« 第3金曜日のおでかけ | トップページ | ヒメヒオウギズイセン »

「ダウントン・アビー」と「日の名残り」

ダウントン・アビー

   <TSUTAYA より>

“舞台は20世紀初頭、イギリスが近代化へ向けて動き始めた時代。イギリス田園地帯にある大邸宅 “ダウントン・アビー”で、貴族や使用人たちの間で繰り広げられる愛憎劇に世界中が釘付けになった超話題作!”
という触れ込みで「トンイ」に変わり放送されたNHK番組。

 

豪華客船タイタニック号沈没の知らせが入ったことから話は始まるのだが、翻訳の台詞回しにいま一つ乗れず録画モードに。
シーズン1が終わった所で一挙に視聴。

このドラマで興味深いのは使用人の背景、貴族は皆一様に特権階級で優雅なのだが、使用人はそれぞれ違う人生を背負っているという事・・

使用人は、男性使用人の管理責任者である「執事」、「家政婦長」をトップにきっちりと役割が決められており、まるで一流ホテル並み。
イギリスに実在する本物の城で撮影されたそうで、食器、調度品等、西洋アンティークのオンパレード。

背景的には、カズオ・イシグロ原作の映画『日の名残り』と重なるところがある。
第一次世界大戦後の混沌としたヨーロッパにあるイギリス貴族、ダーリントン伯爵卿に仕える執事スティーブンス、ストイックなまでに「執事」に徹した彼をアンソニー・ホプキンスがみごとに演じていた。

グランサム伯爵家という貴族体制において、主と使用人側それぞれにスポットを当て、「限嗣相続制  げんしそうぞく」という男性の継承者1名が相続するように決められている規則やこれから起こる初めての世界戦争、第一次世界大戦のもとで、この登場人物がどのように変化していくのか興味が湧いてきた。

シーズン2はこの秋放送。




|

« 第3金曜日のおでかけ | トップページ | ヒメヒオウギズイセン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
白いねこさんもみられたんだあ!と思わずうれしくなったりして・・・・イギリスのものはいいですね。
近年、芸人天国のような日本のTV番組には見るものがないとうんざりしていて…放送時間が深夜、しかも吹き替えではあったのですが毎週見ていました。
この時代背景の中で貴族、使用人それぞれがそれぞれの立場で、ほこりを持って毅然としているというのが、いかにもイギリスらしい気がして。
シーズン2が待たれるところですが、戦争も迫る中どのように展開していくのでしょうね。楽しみです。

投稿: bluerobin2 | 2014年6月30日 (月) 11時21分

*bluerobin2さん
上流階級の女性は自分の髪を梳かすのも自分でやらないんだー等々そんなところもビックリ。
生まれた時から身分がはっきり決まっているので、労働者階級の人は、自分の仕事にプライドをもってやっていくしかないんでしょうかねー。
イギリスでは現在でも階級制度が根付いているので、戦争で下剋上にはならないんでしょうが・・楽しみですね~♪

投稿: 白いねこ | 2014年6月30日 (月) 21時43分

こんにちは!私も観ていましたダウントン・アビ―。
日頃ドラマはあまり観ませんが、これは欠かさず毎週。
あのストーリーもさることながら、家具調度や衣装の素晴らしさに、
食い入るように観てしまいました。笑
もう、秋が待ち遠しくて待ち遠しくて。

投稿: ローズリング | 2014年7月 3日 (木) 15時30分

*ローズリングさん
やはり、ご覧になっていましたか~
お店にいらっしゃるお客様もこのドラマのファンの方が多いんではないでしょうか。
ホントに衣装や装飾品、素敵でしたねー。
私と相方のイチオシは伯爵の母のバイオレット、あの憎めないキャラクターがなんとも可愛くて。。

投稿: 白いねこ | 2014年7月 3日 (木) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ダウントン・アビー」と「日の名残り」:

« 第3金曜日のおでかけ | トップページ | ヒメヒオウギズイセン »