« ワインとちらし寿司でひな祭り | トップページ | 「おはぎ」と「萩の雪」 »

手編みのセーター

 

 

2017_03100009_2

固い蕾がやわらかくなったなぁーと思ったら
今日の気温でみるみる花開いた。

よかった~
もらわれていった先でも
ほころんでいるかな。。

 

よく訪問する
ブログ友さんのところで
出会った編み物の記事。

編み物で暫し
お母様とのやりとりに
想いをはせておられた。

そういえば
私も義母に編んでもらった
セーターがあったはず・・

東京にいた頃
お揃いのセーターを送ってくれたっけ。

流石に
断捨離できずに
箪笥の奥に仕舞い込んでいた・・

 

 

 

 

2017_03100003_2
 

 

 

 

2017_03100005
 

 

 

 

2017_03100001
 

改めて見ると
昔の人はすごいなぁーと思う。

忙しいなか
習った訳でもないのに
あれこれと
モノを大切にしたくらし。

今は
便利なもの
楽なものに流されているんでしょうね。

せっせと断捨離にはしる自分を
ちょっと反省。。

 

 

 

 

 

|

« ワインとちらし寿司でひな祭り | トップページ | 「おはぎ」と「萩の雪」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
手編みのセーター、懐かしいですね~☆
私の母も忙しい中で編んでいましたし、
私も仕事をしていた若い頃、
夫へのプレゼントにアラン模様の
セーターを作りましたけど・・・
着てもらえなかったので、
やる気を失いました~(笑)。

義母さんの愛が感じられるセーターですね~☆
目もそろってきちんと編まれていて
今年流行りの長いスカートなどで着たら
素敵そう~🎶

投稿: komichi | 2017年3月10日 (金) 23時18分

☽komichiさん
私は編み物は全くダメで、手編みのものをプレゼントした記憶はないのですよ。
義母は編み物が得意だったようで、ピンクのカーディガンは義父のブルーとお揃いだったようです。
義父は良く着ていたようですが、私のはまだ新品のまま~(^^;

投稿: 白いねこ | 2017年3月11日 (土) 22時11分

こんにちは
手編みのセーターは一目ずつに編んだ人の気持ちが入っていると思うとより温かさが感じられますね。
母たちの時代には、着古したものを解いて、洗って、またほかの糸と縞模様にしたりして、物を大事にした時代ですよね。昭和30年代、子どもの頃、両手にかせを通して糸巻きを手伝ったのを、そして、母に頼まれたのか父のそんな姿をもちょっと思い出しました。

アラン模様のセーターを見ながらふと思い出しました。
司馬遼太郎著の、街道をゆくシリーズ、アイルランドのアラン島を紹介した文章です。漁業を生業とする彼らは荒れた海に出る男たちのためにその家独特の模様を編み込んだという話でした。もし遭難した時にはセーターに編み込まれた模様で個人を特定するのだという悲しい話でもありました。

投稿: bluerobin2 | 2017年3月14日 (火) 15時41分

☁bluerobin2さん
本当ですね、モノがない時代の方がいろんな意味で豊かだったのだと・・そう思います。
そういえば、私も糸巻き手伝った事があります。
懐かしい時代ですね~

アラン模様のセーターにそんな想いが込められていたんですか。
ぎりぎりの所で生きていた漁師さんたちの、悲しくもたくましい話ですねぇ。。

投稿: 白いねこ | 2017年3月14日 (火) 17時41分

手編みセーターとってもきれいに編んでいますね
ひと針ひと心がこもって素敵です!
手編みは大好きで講師を18年してました(〃▽〃)ポッ
やめて20年たちますがまだ編んだもの捨てられなくて・・
ほどいて糸になり1本足したりするとまた素敵なのになりますね
失敗してもほどけてどこでも編めるのが手編みの魅力です
でも今の時代ほどいたりはあまりしないかしら

投稿: レフア | 2017年3月20日 (月) 17時37分

☽レフアさん
このセーターはズッシリと重いので実はあんまり着てないんですよ。
私は手芸が苦手で・・講師をされていたなんて、尊敬の眼差しです~~
ブログにも作品を載せられているのでしょうか。
確かに、失敗してもほどいて別の物を作れるというのは魅力ですねぇ、昔、母の手伝いで糸巻きをしていたのを思い出します。。

投稿: 白いねこ | 2017年3月22日 (水) 19時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/503777/69875660

この記事へのトラックバック一覧です: 手編みのセーター:

« ワインとちらし寿司でひな祭り | トップページ | 「おはぎ」と「萩の雪」 »