« 瀬戸の花婿 | トップページ | とうとう・・ハズキルーペ »

桔梗と蔦

 

 

2017_07050001
 

この時期
庭で唯一咲いている。

秋の七草のイメージが強いが
開花は今の時期から9月頃まで。

 

茎が細くこころもとないので
庭をぐるーっと見回し
見つけたこの蔦を・・
「ノブドウ」だと思うのだが・・

蔦もいろんな形状があるので
ちょっと検索してみた。

「ツル」というのは茎が長くのびたものの総称で
「ツタ」というのは
一般的に付着根(ふちゃくこん)という根を
他の木や壁などに伸ばしてくっついて成長していく植物のことで
この付着根をもつことが特徴であり
付着根はそこから栄養や水を吸収せず
木の幹についたツタの根から養分や水分を吸収する
寄生根(きせいこん)を持ったものということらしい。

ふーん・・なるへそ~
木に絡みつく蔦を取り除くのは簡単だけど
蔦の根を取ろうとすると
けっこうな力が必要なのはそのせいだったのね。
そこが蔦の生命の源だものねぇ。。

 

 

|

« 瀬戸の花婿 | トップページ | とうとう・・ハズキルーペ »

今月の一枝一花」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
桔梗は好きなお花です~♪
我が家にも少しだけ咲いています~☆
なかなか切る勇気がなくて…
いつも庭で眺めるだけになってしまいます。

私の住むあたりは別名、葛原(とずらはら)と
地元では呼ばれ、毎年夏になるとこのツタと格闘です~(笑)。

投稿: komichi | 2017年7月 9日 (日) 21時52分

☀komichiさん
私も桔梗大好きです。
特にこの青紫の色に魅了されています。
komichiさんのところのは白でしたっけ・・
鉢から地におろしたら、背も高くなり陣地を拡げつつあるのが嬉しい誤算です~

そうそうこの時期は蔓植物との格闘ですよね・・どこでもよじ登ってくるし・・(^^;

投稿: 白いねこ | 2017年7月12日 (水) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/503777/71069443

この記事へのトラックバック一覧です: 桔梗と蔦:

« 瀬戸の花婿 | トップページ | とうとう・・ハズキルーペ »