« 第3回「趣味の作品展」 | トップページ | 「道八」の器で »

石蕗と最後のさわし柿

 

 

2015_11100009
 

 

石蕗もそろそろ終わり。

今年は例年にもましてたくさん咲き
倉庫裏の陽のあたらない場所など
一面石蕗で覆い尽くされていた。

この花は
正面切った広い場所でなく
庭の片隅など目立たない場所でひっそりと・・
それでいて鮮やかな黄色はしっかりと存在を主張している。

花の後、タンポポの綿毛のようなタネができ
それが風に飛ばされて散っていく。

この花が咲き終わったら山茶花の出番だ。

 

 

 

2015_11100013
 

 

今年は
渋柿のヘタを焼酎につけ
密閉してさわすのでなく
自然に熟すのを待ってみた。

時間はかかるが
おいしいさわし柿になっていた。

 

 

 

2015_11100014
 

 

 

|

« 第3回「趣味の作品展」 | トップページ | 「道八」の器で »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
我が家も硬いままの柿は焼酎をつけて密封して甘柿にしましたが、後から百目柿の熟れたものは、そのまましばらく置いていただいています~♪
自然に熟した柿の味は素直で美味しいなぁ~と、味わっています。

白いねこさんの絵皿にのせた柿の美しいこと!
切り方も大切ですね~☆

庭には山茶花がたくさん花を付けました~♪
寒いころにこの花を見ると、毎年慰められます。

投稿: komichi | 2015年11月12日 (木) 22時33分

☽komichiさん
今年は摘果したので数は少ないのですが、大きな柿の実になりました。
「木守柿」といって次の為にひとつだけ柿を残すという事を知り、残そうと思ったのですが、うっかり忘れて全部取ってしまいました(^^;

熟れた柿はこうして切り、スプーンで食べています。
皮に付いた身も全部きれいに取れ食べやすいです♪

投稿: | 2015年11月13日 (金) 19時27分

こんにちは
ツワブキはさりげなく庭の片隅に咲いているというのがよく似合う花ですね。我が家ではもうそろそろ終わりですが、種になった姿も風情があるのでしばらく楽しみます。

皿に載った柿、このようにできるのも、ご自宅の庭に成ったからこそでとてもいい感じですね。そっと手で持ってスプーンいただく秋の実り、やわらかい日差しを感じます。

投稿: bluerobin2 | 2015年11月14日 (土) 09時45分

☽bluerobin2さん
今年はあちこちに石蕗だらけの我家の庭、今は山茶花が満開に、そろそろ冬だなあと思うこの頃です。

さわし柿は甘柿とはまた別の美味しさがあり、若い頃は好んでは食べなかったのに今は大好きになりました。
つめた~く冷やしてスプーンで食べています。

そういえば、新潟の実家では屋根裏に大きな渋柿をそのまま置いていたような・・
その当時は殆ど手をつけなかったなあ~~

投稿: 白いねこ | 2015年11月14日 (土) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石蕗と最後のさわし柿:

« 第3回「趣味の作品展」 | トップページ | 「道八」の器で »