« 灯りをつけましょ 雪洞に | トップページ | 簡単便利、ササッーとね »

剪定と雨樋からの雨水利用

 

2月中に
剪定を終えようと思ったのに
間を開けながらなんとか終了
お疲れさん、わたし

 

Dsc_0252_horizon
 
クロガネモチ
秋に入る前に剪定
写真を撮る頃には
赤い実が全て食べつくされて
 
 
 

Dsc_0237_horizon
 
左は紅葉
右は百日紅
百日紅は
こぶ状の部分を切り落としても
どんどん枝を出してくる
 
 
 

Dsc_0241
 
月桂樹
黒すす病にかかり強剪定
この時期に
新芽がでてきて一安心

 
 

Dsc_0248
 
左が杏
右が柿の木
杏は去年出来た短い枝に
柿は今年出来た短い枝に
実がつきやすい
 
 
 

Dsc_0261
 
剪定していて見つけた
蜂の巣
 
毎年同じ場所に行くと
蜂が突然現れるのて
このあたりに巣があるんだろうなぁとは思っていたが
さつきの下にしっかりとぶら下がっていた
ごめんよ
今年は来ても巣はないよ
 
 
 

Dsc_0255
 
雨樋を利用しての
雨水確保ひとつめ
 
 
 

Dsc_0259
 
雨水利用ふたつめ
ここは物置の雨樋から
 
 
 

Dsc_0239
 
雨水利用みっつめ
もう一つの物置の雨樋から
 
 
 

Dsc_0257
 
雨水利用よっつめ
門横の陽除け用支柱の雨樋から
 
剪定した
杏、月桂樹、百日紅を入れて
 
 
この水で
庭のみずやりは事足りるが
難点は
寒い時期はいいのだが
夏は
鉢に水を貯めないようにしないとね
 
 
 
Dsc_0223
 
シャリンバイ
剪定とは関係ないが
うららさんのブログで
泥染めの大島の染料になるのを知った
奄美ではテーチ木と呼ぶらしい
 
 
 
 
 
 

|

« 灯りをつけましょ 雪洞に | トップページ | 簡単便利、ササッーとね »

四季の庭」カテゴリの記事

コメント

幾種もの庭木、広庭ですねえ~。
水やりも一仕事と思いますが、剪定までご自分でとは。
なかなか切る部分が難しい…我が家も小さな植え込みに月桂樹が一本。
買ってきたときは50センチほどのヒョロヒョロでしたが、今は剪定が欠かせません。
クロガネモチ、紅い実も可愛いけど小さな花も可愛いとか。
暑いころらしいですが、見れると嬉しいですー。

シャリンバイ、芭蕉布の糸染めにも使われていたとか。
先日テレビで見たよと教えてくれました。^^

投稿: うらら | 2020年3月 8日 (日) 12時49分

☽うららさん
我が家は義父が隠居用に家は小さく庭は広くと考えて建てた家なので庭にはたくさんの鉢物がありました。
徐々に処分し、今は鉢物は松のみ、あとは私用の蘭・・なので、水やりはそんなに大変ではないのですよ、ただ気づいた時にすぐ水やりができればと雨樋の利用を考え付きました。
剪定は花が終わった後とか適宜にまめに剪定しておけば苦にならないんですけどね・・
あとは大物の「貝塚伊吹」が残っています(^^;

投稿: 白いねこ | 2020年3月10日 (火) 19時25分

おはようございます!
わが家も急斜面の崖にはツバキとサザンカ、合わせて10本以上の木があって、あまり変な方向に伸びすぎた枝を切ったりしています。
夫がこちらに越して来た時(元気だったころ)に植えた木々が竹やぶに埋もれてしまったのを3年くらいかけて私が藪を刈り蘇らせましたが、長年ほったらかしにしていたことで、思わぬ方向に枝を張って生き抜いていました。
今は冬から春にかけて多くの花をつけて、慰めてくれる存在です。
これから春になるとツナギを着て、崖によじ登る作業が控えています~(笑)。

白いねこさんも雨水をためたり、さまざまな工夫をされて庭の管理をしている姿が目に見えるようです~☆

投稿: komichi | 2020年3月12日 (木) 09時53分

☀komichiさん
自然の力はすごいですよね、こちらにも空き家が増えてきて、素敵な日本庭園だったお庭が一年たつと見る影もなくなっています。
一年放っておくと私の力では無理になってくるので、なんとか一年に一回は頑張っています。
komichiさんも無理せず続けてくださいね。
ツナギもいいですね、私は穿き古したジーンズをおろして作業用にしています。

投稿: 白いねこ | 2020年3月12日 (木) 13時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 灯りをつけましょ 雪洞に | トップページ | 簡単便利、ササッーとね »