« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

年の瀬

 

 

2014_12310001

 

 

今年頂いたカレンダー、
例年より少し多い、
景気が少し上向いてきたのかなあ。

私が毎年使っているのは、
右手前のブルーのカレンダー。

来年もこのカレンダーに
予定やメモ、日々の想い等を記し、
日々を大切に
暮らしていこうと思う。

 

皆様、良いお年をお迎えください。

| | トラックバック (0)

クリスマス 2014

2014_12240011



今年も去年と同じ、
庭にあるもので
ヘクソカズラをメインに
ヤブラン、マユミ、サルスベリの実、ローズヒップ。

今年はいやに野鳥が多い。
その野鳥の視線を一身に浴びて、
いつまでこの形を保っていることやら。

 

 

 

2014_12240016
 

 

 

 

2014_12240020_2

 

 

ケーキも去年と同じ
「アーモンドバターケーキ」。

アーモンドプードルがたっぷり入り、
こくがあって美味しい。

粉砂糖でホワイトクリスマスをイメージ
雪は降らなかったが・・
 

 

 

2014_12240028

 

 

そして、超簡単ローストビーフ
時間がない時のお助けレシピはこちら
付け合せは常備してあるブロッコリーのスプラウト、
ポテトサラダの予定もマッシュポテトにして。

 

 

 

2014_12240025_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

『雪崩の時』

12月17日

2014_12170010



カーテンを開くと小雪が散っていた。
あまりにはかなげできれいだったので写真を撮って
みた。

雪が降っているようには見えない出来上がり。
窓ガラスが汚れているようにしか見えない。


先日の選挙で安倍政権の継続が決まった。
自民党は圧勝というが、
投票率は最低の52.36%。
国民のあきらめといら立ちの声が聞こえて来る数字。

首相は「2年間の安倍政権に信任を頂いた。
国民に丁寧に説明して政策を進める」と強調した。



どこかで見た詩


『雪崩の時』     石垣 りん


  ひとは
  その時が来たのだ、という
  雪崩のおこるのは
  雪崩の季節がきたため、と。

  武装を捨てた頃の
  あの永世の誓いや心の平静
  世界の国々の権力や争いをそとにした
  つつましい民族の冬ごもりは
  色々な不自由があっても
  またよいものであった。

  平和
  永遠の平和
  平和一色の銀世界
  そうだ、平和という言葉が
  この狭くなった日本の国土に
  粉雪のように舞い
  どっさり降り積もっていた。

  私は破れた靴下を繕い
  編み物などしながら時々手を休め
  外を眺めたものだ
  そして ほっ、とする
  ここにはもう爆弾の炸裂も火の色もない
  世界に覇を競う国に住むより
  この方が私の生き方に合っている
  と考えたりした。

  それも過ぎてみれば束の間で
  まだととのえた焚木もきれぬまに
  人はざわめき出し
  その時が来た、という
  季節にはさからえないのだ、と。

  雪はとうに降りやんでしまった。

  降り積もった雪の下には
  もうちいさく 野心や、いつわりや
  欲望の芽がかくされていて
  ”すべてがそうなってきたのだから
  仕方がない”というひとつの言葉が
  遠い嶺のあたりでころげ出すと
  もう他の雪をさそって
  しかたがない、しかたがない
  しかたがない
  と、落ちてくる。

  嗚呼、あの雪崩、
  あの言葉の
  だんだん勢いづき
  次第に拡がってくるのが
  それが近づいてくるのが

  私にはきこえる
  私にはきこえる。






| | コメント (2) | トラックバック (0)

自分のための「アフタヌーンケーキ」


一年が過ぎるのは早いなー、
あっという間に巡って来た12月11日。


2014_12120004_2


山本道子さんのレシピ
アフタヌーンケーキ、
バターケーキの一種。

生地と生地の間にラズベリージャムを挟み
焼き上げ、焼き上がりにブランデーシロップを
塗っているので、しっとりした口当たり。

イギリスには、アフタヌーンティーという優雅なひとときを楽しむ
習慣があり、アフタヌーンティーのケーキスタンドには、
サンドイッチ、スコーン、甘いケーキが載っているのが
本格的なアフタヌーンティーだという。

そのスコーンにジャムをつけて食べることから
山本さんはラズベリージャムを入れて、
アフタヌーンケーキと名付けたのかな。

スポンジケーキやシフォンケーキに較べ、
バター、卵、砂糖がたっぷり入っているので、
濃厚で重量感がある。
たまには、こんなケーキもいい。




2014_12120006_3


「ハイ、アフタヌーンケーキ」
と言って出すと、
「モーニングに食べたらダメ ?」
と、言われた・・

座布団一枚 !!


材料(20㌢の角型1個分)
薄力粉 ・・・・・・・  200g
塩 ・・・・・・・  ひとつまみ
ベーキングパウダー ・・・・・・・  小匙1/2
ナツメグ(おろしたてのもの) ・・・・・・・  小匙1/2
バター ・・・・・・・  125g
砂糖 ・・・・・・・  200g
全卵 ・・・・・・・  3個
レモンの皮(すりおろしたもの) ・・・・・・・  1個分
プレーンヨーグルト ・・・・・・・  50cc
ラズベリージャム ・・・・・・・  80~100g
ブランデー、砂糖 ・・・・・・・  大匙1 1/2ずつ

準備
バターは室温で柔らかくしておく。
型にパラフィン紙を敷いておく。
オーブンは170℃に予熱。
ジャムは、スプーンで混ぜてなめらかにしておく。

作り方
①薄力粉、塩、ベーキングパウダー、ナツメッグを加えてふるっておく。
②ボールにバターを入れ、木じゃくしでクリーム状に練る。砂糖を加え、全体が白っぽくなるまで混ぜる。
③に卵を一個ずつ割り入れながら混ぜ合わせ、全体が白っぽくなってきたら、レモンの皮をすりおろしたものを加え混ぜる。
④③に①の粉類の半量をふるいいれ、サックリと混ぜ合わす。ここにプレーンヨーグルトを加え混ぜ、さらに残りの粉類をふるいいれ、サッと全体を混ぜ合わす。
⑤④の生地の半量を型に流し入れ、ゴムぺらで表面を平らにならす。ジャムを生地の表面に点々とたらし、ゴムぺらで軽くなでるようにして、生地一面にジャムを広げる。
⑥⑤の上に残りの生地を静かに入れ、表面を平らに整えてから、熱しておいたオーブンに入れる。焼成時間は170℃で35分程。
⑦ブランデーを小鍋に入れ弱火にかけ、同量の砂糖を加え、砂糖を溶かし、溶けたらすぐ火から降ろす。
⑧焼き上がったケーキの表面に、⑦をハケで塗る。

*型が22㌢四方のものしかなかったので、ケーキの高さが少し低かった。
生ナツメッグは手に入らなかったので、使わなかった。
焼成時間は160℃で45分位がいいかもしれない。




| | コメント (4) | トラックバック (0)

8月の家族たち

 

8月の家族たち

製作年:2013年
製作国:アメリカ
原題:August: Osage County         

トレイシー・レッツによるピューリッツァー賞&トニー賞W受賞の傑作舞台を、メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツはじめ実力派豪華キャストの競演で映画化した群像コメディ・ドラマ。父親の突然の失踪をきっかけに、オクラホマの実家で久々に顔を揃えた母親と三姉妹が繰り広げる濃密な愛憎の行方を描く。監督は「カンパニー・メン」のジョン・ウェルズ。8月のある暑い日。父親が失踪したとの知らせに、滅多に顔を合わせない三姉妹がオクラホマの実家に集まる。長女のバーバラは反抗期の娘に手を焼き、夫との関係にも問題を抱えていた。自由奔放な三女カレンは怪しげな婚約者を同伴し、ひとり地元に残る次女アイビーはいまだに独身のまま。そんな娘たちを、毒舌家の母バイオレットが迎えるが…。   

出演:メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツ、ユアン・マクレガー、クリス・クーパー、アビゲイル・ブレスリン 

                                <TSUTAYA より>

  

舞台は米オクラホマ州の片田舎、8月の暑さは相当らしい。
その暑さにより、耐えていた身体や神経が押し出されたように登場人物たちが自分の本心をさらけ出す。

父親が失踪したことから、否応なく現実を直視し話し合わなければならなくなった家族。
その家族もそれぞれ問題を抱えていた。

何もなければ表面的には平穏に過ぎていく時間が言葉が相手を突き刺す。
他人だったらそこまで言えない、言う理由もない。
やはり家族だからなんでしょうねー。

メリル・ストリープ演じる母親は毒舌家で利己的な女性に描かれているが、長きに亘り内面に複雑な思いを抱いており、家族を見る視線は誰より正確。
ジュリア・ロバーツ演じる長女は、私生活において問題を抱えており、自分も年を経、母親と対峙するうちに理解する気持ちが芽生えてきたのではないだろうか。
ラストシーンをみてそんな風におもった。

見終わって疲れてしまった。
家族間の問題は年を経て、多かれ少なかれ経験することなので、身につまされるからだろうか。

評価;★★★★☆




| | コメント (0) | トラックバック (0)

白菜と牛肉の中国風炒め物

2014_12080001

 

ご近所さんから採りたての野菜をたくさんいただく。
この季節、白菜と大根は買わなくて済みそう~

以前は、「農薬を使ってないので虫がついて・・」と白菜は
わざわざ洗って持って来てくださった。
「新潟の田舎育ちなので、虫がついていても平気です」
というと、それならーと畑からの直行便となった。

そういう時の白菜のメニューは、
冷蔵庫に残っている野菜を全部足して作る豚汁、
八宝菜、白菜と牛肉の中国風炒め物。

 

 定番の八宝菜


2015_03040008




白菜と牛肉の中国風炒め物


2014_11210027


材料(4人分)
白菜 ・・・・・・・  6枚(約600g)
牛薄切り肉 ・・・・・・・  250g
シメジ ・・・・・・・  1パック
万能ねぎ ・・・・・・・  1/2把
ニンニク ・・・・・・・  1かけ
片栗粉、ごま油、固形スープの素、塩、こしょう、しょうが汁

作り方
①白菜は葉と軸に切り分け、葉は5㌢角、軸は幅1.5㌢の細切りにする。牛肉は3㌢長さに切る。
②シメジはいしづきを除いてほぐし、万能ねぎは3㌢長さに切る。にんにくはみじん切りにする。
③片栗粉大匙1 1/2杯は水大匙1 1/3~3杯で溶いておく。
④中華鍋にごま油3杯を強火で熱し、ニンニク、牛肉を炒め、シメジ、白菜の軸、葉、万能ねぎの順に加えていため合わせる。
⑤水1/2カップ、固形スープの素1/2個、塩小さじ1/2杯弱、醤油大匙1杯を加え、③としょうが汁少々を加える。

この料理は、本当に白菜が美味しく食べられるので、分量より多めに入れた。
今回は豚肉が冷蔵庫にあったので豚肉を使用。
そして、オイスターソースを隠し味に少し入れてみたら正解だった。




| | コメント (4) | トラックバック (0)

残ったもの

2014_12030025


コスチュームジュエリー ?
になるのかな~

20歳台の頃、
相方から初めてもらったイヤリング。

クリスタルラインストーン ?
輸入品店から買ったらしいので、
欧米の品なんでしょうね。
中央の花には小さな石が埋め込まれ、
リーフにはフェイクパールが載っていて
けっこう精巧な造り。

でも、一度も着けたことなし。
これに合う服もないし、第一私の趣味じゃない。
「なんでこれを選んだの?」と今さら聞いても、
笑って答えてくれないでしょうし・・

若い頃買った装飾品は殆ど処分か換金したが、
このイヤリングだけは断捨離できなかった。
この先も使うことはないだろうが。




| | コメント (4) | トラックバック (0)

チーズタルト

2014_11270004


ベイクドチーズケーキは、焼き上げるタイプのチーズケーキ、
チーズタルトは、タルト台に生地を流し込んで焼き上げた
チーズケーキ。

教室で習ったケーキの中で一番作っているかもしれない。
材料を混ぜ流し込んで焼くだけ、失敗なしで美味しい、
いうことなし。

添えた苺ジャムはこちらを参考に。
春の出盛りの時にたっぷり作り、小袋に入れ冷凍しておいた。
冷蔵庫で自然解凍して・・


材料(14㌢タルト1台)
クリームチーズ(KiRi) ・・・・・・・  70g
砂糖 ・・・・・・・  20g
卵 ・・・・・・・  30g
バニラビーンズ ・・・・・・・  適量
生クリーム ・・・・・・・  60g
レモン汁(皮も入れる) ・・・・・・・  10g
薄力粉 ・・・・・・・  10g

作り方
①クリームチーズに砂糖を加えすり混ぜる。
②①に卵、バニラ、レモン汁、皮、ふるった粉、生クリームを混ぜ合わせる。
③タルト生地に流し入れ、表面を平らにする。
④180℃で20分焼成。

*クリームチーズは溶かさない、砂糖は二度に分けて入れる、生クリームは最後に混ぜ合わせる。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »