« 国民主権忘れた体質 | トップページ | 濃茶アフォガード »

蜘蛛の糸

 

 

2015_07250002
 

 

サンルームに出てみると
波板の向こう側にいるジョロウグモが
仰向けになって白いものをクルクルまわしているのが見えた。

この波板は便利で
外からは中側がはっきり見えないが
中から外が良く見えるような材質で出来ている。
なので、大きなジョロウグモがそこにいるのは知っていた。

良く見ようと外へ出てみると
ジョロウグモが獲物を糸でクルクル巻いている光景だった~
それもスゴイ速さで。

こんな光景にはめったにお目にかかれないと
じっくり観察・・

いやはや自然界は強烈だなーと
部屋に戻り詳しく調べてみた。

 

性的二形(生物における多型現象の一つで、性別によって個体の形質が異なる現象を指す。性的二型とも書く)が大きく、成体の体長は雌で17〜30mmなのに対して、雄では6〜13mmと雌の半分以下である。
形はほぼ同じで、腹部は幅の狭い楕円形で歩脚は細長い。
成熟した雌の腹部には幅広い黄色と緑青色の横縞模様があるのが特徴であり、腹部下面に鮮紅色の紋がある。ただし、成熟する寸前までは雄のような斑模様が見られる。
雄は雌に比べて小さく、色も褐色がかった黄色に濃色の縦じま混じりの複雑な模様がある。歩脚は暗い褐色に黄色の帯が入る。   (Wikiより)

 

そうすると、
これは雌ってことね。
でも、3㎝より大きいような・・
雌が雄より大きいのはよくあるが
雌の方が華やかなのは珍しいなあ。

翌日見ると
獲物は干からびて下に落ちていた。
あの白い糸はどこにも見当たらない
どうしちゃったんだろう
食べちゃったのか、風に飛ばされたのか
Wikiによると
「数日間かけて随時捕食される・・」
とあるが・・

 

 

 

2015_07250018_3 

 

捕食が済んだジョロウグモは
2日程この状態でピクリともしない。

自然界の動物たちの残酷なシーンは
TV等で時々見かけるが
彼らは生きるために必要な分しか求めない。
そこは見習わなければ・・
などと観察しながら思ったりした。

それにしても
わたしって暇だなあーー。

 

<追記>
ちょっと気にかかった点があり
良く調べてみらた
これは良く似ているが
コガネグモのようです。
決め手は腹部の巾とジグザクの白帯。
ジョロウグモとは混同されやすく、
同じものとして呼ばれることも多かったらしい。

 
コガネグモ
腹部は幅広く、黄色と黒の横しまで、足は比較的太く、直線的。網はほぼ円形の円網で、直径30cm位で、普通は白帯をつける。初夏に成熟する。
ジョロウグモ
腹部は楕円形で、黄色と水色の横しまで、足は細長く、曲がっている。網は縦長の特殊な円網の変形で、前後に補助的な網をつけ、さしわたし1m近くになる。白帯はつけない。秋に成熟する。

 

 

|

« 国民主権忘れた体質 | トップページ | 濃茶アフォガード »

四季の庭」カテゴリの記事

コメント

いやあ~凄い観察ですねー。
蛇はすっ飛んで逃げるけど蜘蛛はまあなんとか…ですが女郎蜘蛛はでかいからなあ。

中学の時友人ちの畑で蛇がカエルを、シーンを克明にレポートして理科の夏休みの宿題で提出したら臨場感のある文が巧いと褒められた。@@
先生も変わっていたけどワタシも逃げずに観察したもんです。
白いねこさん、これあの先生に提出したら絶対大褒めやで。V

投稿: うらら | 2015年7月27日 (月) 12時54分

おはようございます。
すごい観察記録ですね!
蜘蛛って本当に面白い生態。まあ生きるためにいろんな虫を捕まえるけどその中には害虫もいるでしょうし、見た目は気持ち悪くとも役立つ奴かも・・・。
いつも人のとなりにいて「蜘蛛の子を散らす」なんていう例えも生まれたくらい。[ほんとにその通りだな]って思える光景を見たことあります。今度はその一瞬を見れると面白いですね。

投稿: bluerobin2 | 2015年7月28日 (火) 09時46分

こんにちは!
ジョロウグモの観察、面白かったでしょうね~♪
私も、こちらに越してきたころ庭でもっと小さなクモでしたが巣を作り始めたので1時間ほど夫とずっと眺めていたことがあります~(笑)。
自然界の営みをこうして観察できる白いねこさんの余裕が素敵だなぁ~と思っています。

投稿: komichi | 2015年7月28日 (火) 16時28分

☀うららさん
ジョロウグモでなくコガネグモの様です。
あの白いジグザクの線が気になり調べた結果。

私は蛇だけは苦手で・・
私も子供の時、他の姉妹は女の子の遊びに夢中でしたが、そういうのに興味を示さない変な子供でしたね。
でも、先生に褒められた記憶は無しです~♪

投稿: 白いねこ | 2015年7月28日 (火) 18時00分

☽bluerobin2さん
今日見たらバッタ? のような大きい獲物が干からびて白い糸がかろうじて残っていました。
このコガネグモはセミも捕まえるらしいのでさもありなん・・ですねえ。
「蜘蛛の子を散らす」状態、見た事あります。
私も言葉通りだなーと思った記憶があります。
これは画像には撮れないですね~~

投稿: 白いねこ | 2015年7月28日 (火) 21時40分

☽komichiさん
ほんとですね、蜘蛛の巣は時々芸術的だなあ・・と思うときがありますねえー。
朝露に濡れて光が反射していると見入ってしまう時がありますよね。
以前komichiさんが撮られたジョロウグモとなんか違うなーと思ったんですが、コガネグモのようです~

投稿: 白いねこ | 2015年7月28日 (火) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蜘蛛の糸:

« 国民主権忘れた体質 | トップページ | 濃茶アフォガード »