« あずきとさつま芋の茶巾絞り | トップページ | 伊集院静「東京クルージング」を読み終えて・・ »

71年が過ぎて

 

 

2016_05270012_3

 

5月27日

オバマ大統領が広島を訪問した。
平和記念公園で原爆慰霊碑に献花
所感を述べた。

原爆投下から71年
現職の大統領が碑前に花輪を手向け
犠牲者を追悼したのだ。

この日を待ち望んでいた被爆者の気持ちは
如何ばかりかと思う。

所感を聞いた市民の声の中には
謝罪の言葉を聞きたかったという声も・・

だが
被爆者はくちぐちに
謝罪は望んでいない
この地に足を運び追悼してくれたことがうれしい
という。

 

「71年前、雲一つない明るい朝、空から死が落ちてきて、世界は変わった。
閃光と炎の壁は都市を破壊し、人類が自らを破壊するすべを手に入れた
ことを実証した。~」
で始まる大統領の所感を
新聞の誌面でじっくりと読んだ。

大統領は
自ら折った4羽の折り鶴のうち2羽を記帳台に
もう2羽は小中学生に手渡されたという。
その気持ちは未来を託された小中学生に
伝わったことだろう。

 

 

翌日の28日は義母の月命日。
お寺のご住職様が義父と親しかった関係で
時間が許されればご住職様がいらっしゃる。

いつもの阿弥陀経が終わり
昨日のオバマ大統領の広島訪問の話になる。

被爆者が謝罪は要求せず
この地に足を運んでくれたことに感謝するという言葉に触れ
「あの言葉はこの地に生きる人だからの言葉
広島は安芸門徒の弛であり
親鸞聖人の歎異抄の精神が生きている。」
と仰る。

そして
西本願寺の御門主様の広島平和記念公園における「平和を願う法要」
の法話の話をされた。

「宗祖親鸞聖人は、『煩悩具足(ぼんのうぐそく)の凡夫(ぼんぶ)、
火宅(かたく)無常の世界は、よろづのこと、
みなもつてそらごとたわごと、まことあることなし』
と、人間世界の愚かさを鋭く指摘されています。
私たちが互いに正義を振りかざし、主張しようとも、
それはいずれも煩悩に基づいた思いであり、
阿弥陀如来の真実のはたらきの前では
打ち崩されてゆくよりほかはないという事でありましょう。
それはまた、縁によって、どのような非道な行いもしかねないという、
私たち人間の愚かさに対する警告でもあります。」

と・・
オバマ大統領の所感に通じる所があるなぁ
という想いで聞いていた。

 

 

|

« あずきとさつま芋の茶巾絞り | トップページ | 伊集院静「東京クルージング」を読み終えて・・ »

社会情勢」カテゴリの記事

コメント

広島にアメリカ大統領が来日というのはやはり、歴史的な出来事ですよね。来日大使とか領事館関係者でなく、大統領が広島に足を運んで演説って広島にお住まいの方々にはとくに貴重なニュースなんですよね。71年前と白いねこの記事で教えてもらいました。
最近の出来事のような年数なのに、飛躍的に世界中が変わってしまった今世紀ですね。声なきかなしみに心が反応して少し、寄り添えるようにツヨくなりたいです。

投稿: 猫舌 | 2016年6月 3日 (金) 12時19分

☽猫舌さん
その当時生まれた子は若くても71歳という事ですよね。
当時を語り継がなくては・・風化させてはいけない・・という記事を最近良く目にします。

そうですねぇ、厳しい真実や現実に直面すると目をそむけたくなりますが、直視するには強いこころを持ち続けたいですね~

投稿: 白いねこ | 2016年6月 3日 (金) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 71年が過ぎて:

« あずきとさつま芋の茶巾絞り | トップページ | 伊集院静「東京クルージング」を読み終えて・・ »