友達が旅立たれたのですね。
想うのも供養になるといいますから、折につけ思い出してあげてくださいね。

広島で生活し始めたころに見た「市政だより」の表紙を描かれていたのが先生でした。
穏やかでどこか懐かしい雰囲気の画が気に入り次号が楽しみでした。
寂しいですね。。

投稿: 白いねこ | 2020年7月29日 (水) 20時15分

こんばんは!
麻生先生のことは以前、白いねこさんのブログで
ご紹介いただいて、品格のある絵画だと感じていました。
その先生との、静かで程よい距離間のあるお付き合い
ちょっと私には真似できないことと感じておりました。
きっと先生も白いねこさんのものの感じ方や
佇まいをお好きだったのでしょう。
こちらの紹介された墨彩画のはがきのどれも
外連味のない素敵な絵ですね~☆
私も柔らかな合掌をいたしました。

投稿: komichi | 2020年7月31日 (金) 00時04分

☽komichiさん
展示会でお話した時、家が近いのがわかると「お寄りください」と言われたことを真に受け伺ったのが最初なんですよ。
3年前くらいまで車の運転をされていたので、まだまだお元気だと思っていたので驚きました。
良く考えたら、この短いお付き合いの中で、はがきはもちろんの事色紙も数枚いただいたりと・・有難い事だなぁと思っています。

投稿: 白いねこ | 2020年8月 2日 (日) 00時38分

こんばんは
毎年届いていた年賀状や暑中見舞いも
年を重ねるたびに少なくなっていくのはさみしいものですね。
いつだったかこの先生の絵を載せておられましたね。
自然体で描かれているような印象が残っています。はがきもまたさらっと書かれていて素敵ですね。
普段は感じなくても
お盆が近づくと去ってしまった人との交流がよみがえりますね。

投稿: bluerobin2 | 2020年8月 3日 (月) 18時48分

☽bluerobin2さん
公共施設などに飾られた日本画は大作で力強いものが多いような気がしますが、私は墨彩画でスーッと描かれた方が好きです。
描きたくなったら色紙に思いつくままに描かれたようで、晩年は仏画、お地蔵さんが多かったように思います。
その内の何枚かをもらったので大切にしたいと思っています。

投稿: 白いねこ | 2020年8月 4日 (火) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 趣味の本⑦ 梅原猛さんを悼んで『日本の神々』 | トップページ | 今年のお盆 with COVID-19 »