« 「法専寺」新院入山式 | トップページ | 桔梗と蔦 »

瀬戸の花婿

 

6月8日 Ⅱ

 

2017_06080027
 

 

 

 

2017_06080029

 

日本三大舟唄の1つと言われている
「音戸の舟歌」の調べとともに
法専寺新院が
渡船に乗ってやってきた。

この渡船は
島と呉市本土を約3分間で結び
第一、第二音戸大橋が出来てもまだ現役で
島民の足となっている。

島に高校もあるのだが
夫は呉の高校に通っていたので
この渡船で通ったと言っていたなぁ。

 

法専寺さんは
男子が生まれず女の子二人
次女が跡を継ぎお婿さんをという事になり
縁があって
備後の浄福寺
御次男の量円さんをお迎えすることとなった。

 

 

 

2017_06080037
 

 

 

 

2017_06080042
 

 

 

 

2017_06080044

 

 

 

 

 

2017_06080045
 

桟橋や参道で
拍手の代わりに花を振ってお迎え。

大勢の人に迎えられ
さぞ新院さんも感激されたのでは・・

住職もこれでやっとひと安心
肩の荷がおりたことでしょう。
いつも冗談でけむにまいてしまう方が
めずらしく「うれしい、うれしい」と
素直に言っておられた。

 

階段を登って御入山。

歴史のあるお寺に入る事
同じ中国地方とはいえ
生誕の地ではない地域に入る事等
いろいろな想いが込み上げた事でしょうね~

 

 

|

« 「法専寺」新院入山式 | トップページ | 桔梗と蔦 »

地域情報」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
瀬戸の花嫁ではなく花婿さんですね~!
白いねこさんの文章と写真から
跡継ぎを決められたお嬢さんとお婿さんになられた
量円さんの覚悟のような想いに・・・
思わず私の胸に迫るものがあり、感動しました!

こちらの渡し舟は日常の中で活躍していること
そちらにも驚き、素晴らしいですね~☆
もし、そちらに出かけた折にはこの船に乗ってみようと
思いながら眺めました。

投稿: komichi | 2017年6月21日 (水) 22時21分

☽komichiさん
住職さんから「違う土地から来るので人が集まってくれるか心配しとる・・」と聞いていたので、桟橋と道路にも人が集まっていたので・・安心されたことでしょう。
「音戸の舟歌」とともに渡船で島に向かってくるところはドラマを見ているようでしたよ。

初めて島に来たとき、この船に乗って渡ったのを覚えています。
はるか遠くの記憶です。。

投稿: 白いねこ | 2017年6月23日 (金) 20時16分

↓御朱印バーさんになってから、いえ以前から神社仏閣に参拝するとすっきりします。
由緒あるお寺ですね。
石垣も素晴らしいけれどいい公開されていないいい庭園があるのではないでしょうか。

備後から渡船で入島しこれからは住人でお寺仕事も始まる・・・きりっとした表情に覚悟が窺えます。
白いねこさん、素晴らしい伝統が残る美しいところにお住まいですね。
日本三大舟歌ですか、東北の旅先でも日本三大岬や日本三大灯台などがありました。^^
舟歌、渡船に乗った気分で聴きました~♪

投稿: うらら | 2017年6月24日 (土) 09時33分

☽うららさん
住居となっている場所にお庭があるかもしれませんが、庭園はなさそうです。
ただ、立派な見ごたえのある松が植えられています。
そうですね、キリっとした表情をされていて緊張感が伝わってきました。
知り合いが「海老蔵」に似ていると言っていたのですが、確かに鋭い目のあたりが似ていましたよ。

「音戸の舟歌」はこちらでは有名で、毎年コンクールが開かれ、全国から集まってくるんですよ。。

投稿: 白いねこ | 2017年6月25日 (日) 21時09分

こんばんは
船に乗って渡ってこられた法専寺新院さん
ご住職はもちろん島の人々みんなで待ち望んだお婿さんなんですね。若い方を迎えて寺は将来も安泰ですね。
引き締まった表情の中に覚悟がうかがえます。今後へ思いをはせて石段の一歩一歩を踏みしめられたことでしょうね。


ここを借りて、白いねこさんにお詫びです。
実は私のブログへのせっかくのコメントを私のミスで削除ボタンを押してしまい復元できなくなりました。
ちょっとしたお返事をかいた後でのことでした。
これに懲りず今後ともよろしくお願いします。

投稿: bluerobin2 | 2017年6月26日 (月) 00時57分

☽bluerobin2さん
どこのお寺さんも同じ悩みを抱えているようで、若い人は外へ行き、檀家は平均年齢が高くなっているようです。
法専寺もコンサートを行ったりといろいろ試行錯誤している中、若い真院がまた違う空気を入れてくれそうです。

ふふっ、私も消しそうになった事が・・
コメントはbluerobin2さんが目を通してくださっていればいいので・・
ご丁寧にありがとうございます~♪

投稿: 白いねこ | 2017年6月26日 (月) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/503777/70883699

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸の花婿:

« 「法専寺」新院入山式 | トップページ | 桔梗と蔦 »