« 甘夏羹 | トップページ | 土用の虫干し »

土用の丑の日

2014_07290017


「石麻呂に 吾れもの申す 夏痩せに よしといふものぞ 鰻とり食せ」   大伴家持

昨日は土用の丑の日
熱中症で倒れるというニュースをよく耳にするので、うなぎでもたべましょうかということでスーパーへ。
静岡産で小ぶりなのが1,980円、少し大振りなのが2,580円。
全国的には安い方なのでしょうね~
迷わず小ぶりなのを選ぶ。

パック入りうなぎを使ったうな丼の私流の作り方

しっかり味の付いているうなぎをまずぬるま湯で洗う。
お皿にとり、お酒を少し振りかけ30秒程蒸す。
付属のタレにみりん、お酒、お醤油を加えたものをうなぎにかけ、再び20秒程チン。
ごはんに刻み海苔、うなぎを載せ、粉山椒をかける。

ギトギト感がなくなり、表面がカリッとして美味しいですよ~


西暦2014年 7月28日~8月1日
四季 「夏」
二十四節気 「大暑」
七十二候 第三十五候 土潤溽暑  つち うるおうて むし あつし
 




|

« 甘夏羹 | トップページ | 土用の虫干し »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

水で洗ってに驚きながら、最後まで読んでうらら流解釈でなーるほど。
江戸風というか関東風の鰻うな丼ですなあ。(ちょっとご隠居風口調^^)

地球消滅の日に最後に食べたいものは・・・には鰻のワタシ。
来年2月には庶民の口には無理かも、なので次回はこれでいただいてみます~。

投稿: うらら | 2014年7月31日 (木) 08時38分

*うららさん
このやり方は関東風なんですか?
実はわたし、うなぎの皮が苦手でお店で食べたのが数える位の新参者。
最後に食したいものはうな重なんですね、私は呉名物の「巴屋」のアイスもなか・・こんどおきにいりでupしますね♪~♫

投稿: 白いねこ | 2014年7月31日 (木) 21時51分

こんにちは
一寸手を入れて自分流に。これならわたしも味わえそうと思って拝見しました。
うなぎを食して夏を乗り越えよう
これってもともと胃腸の頑丈な健康体の人に当てはまる言葉だなあと、50代後半くらいから思うようになった私です。いえいえ、別に病気がちというのでもなく健康な日々を送っているわけですが、モリモリ食べてというわけにはいかないのですよね。
昔はうな重大好物でしたが
最近は二分の一くらいが適量と思う私です。

投稿: bluerobin2 | 2014年8月 1日 (金) 09時31分

*bluerobin2さん
そうですねー、元気な人でないとうなぎを食べようと思わないかも~
うなぎは食べる栄養ドリンクのようにいろんな栄養素が・・ビタミン、ミネラル、DHA、EPA等が入ってるみたいなので理には適ってるようですね。
年を重ねて外見の老化は目に見えるけど内臓は見えない、でも、内臓も確実に老化してるんですよね、なので、腹八分目を心がけようと思っているんですけどねー^^;

投稿: 白いねこ | 2014年8月 1日 (金) 21時31分

白いねこさんのうな丼、食べやすそう~♪
ひと手間かけると、市販の蒲焼も美味しくいただけますね~。
我が家も、買ってきた鰻の蒲焼にお酒をふって、蒸し器で温めていただいています。
先日の丑の日に鰻を用意しましたが、夫は食べずに終わりました。
こってりした味があまり好みではなくなってきたようです。

投稿: komichi | 2014年8月 1日 (金) 22時10分

*komichiさん
ご主人様、淡白なお味が好みなのですね~
市販のうなぎは洗ってもしっかり味がついているので、お湯でサーッと洗って酒蒸し、白焼きのようにワサビとお醤油で頂くとご主人様好みになるかも~^^;
私はいつも皮を残すので、子供の食べ方と笑われています♪~

投稿: 白いねこ | 2014年8月 2日 (土) 11時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土用の丑の日:

« 甘夏羹 | トップページ | 土用の虫干し »