« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

71年が過ぎて

 

 

2016_05270012_3

 

5月27日

オバマ大統領が広島を訪問した。
平和記念公園で原爆慰霊碑に献花
所感を述べた。

原爆投下から71年
現職の大統領が碑前に花輪を手向け
犠牲者を追悼したのだ。

この日を待ち望んでいた被爆者の気持ちは
如何ばかりかと思う。

所感を聞いた市民の声の中には
謝罪の言葉を聞きたかったという声も・・

だが
被爆者はくちぐちに
謝罪は望んでいない
この地に足を運び追悼してくれたことがうれしい
という。

 

「71年前、雲一つない明るい朝、空から死が落ちてきて、世界は変わった。
閃光と炎の壁は都市を破壊し、人類が自らを破壊するすべを手に入れた
ことを実証した。~」
で始まる大統領の所感を
新聞の誌面でじっくりと読んだ。

大統領は
自ら折った4羽の折り鶴のうち2羽を記帳台に
もう2羽は小中学生に手渡されたという。
その気持ちは未来を託された小中学生に
伝わったことだろう。

 

 

翌日の28日は義母の月命日。
お寺のご住職様が義父と親しかった関係で
時間が許されればご住職様がいらっしゃる。

いつもの阿弥陀経が終わり
昨日のオバマ大統領の広島訪問の話になる。

被爆者が謝罪は要求せず
この地に足を運んでくれたことに感謝するという言葉に触れ
「あの言葉はこの地に生きる人だからの言葉
広島は安芸門徒の弛であり
親鸞聖人の歎異抄の精神が生きている。」
と仰る。

そして
西本願寺の御門主様の広島平和記念公園における「平和を願う法要」
の法話の話をされた。

「宗祖親鸞聖人は、『煩悩具足(ぼんのうぐそく)の凡夫(ぼんぶ)、
火宅(かたく)無常の世界は、よろづのこと、
みなもつてそらごとたわごと、まことあることなし』
と、人間世界の愚かさを鋭く指摘されています。
私たちが互いに正義を振りかざし、主張しようとも、
それはいずれも煩悩に基づいた思いであり、
阿弥陀如来の真実のはたらきの前では
打ち崩されてゆくよりほかはないという事でありましょう。
それはまた、縁によって、どのような非道な行いもしかねないという、
私たち人間の愚かさに対する警告でもあります。」

と・・
オバマ大統領の所感に通じる所があるなぁ
という想いで聞いていた。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あずきとさつま芋の茶巾絞り

 

 

2016_05270003
 

 

以前
もらった大きなさつま芋が
まだ2本残っている。

使い切らねば・・
とレシピを捜したら
あった、あった~
超簡単なのが~

さつま芋は輪切りにし水にさらし、蒸すか茹で
水気をきり
温かいうちにさつま芋の1/3の分量のグラニュー糖を加え
泡立て器でペースト状に潰し、粗熱をとる。
1個分をラップに載せ
その上にあずきを散らして
茶巾に絞る。

あずきは缶詰でいいが
水気をとっておく。
粒餡がなくこしあんを使ったが
問題なし。

思った以上に美味しく
相方が
「和製マロングラッセだぁ」

いえいえ
さつま芋です。

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

あやめ・・アヤメ・・菖蒲

 

2016_05170007_2
 

 

5月の庭は
アヤメとサツキの季節。

アヤメはこぼれ種で
どんどん広がっていく。

この時期の庭
どこを向いても
アヤメの青紫色に染まっている。

花生けに入れてはみたが
アヤメは外で
5月の雨に濡れそぼっている方が
数段美しいなぁー。

 

 

 

2016_05170010_4
 

 

今日のねむり猫。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ニラ焼売

 

 

2016_05160001_3

 

「週刊新潮」に連載されている
“コウケンテツの健康ごはん塾”

旬の素材と身近な材料で作れるものばかりなので
わりと参考にして作っている。

その中でお気に入りの一品
「ニラ焼売」
材料は普通焼売に使う材料で
豚ひき肉、ニラ、玉ねぎその他諸々。

そして
ちょっと違うのは蒸すのではなく
フライパンで焼く焼きかた。

フライパンにごま油を敷いて焼売を並べ
水大匙2(ひき肉200gの場合)を振り掛けたら
蓋をして弱火で5分程蒸し焼きにし
蓋をとってこんがりと焼き上げ
裏返して器に盛りつけるというもの。

底がカリッとこんがりで
上は蒸されてふんわり
玉ねぎは炒めないので食感が・・
筍やレンコンを入れても美味しいらしい。

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ねむり猫

 

 

 

 

ロイヤルコペンハーゲンのねむり猫
(画像はネットのとあるお店からお借りした)
欲しくて探すのだが
なかなか手に入らない。

ネットのお店は
み~んなSold out

ならば
オークションでと思っても
手放す人がいないのだろうか
出てこない。

しばらく
出てくるのを待ちましょうかねー。

 

 

 

2016_05060009
 

 

ウチの“ねむり猫”

 

 

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

花の季節

 

 

4月25日

 

2016_05010004
 

 

ピンクの藤
本紅藤(ホンベニフジ)

古木なので
ここ数年は数えるほどだったが
今年は満開になった。

藤色の藤のような存在感はないが
淡いピンク色が儚くやさしげ。

 

 

 

2016_05010011
 

 

 

 

2016_05010013_3
 

 

“スパラキシス”と“バビアナ”も
一面に咲き誇っている。

バビアナは
アヤメ科秋植えの球根
茎に7、8個の花を付けるので
割合長く楽しめる。
名前を探し当てるのに苦労したなぁ~

 

 

 

5月6日

 

2016_05060017
 

 

紫蘭もそろそろ終わりに近づき
アヤメの時期に。

一雨ごとに
つるバラのつぼみが
ふくらんで来る季節になった。

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »