« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

10月の庭 '14

2014_10250020


ヒメツルソバ、
花期は5月頃から秋にかけてということだが、
瀬戸内は暖かいせいか四季咲きのような
気がする。




2014_10250022庭の物置を取り囲むように
ビッシリ。















2014_10250016


石蕗も今が盛り。
ツワブキの名は、艶葉蕗、「艶のある葉のフキ」から転じた
といわれている。
艶のある緑色とくっきりとした黄色の花が美しい。




2014_10250014
気が付くと、
物置と貝塚伊吹に挟まれた
陽のあたらない場所も
石蕗で埋め尽くされて・・














2014_10250012


山茶花、
もう一本ある山茶花より一足早く
咲き始める。

もう一本は2月頃満開のはず。

左は柿の木。
今年は生り年でなかった。




2014_10250011


「柿紅葉」、
柿の葉の紅葉することをいうらしい、
きれいな日本語。




| | コメント (6) | トラックバック (0)

趣味の作品展


雲ひとつない秋晴れの日、
近くのコミュニティセンターへ。


2014_10180033


2014_10180034


2014_10180038


右の建物がコミュニティセンター。
海に沿ったこの道は裏道にあたるので、
車も殆ど通らない。
絶好の散歩コース、朝などは犬を連れて
散歩する人を良く見かける。

この場所で、18, 19日と
第2回「趣味の作品展」が開催された。

知り合いのYさんが絵を出品されているので
散歩がてら友達と・・




2014_10180025


2014_10180013


2014_10180030


パッチワークもいろいろ
バックや壁掛け等、工夫を凝らした作品が。




2014_10180026

2014_10180029









押し花を使った押し絵の壁掛け




2014_10180017_2

Yさんの作品。
「大崎下島 満舟寺」




2014_10180022_2

賛助作品
麻生美世先生の作品
「瀬戸」


趣味を楽しみ、製作を続けてきた方たちの作品を
一堂に集めた作品展。

思い思いに楽しみながら作った作品を多くの知り合い、
地元の人に見てもらい、創作意欲も高まることでしょう。
一緒に行った友人は見知った名前がけっこうあるようで、
作品の前でいろいろ説明してくれる。

こういう手作りの素朴な作品展もなごやかで、
いいものだなあ。



**********************************************



2014_10180012_2

前日に作ったクッキーを少しだけ持参する。




| | コメント (6) | トラックバック (0)

ホットケーキミックスで作るはちみつレモンクッキー

かんきつの香り爽やか~

2014_10180006


ホットケーキミックスを使うので、冷蔵庫で生地を
休ませる時間を除けば、30分足らずで仕上がる
お手軽クッキー。


材料(2人分)
ホットケーキミックス ・・・・・・・  1袋(150g)
バター ・・・・・・・  30g
はちみつ ・・・・・・・  大匙3
レモン果汁 ・・・・・・・  大匙1
レモンの皮のすりおろし ・・・・・・・  1/2個分

作り方
①バターは大きめのボウルに入れ、室温に戻して軟らかくする。
②①にはちみつ、レモン果汁、レモンの皮のすりおろしを加えて混ぜる。
③②にホットケーキミックスを少しずつ加えてさっくりと混ぜる。全体がまとまってきたら捏ねる。
④③を楕円の棒状に伸ばし、ラップに包んで冷蔵庫で30分ほど休ませておく。
⑤オーブンを180℃に予熱する。
⑥④の生地を7~8㎜の輪切りにし、指でレモンの形に成形し、クッキングシートを敷いた天板に並べる。予熱したオーブンで8~10分焼く。


ちょっと洒落た袋にいれると、
プレゼントに最適。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

ある日のランチ

2014_10150008_2


ピザとピーカンナッツパン。

姪たち用に冷凍しておいたピザ、
そろそろ処理しなければとランチにいただく。

買うのはいつもこの「マルガリータ」
タバスコをたっぷりかけたいところだが、
少し加減しよう。
妙齢なことだし・・

今度は手作りピザに挑戦してみようかな~、
トッピングはお好み次第・・

ピーカンナッツパンのレシピはこちら




2014_10150016_2


オムレツと米粉パン

このパンはピーカンナッツパンと材料、分量は殆ど同じ。
ピーカンナッツパンの全粒粉を米粉に替え、生地に練り込む
材料は、ナッツ、乾燥いちじく、クランベリー。

米粉が15g入っただけで、しっとりとした食感で
やわらかい~。
久し振りに食べたオムレツが美味しい。


手作りピザで、
ホルトハウス房子さんを思い出す。

まだ、ピザや洋風料理が今ほど浸透
して無い頃・・
彼女の作り出す料理に憧れた。

検索してみてびっくり。
現役で活動されており、鎌倉山に素敵な
お店をだされていた。

チーズケーキがお勧めらしいが、
他のケーキもひと味違う。
お取り寄せできるらしいので、
備忘録として・・ハウス オブ フレーバーズ




| | コメント (4) | トラックバック (0)

ノーベル賞 日本人3人

Dscf0016_4


2014年のノーベル物理学賞を、青色発光ダイオード(LED)を開発した
赤崎名城大終身教授、天野名古屋大教授、中村米カリフォルニア大
サンタバーバラ校教授の3氏が受賞。

日本人3人が受賞したことにもびっくり、
受賞理由は、省エネで環境に優しい青色LEDを発明、
白色光の実現に貢献しており、私たちは多大な恩恵を
受けている、という事らしい。
確かに、ウチのリビングのスポットをLEDに替えて実感している。

以下、中国新聞による分かりやすい説明・・


LEDは1960年代に赤や緑が開発されたが、光の三原色のうち青は素材の結晶作りが難航し、赤崎氏と天野氏は世界中の研究者が手を引いた窒素ガリウムの結晶化に挑戦。86年に結晶を作り、その後、世界で初めて青色LEDを実現した。
日亜化学工業の技術者だった中村氏は窒素ガリウム結晶の大量生産技術を独力で開発し、90年代に明るい青色LEDを作った。中村氏は青色半導体レーザーも開発し、それぞれ世界で初めて製品化された。
黄色の蛍光体と組み合わせた白色LEDは、白熱電球や蛍光灯に変わり急速に普及、高い節電効果を上げている。

中村氏はまた、発明の対価で会社側と裁判を起こしたことでも話題に。
その後和解したが、中村氏は日本を離れ、米国で研究生活を送っている。
その意味を考えると・・喜んでばかりいられない・・ですね、政治家と
関係者各位サマ・・。




 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ススキとセイタカアワダチソウ

2014_10090002_3


隣の空き地にススキとセイタカアワダチソウが生育中。

陽を浴びる前に切り取り、
玄関に。

秋の風情いっぱい。

ススキとセイタカアワダチソウ・・
いつも一緒に咲いているなあと思い
調べた記事・・こちら。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

かくれんぼ


白いねこが見当たらない、

ひょっとして・・布団をめくると、
いた~ !!


2014_10040001


2014_10040002


ひっぱりだそうにも、
この顔をみると、

おやすみなさいませ・・




| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »