« 初めてのアップルパイ | トップページ | 冬に立つ花・・水仙 »

当地風“おでん”

 

 

2016_01210010
 

 

みりんとお醤油がしっかりきいた当地風おでん。
汁気が無くなるほどしっかり煮込む。
おでんというより煮物に近いかなぁ・・

必ず入れるのは
牛肉のスジかアキレス。
これを入れないとあのこってりさが出ず
物足りない味になってしまう。
あっ、それと
紅白のかまぼこと分厚い厚揚げ
そして、大根入れず
じゃが芋は蒸して皮をむき冷ましてから入れる。
そうすると
煮崩れず、串を刺しても割れない。

この手のおでんはこの周辺だけらしい。
市内のおでんは
やはり、汁ダクの関東風「おでん」だし
関西のおでんは
別名「関東炊き」と聞いたことがある。

相方は子供の頃
串にさして食べていたらしい・・
その位素材に味がしみている。

寒い時はこれが一番
体も温まるし
なにより、作っている間中
台所が湯気であったか~い。

 

煮込む前の材料はこちら

 

 

 

 

|

« 初めてのアップルパイ | トップページ | 冬に立つ花・・水仙 »

日々のおかず 惣菜」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!
おでんもいろいろですね~♪
そちらのおでんだったらご飯のおかずになりそうですね~☆
串に刺して食べてみたい~♪
我が家も牛肉を少し入れますけど、薄口のあっさりしたおでんです~。
寒い日は暖かな鍋物が部屋も体も温まってうれしいです~♪

投稿: Komichi | 2016年1月30日 (土) 08時53分

☽komichiさん
おでんに限らず関東と関西はこんなに違うのかとカルチャーショックでした。
全て甘く、刺身醤油の甘さには閉口しましたが、このおでんだけはお気に入りになりました。
煮物とはちょっと違う甘辛い味です。
相方の母の味かもしれません。
komichiさんにも食べていただきたい~♪

投稿: 白いねこ | 2016年1月30日 (土) 20時39分

ワタシも子供の頃のおでんは”関東炊き(かんとだきと呼ぶ)”でした。
醤油は薄口ではなく黒っぽく甘い。
東京で初めておでんを食べたとき、甘くないし色は薄いしうどんと反対の色で、なにこれ?
ちくわぶやシラタキが入ってるのも驚き。
甘辛のアキレス(すじ)がクニュとなったのは最高なのに酒飲み家に嫁いだため?今は関東風おでんばかり。
カントダキ、おいしいよねー!!

投稿: うらら | 2016年2月 2日 (火) 21時48分

御当地独特のおでんなんでしょうね。
ご飯によく合いそうです。
私は関西風ですが
使う材料から薄味にした関東だきという感じです。もちろん大根は必ず入れます。じゃがいもは崩れるので別鍋で煮て最後に加えるようにしています。
竹輪は入れますが蒲鉾は使いません。一番好きなのはこんにゃくです(#^.^#)

投稿: bluerobin2 | 2016年2月 3日 (水) 00時36分

☁うららさん
そうですよねー、東京は他は色が濃いのにおでんだけは京風の色、こちらに来て気がつきました。
銀座の「お多幸」、また上京されたらぜひ入ってみて下さい、美味しいですよ・・あっ、もう経験済み??
一度、関東風のおでんを作ったら見向きもされず・・泣きました~~

投稿: 白いねこ | 2016年2月 3日 (水) 12時47分

☁bluerobin2さん
こちらの人はこのおでんが大好きで、一度に大量に作ります。
なので、ご飯の入る余地がなく、翌日、味のしみた「おでんとごはん」というパターンじゃないかな~
私も関東風のおでんの中では大根とこんにゃくが大好きです。
こちらでは大根を入れると水分が出、独特の大根の味が甘辛さに合わないのかもしれませんねぇ。。

投稿: 白いねこ | 2016年2月 3日 (水) 12時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 当地風“おでん”:

« 初めてのアップルパイ | トップページ | 冬に立つ花・・水仙 »