« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

瀬戸の花婿

 

6月8日 Ⅱ

 

2017_06080027
 

 

 

 

2017_06080029

 

日本三大舟唄の1つと言われている
「音戸の舟歌」の調べとともに
法専寺新院が
渡船に乗ってやってきた。

この渡船は
島と呉市本土を約3分間で結び
第一、第二音戸大橋が出来てもまだ現役で
島民の足となっている。

島に高校もあるのだが
夫は呉の高校に通っていたので
この渡船で通ったと言っていたなぁ。

 

法専寺さんは
男子が生まれず女の子二人
次女が跡を継ぎお婿さんをという事になり
縁があって
備後の浄福寺
御次男の量円さんをお迎えすることとなった。

 

 

 

2017_06080037
 

 

 

 

2017_06080042
 

 

 

 

2017_06080044

 

 

 

 

 

2017_06080045
 

桟橋や参道で
拍手の代わりに花を振ってお迎え。

大勢の人に迎えられ
さぞ新院さんも感激されたのでは・・

住職もこれでやっとひと安心
肩の荷がおりたことでしょう。
いつも冗談でけむにまいてしまう方が
めずらしく「うれしい、うれしい」と
素直に言っておられた。

 

階段を登って御入山。

歴史のあるお寺に入る事
同じ中国地方とはいえ
生誕の地ではない地域に入る事等
いろいろな想いが込み上げた事でしょうね~

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「法専寺」新院入山式

 

6月8日 Ⅰ

 

2017_06170006_2
 

次代住職継承入山式で
「法専寺」へ

 

 

2017_06080012

 

 

 

 

2017_06080003_2
 

浄土真宗本願寺派
「法専寺」

代々の住職は
毛利元就の子孫が勤めている由緒あるお寺。

 

 

 

2017_06080004
 

境内から音戸大橋を望む。
画面には写ってないが
左手に第二音戸大橋が架かっている。

小高い山の上に建っているので
町を一面に見渡せ気持ちが良い。
左手が呉市本土へ
右手に見えるのが橋から島へと続く螺旋道路。

 

 

 

 

2017_06080014

 

境内にある鐘楼
据えてある鬼瓦が凄く迫力あるのだが
撮り忘れてしまった。
右後方に見えるのが第二音戸大橋。

 

 

 

 

2017_06080018_2
 

なんといっても有名なのは
この石垣。

お寺の石垣が
「武者返し」になっているのは
珍しいらしい。

いざという時
お城として使おうとしたのではないか
と言われている。

 

 

 

2017_06080020
 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »