« 白菜と牛肉の中国風炒め物 | トップページ | 自分のための「アフタヌーンケーキ」 »

8月の家族たち

 

8月の家族たち

製作年:2013年
製作国:アメリカ
原題:August: Osage County         

トレイシー・レッツによるピューリッツァー賞&トニー賞W受賞の傑作舞台を、メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツはじめ実力派豪華キャストの競演で映画化した群像コメディ・ドラマ。父親の突然の失踪をきっかけに、オクラホマの実家で久々に顔を揃えた母親と三姉妹が繰り広げる濃密な愛憎の行方を描く。監督は「カンパニー・メン」のジョン・ウェルズ。8月のある暑い日。父親が失踪したとの知らせに、滅多に顔を合わせない三姉妹がオクラホマの実家に集まる。長女のバーバラは反抗期の娘に手を焼き、夫との関係にも問題を抱えていた。自由奔放な三女カレンは怪しげな婚約者を同伴し、ひとり地元に残る次女アイビーはいまだに独身のまま。そんな娘たちを、毒舌家の母バイオレットが迎えるが…。   

出演:メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツ、ユアン・マクレガー、クリス・クーパー、アビゲイル・ブレスリン 

                                <TSUTAYA より>

  

舞台は米オクラホマ州の片田舎、8月の暑さは相当らしい。
その暑さにより、耐えていた身体や神経が押し出されたように登場人物たちが自分の本心をさらけ出す。

父親が失踪したことから、否応なく現実を直視し話し合わなければならなくなった家族。
その家族もそれぞれ問題を抱えていた。

何もなければ表面的には平穏に過ぎていく時間が言葉が相手を突き刺す。
他人だったらそこまで言えない、言う理由もない。
やはり家族だからなんでしょうねー。

メリル・ストリープ演じる母親は毒舌家で利己的な女性に描かれているが、長きに亘り内面に複雑な思いを抱いており、家族を見る視線は誰より正確。
ジュリア・ロバーツ演じる長女は、私生活において問題を抱えており、自分も年を経、母親と対峙するうちに理解する気持ちが芽生えてきたのではないだろうか。
ラストシーンをみてそんな風におもった。

見終わって疲れてしまった。
家族間の問題は年を経て、多かれ少なかれ経験することなので、身につまされるからだろうか。

評価;★★★★☆




|

« 白菜と牛肉の中国風炒め物 | トップページ | 自分のための「アフタヌーンケーキ」 »

TSUTAYA・UNEXT・DMM便り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月の家族たち:

« 白菜と牛肉の中国風炒め物 | トップページ | 自分のための「アフタヌーンケーキ」 »