« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

クリームパンとあられ

 

 

2015_03110033

 

 

2015_03110034

 

知る人ぞ知る
地元の人でもなかなか手に入らないという
三原の「八天堂」のクリームパン。

空港近くの工場から即関東の方へ送るので、
ネットか予約でしか手に入らないらしい。

Mさんが予約して三原まで買いに行って来たという。
それでも手に入ったのは8個・・
その内の2個をいただいた。

テレビで良く取り上げられていたので、
クリームパン好きの相方は大喜び。

パンというよりシュークリームに近い。
クリームがいっぱい詰まって
皮はびっくりするほど柔らかい。

ネットで買える事と、
私がクリームパンがちょっと苦手な事は
Mさんには内緒。

 

 

 

2015_03270015
 

 

これは麻生美世先生から
頂いた京都「普門庵」のあられ。

さすが京都のあられ
上品な造り・・あられの吹き寄せ風で
あっさりとして後を引く味。
お茶のお伴に最適。

 

 

 

2015_03270014

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

砥部焼の一輪挿しに“やぶ椿”

 

 

2015_03270019

 

ほとんど花を落としたやぶ椿。
中を覗くと葉の蔭に小さな侘助のような花がポツンと。

小さな一輪挿しに活けてみる。
枝が細いので花の重さでうつむきかげんに。

砥部焼の一輪挿し。
この柄は初期伊万里の写しで
「染付吹き墨のうさぎ」

初期伊万里はとても手が出ず、
これを見つけた時はうれしかったなあー。
確か東京駅八重洲口近くのお店だったはず・・

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブルージャスミン

 

 

ブルージャスミン

 

 

製作年:2013年   
製作国:アメリカ
原題:Blue Jasmine

 

ウディ・アレン監督が初顔合わせとなるケイト・ブランシェットを主演に迎えて贈るシニカル・ドラマ。富豪との結婚生活が破綻し、妹のアパートに身を寄せてどん底からの再出発を図る中年女性が、セレブ生活が忘れられずに身も心もすり減らせていくさまを辛辣に描き出す。共演はアレック・ボールドウィン、サリー・ホーキンス、ピーター・サースガード。ニューヨークでのセレブ生活が崩壊し、妹の住むサンフランシスコへとやって来たジャスミン。質素な生活を送る妹の厄介になりながらも、虚栄心が捨てられずに周囲にまるで馴染めない。おのずと精神もますます疲弊していく。それでも華やかな生活を諦めることができず、再びセレブな舞台への返り咲きを期して躍起になるジャスミンだったが…。

監督:ウディ・アレン   
出演:アレック・ボールドウィン、ケイト・ブランシェット、アンドリュー・ダイス・クレイ、サリー・ホーキンス
映画賞:2013年 アカデミー賞
    【主演女優賞】 ケイト・ブランシェット            
     
2013年 ゴールデン・グローブ
    【女優賞(ドラマ)】 ケイト・ブランシェット                  
     2013年 NY批評家協会賞
    【女優賞】 ケイト・ブランシェット                  
     
2013年 LA批評家協会賞
    【女優賞】 ケイト・ブランシェット

                         (TSUTATAより)

 

セレブな生活から一転してどん底へ。
贅沢放題の生活をしていた時が忘れられず、今の無一文の状態からなんとか這い上がろうと必死なジャスミン。
セレブへの返り咲きを狙って身に着けるものは以前来ていたブランド品。
シャネルの服、靴はロジェ・ヴィヴィエ、バックはエルメスのバーキン。
何処へ行くにも一張羅のバーキンがわびしい。

あるパーティーで理想的な男性に合いプロポーズされる。
が、過去を偽ったために結婚直前になかったことに。
これだけならセレブから転落して嘘でかためた愚かな女性・・ということになるのだろうが。

彼女がセレブから転落するきっかけとなったのは夫の違法取引による逮捕。
驚いたのは、これを告発したのはジャスミン自身。
夫に捨てられての復讐。
この行為で私のジャスミンに対する見方が変わった。

ラストはショックで心神喪失状態で外を彷徨うジャスミンで終わるが、彼女は這い上がってセレブに返り咲くのかも~という想いが湧いてきた。

ケイト・ブランシェット・・いろんな映画に出ているが初めて見た。
素敵な女優・・しぐさ、動きの綺麗な女優だなあと思った。
女優賞総なめ、納得の演技。

 

この映画でひとつ得たもの。
いつかはエルメスのケリーを・・と夢想・・
ふふっ、それが消えた。

 

評価:★★★☆☆(3.5)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

3月の庭 '15 と 温室の蘭

 

 

今日は朝から雨、
この雨で新芽の成長を促進、
なので、この時期の雨は“芽出し雨”。

庭に出てみると少し靄が出ている。
「ボーッ」という音が聞こえる。
音戸の瀬戸を通る船が汽笛を鳴らしてお互いの位置を
確認し合っているのだ。

 

 

 

2015_03180009

 

 

剪定が済んだ木がスッキリとして気持ちいい。 
左から杏、柿、山茶花、ネズミモチの木。
下に木瓜の紅い花も見える。

 

 

 

2015_03180006

 

 

温室の窓から見える近所の家の屋根も霞んでる。

蘭たちもそろそろ庭デビュー待ち。
ここ数年植え替えもしてないのに
今年も艶やかな姿を見せてくれた。

ここは“白いねこ”のお気に入りの場所
天気のいい日は、
自分専用の椅子の上で一日中寝ているzzz

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

甘夏のマーマレード

 

 

2015_03110025

 

ご近所のMさんの持ち山でできた甘夏。
「放りっぱなしなので見栄えがよくないが・・」と
毎年いただく。

完全無農薬。
Mさんのご主人は、毎朝半分絞って飲むという。
そうしないと消費できないらしい。

年によって出来が違い、
今年は酸っぱさが勝っている。
なので、マーマレードに。

去年の作り方は一晩水にさらし、
皮と果汁だけで作った。

今年は中身の果肉も入れてみた。
午前中に皮と実と種に分け、皮を5回ほどゆでこぼしておく。
午後、余裕のある時間を見計らって皮を千切りにし、
実と種と一緒に2時間程極々弱火で炊く。
砂糖は分量の半分にした。

この作り方だと、少し忙しくても一日で出来上がる。
私の生活のペースに合っているかも.。

 

美味しく出来たので、
マーマレードを作ったことがないというMさんに持って行った。
喜んでいただき、貰った倍の量の甘夏をまた袋に・・
内心、ギョギョ・・せっかく全部消費できたのにー。

半分は又マーマレードを作って、
もう半分はピールを作って
甘夏ピールのコンフィオランジェットを作ってみましょ。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

未来新聞2014 311号 @スクールオブロック

 

 

2015_03110030

 

 

 

昨日、3月11日。
東日本大震災は、発生から4年を迎えた。

 

広島FM 22:00 ~ 23:55、スクールオブロックという
ラジオ番組がある。
2005年頃から放送されており、キッチンの片付けをしながら
開始当初から聞いている気がする。

ある程度の制限はあるんだろうが、
時間帯のせいもあり、中学生、高校生、時には小学生の
率直な考え、情報が聞け、リフレッシュできる。

クリープハイプ、SEKAI NO OWARI、サカナクションの良さも
この番組で知った。

恋愛、悩み、いじめ等について問題提起し、コミカルながらも
若い人の声をリアルタイムで電話で相談を受けるコーナーは
聞き入ってしまうときがある。

昨日は東日本大震災を取り上げていた。
私も、ブログに記事を・・と思ったが、
発生の悲惨さ、自分の無力さ、政府の対応等を想うと・・
何も書けず。
このラジオの中の学校が去年発行した新聞を・・

 

こちらから『未来新聞2014年3月11日号』 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桃の節句 '15

 

 

2015_03040030

 

 

3月3日

一年ぶりのご対面。
今年もこの日に飾って祝えることに感謝して。

飾り終わるとそこだけ華やか、
緋毛氈が目にまぶしい。

相方が、「お雛さんか、もう一年たったのかー」
と言う。
一年がアッという間に過ぎてゆく。

 

 

 

2015_03040019 

 

 

定番のちらし寿司

ご飯に混ぜる具は、
人参、しいたけ、あなご。
青味はサヤエンドウの代りに春菊を。

干しシイタケは、一袋全て一回で水でもどし、
小分けして冷凍庫で保存すると手軽に使えて便利。

器の説明はこちら

カテゴリ『歳時記』の画像は毎年変わり映えしない。
ふふっ、毎年同じものを出し、同じものを作る訳だから・・
繰り返し続ける事がくらしになっていく。

 

 

 

2015_03040013
 

 

前日に作っておいたシフォンケーキ。
パン教室で習ったばかり。

抹茶入り、
ふわふわで美味しい~
生クリームの代りに小豆を添えて・・

 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »