« そろそろ夏がやってくる | トップページ | NIKKO社 ダブルフェニックス その1 »

ポストとねこと鉢

 

 

2016_07060020
 

 

私好みの
季節ごとの室礼をしているのがここ。

お雛様や兜
お正月には羽子板等々。

少し前まで
兜が延々と鎮座していた(^^;

いくらなんでも・・と仕舞ったが
この時期に飾るものが思い浮かばず
梅雨の時期だし
華やかにと思いこの鉢を飾ってみた。

 

 

 

2016_07060022

 

 

大聖寺伊万里の鉢

絵柄が丁寧にみっちりと
描き込まれている。

これは日常使いでなく
飾り鉢でしょうねぇ。

 

 

|

« そろそろ夏がやってくる | トップページ | NIKKO社 ダブルフェニックス その1 »

日々の骨董」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
藍と朱の組み合わせ、緑と金も品よく配されていていい器ですね。描かれているのは竜でしょうか。水を連想させますね。
緩やかな八角形の形もすっきりしていて、この季節にぴったりですね。

投稿: bluerobin2 | 2016年7月12日 (火) 02時05分

九州の手の込んだ伊万里焼だなあと写真をながめました。
が、「大聖寺」伊万里というのが気になって調べ貴重なものと知りました。
うららさんたら…のレベルでお恥ずかしいのですが。

・大聖寺(現 石川県加賀市)で焼かれた焼物で、伊万里焼染錦様式の写し物が多い。
特徴として絢爛豪華な作品の多くが元禄伊万里の品と見間違う程、非常に出来の良い優品が多々ある。
梅雨の室礼、納得ですー。

投稿: うらら | 2016年7月12日 (火) 06時25分

☀bluerobin2さん
はい、龍鳳紋です。
見込みは龍鳳紋で、中側も側面と同じ絵柄で埋め尽くされています。
丸鉢に較べ角鉢はスッキリした感じですよね。
これは明治のものです。

投稿: 白いねこ | 2016年7月12日 (火) 17時45分

☀うららさん
大聖寺伊万里の説明を付けた方がよかったかなぁと思っていたら・・気配りのうららさん・・流石です~

大聖寺伊万里は、明治期に染錦手伊万里を写した九谷焼なので、古伊万里よりは手ごろな価格です。
なので、怪しい古伊万里より出所の正しい大聖寺伊万里の方が信頼できるかもしれません。

投稿: 白いねこ | 2016年7月12日 (火) 18時12分

こんばんは!
大聖寺伊万里の鉢、この季節らしい室礼ですね~☆
丸い鉢よりもきりっとした佇まいがこの場にふさわしい感じがします~☆

投稿: komichi | 2016年7月17日 (日) 23時26分

☀komichiさん
大聖寺伊万里で人気があるのは菊紋菊形皿なんですが、これも古伊万里と思っている方が多いのでは・・

私も飾ってみてこの季節に合うなぁと思いました~♪

投稿: 白いねこ | 2016年7月18日 (月) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポストとねこと鉢:

« そろそろ夏がやってくる | トップページ | NIKKO社 ダブルフェニックス その1 »