« 大島紬 縫い目模様 | トップページ | 「ランドセル俳人の五・七・五」 »

立春 一日遅れの邪気祓い

 

 

2015_02040016

 

4日は、はや立春

昨日、イワシを食べようと買ってきたが、
食指が動かず、今日いただいた。

恵方巻きも西南西も関係なく柊にもささず、
焼いたイワシと染おろし、
茄子のオイル焼きにわさび醤油をかけたものと、
青豆ごはん。

 

豆ごはんは、青豆を蓋をしないで色よくゆで、茹で汁に
つけたまま鍋底を水に当てて冷まし、ざるに上げ、茹で汁に塩、
お酒適量と水を加えていつもの水加減にし火にかけ炊き上げ、
茹でた青豆を加え蒸らす。
こうすると、豆の色がきれいひすい色に仕上がるはず。
でも、味は最初からお米と一緒に炊き上げた方が美味しいとは
思う。

 

西暦2015年 2月4日~8日頃
四季 「春」
二十四節気 「立春」
七十二候 第一候 東風解凍 はるかぜ こおりをとく
 

|

« 大島紬 縫い目模様 | トップページ | 「ランドセル俳人の五・七・五」 »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

立春からの雪は春雪とか。
こどもの頃祖母から奈良のお水取りが済んだらと教えられ春を待ったものです。

↓ 義母さまのおきもの(思わずおをつけてしまった^^)、高価ないいものばかりですね。
着物は暖かでいいけれど首が寒い。
外国の古い映画をみていたら厚手コートでストッキングにパンプス。
素敵な着姿は一部の寒さを我慢して着こなしてこそ…と思いつつ本日も着ぶくれ状態~。

投稿: うらら | 2015年2月 8日 (日) 07時34分

*うららさん
この季節になると、会うお年寄りが皆呪文のように「東大寺のお水取りが済むまでは寒い」と言っていました。
が、気がつくと私もついつい言っています^^

確かに着物を着ると首がスースーして寒い。
新潟では“角巻き”というのがあります。
母の時代ではまだ使っていましたよ、頭からスッポリ被ってあったかそうでした。

投稿: 白いねこ | 2015年2月 8日 (日) 19時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立春 一日遅れの邪気祓い:

« 大島紬 縫い目模様 | トップページ | 「ランドセル俳人の五・七・五」 »