« ビフォー、アフター・・カイヅカイブキ | トップページ | ビフォー、アフター・プリンター »

砥部焼の一輪挿しに

 

 

2017_02190009

12月末頃に咲く八重の水仙
やっと満開。

たった一輪
砥部焼の花器に。

一輪だけなのに
清楚な香りが漂っている。

 

砥部焼は
愛媛県の陶磁器。

厚手で
ぼってりとした質感が
素朴さを感じる。

薄手で
透明感のある
伊万里焼とともに好きな器。

 

 

 

|

« ビフォー、アフター・・カイヅカイブキ | トップページ | ビフォー、アフター・プリンター »

今月の一枝一花」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
我が家にも植えてある八重の水仙は
今年はまだ咲いていませんけど…
こちらの水仙のすっとした姿と葉のうねりが
砥部焼の花器にあって素敵ですね~☆
私も水仙の品のある香りが大好きです~🎶

投稿: komichi | 2017年2月21日 (火) 22時43分

☽komichiさん
たった一輪なのに清楚な香りを放っています。
komichiさんはお正月にたくさんの水仙を飾られるので、さぞや香りが・・と想像していました。
砥部焼は厚手なので、マグカップもいいですよ。

投稿: 白いねこ | 2017年2月22日 (水) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/503777/69659348

この記事へのトラックバック一覧です: 砥部焼の一輪挿しに:

« ビフォー、アフター・・カイヅカイブキ | トップページ | ビフォー、アフター・プリンター »