« チャイルド44 森に消えた子供たち | トップページ | 時空の揺らぎ解明へ・・ »

懐かしいお裁縫箱

 

 

2016_02090003
 

 

パン教室の時だけつけるエプロンの
ボタンが取れていた。

いつか付けようと思いながら取れているのも忘れ
そのまま教室へ持って行き
その場で気付くという失態。

お裁縫箱は収納場所が定位置。
なので
ボタン付け程度に使う最低限必要なものを
小さなセルロイドのお裁縫ケースに入れ
すぐ手の届く引き出しに入れた。

これで我家にはボタンが取れた衣服が
無くなることに・・
なるかな~

 

 

 

2016_02090004
 

 

このお裁縫箱は
家庭科で使ったものだから中学時代?
断捨離好きの私にしてはよく持っていたものだ。

こんなお裁縫箱が持てたことが
嬉しかった少女時代もあったんだなぁ・・

針山は
新潟の母が5人姉妹の年が近い3人に
お揃いで作ってくれたもの。
濃いグリーンのチェック柄。

お裁縫箱と針山で
一気に
気分は少女時代を駆け抜けた。

 

 

 

 

|

« チャイルド44 森に消えた子供たち | トップページ | 時空の揺らぎ解明へ・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
セルロイドのちいさなお針箱、なつかしい~☆
私も色は違いますけど女学生時代持っていたような…
白いねこさんの想い出とともに、私にも少し蘇りました~☆

投稿: komichi | 2016年2月10日 (水) 22時30分

セルロイドのお針箱&持ち手にくるくる巻いてある握り鋏&ふんわりほっこり針山。昭和の乙女心が😍

投稿: rinrin | 2016年2月11日 (木) 16時51分

☽komichiさん
セルロイドという言葉自体郷愁を呼びますね。
セルロイドの筆箱も持っていたなぁ、
グレーの雲母の様な柄の・・
懐かしいですよね~♫

投稿: 白いねこ | 2016年2月11日 (木) 21時15分

☽rinrinさん
この針山は確か長姉の洋服の残りだったような・・
ふふっ、この頃はほっぺの紅い昭和の乙女でした~♪♫

投稿: 白いねこ | 2016年2月11日 (木) 21時19分

こんばんは
セルロイド、懐かしい響きです。
私も確か二段重ねのを使っていた記憶があります。それと筆箱、下敷き、キューピーさん。
この大きさがいいですね~~。
懐かしいといえば、竹の30センチ定規。昨年実家へ行った時に「整理していたら出てきたけれど持って帰る?」と弟が出してきたその定規の裏には墨で父が書いてくれた 〇〇小学校三年一組〇〇〇子という私の名前が・・・もちろん持ち帰り、大事に使っています。

投稿: bluerobin2 | 2016年2月14日 (日) 01時02分

☽bluerobin2さん
そうそう、二段のものもありましたね。
下敷きをこすって静電気で髪の毛を逆立てたりして遊んだことも・・
物が豊富でない時代(今思えばですが)、大事に使っていた気がします。
竹の定規、溝がありましたねー・・いつ頃から見なくなったんでしょう・・私の実家にもきっとある筈。。

投稿: 白いねこ | 2016年2月14日 (日) 21時04分

セルロイドの裁縫箱も懐かしいけど、このバスケットのようなものも家での裁縫箱ではありませんか?
我家では姉が一時持っていた気がします。
裁縫セットを購入しヘラや握りばさみにちょっと大人に近づいた気分に。
白いねこさんの針山のお話し、いいですネ。


投稿: うらら | 2016年2月16日 (火) 23時28分

☀うららさん
このバスケットのお裁縫箱は上京してすぐの学生時代に買ったものなので、きっと安かったのでしょうね。
母は器用で着物も洋服も自分で作り、私たちの洋服も手作り。
銘仙の着物を来た母の写真を見て、私たちの洋服に化けたのだと気づきました~♫

投稿: 白いねこ | 2016年2月17日 (水) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしいお裁縫箱:

« チャイルド44 森に消えた子供たち | トップページ | 時空の揺らぎ解明へ・・ »