« クロワッサンで朝食を | トップページ | ケーキ 2種、そして、ぼたもち »

名残りの水仙

2014_02220018_4


今年最後の水仙を飾る。

水仙を飾るとあたりの空気が引き締まる気がする。

実家の父が使っていた煙草盆の火入れを花器に見立てて・・
李朝の趣があるが、たぶん、明治が大正でしょう。

煙草盆は茶事において、薄茶のときのみ出される喫煙具一式を納めておく道具。
父は火入れに灰だけ入れて、灰皿代わりに使っていたっけ。


煙草盆の覚書

煙草盆には、火入(ひいれ)、灰吹(はいふき)、煙草入(たばこいれ)、煙管(きせる)、香箸(こうばし)が入る。
火入(ひいれ)は、煙草につける火種を入れておく器のこと、灰吹(はいふき)は、煙草を煙管で吸い終えたとき火皿に残った灰を落とすための器で、使うときに水洗いをしてから、中に少量の水を入れる。
煙草入(たばこいれ)は、刻みたばこを入れるのに用いる道具、煙管(きせる)は、刻みタバコを吸う道具、香箸(こうばし)は、火入の火を調整するための小さな火箸。




|

« クロワッサンで朝食を | トップページ | ケーキ 2種、そして、ぼたもち »

今月の一枝一花」カテゴリの記事

コメント

義父さまの火入れのお話。
高名なエッセー家のような、さらりと書かれた文が好きです。
その文と写真から、映画のワンシーンのように光景がぼんやりり浮かんできます。

その火入れに水仙の花。
素敵です。

投稿: うらら | 2014年3月19日 (水) 07時33分

*うららさん
この火入れを見ると、煙草を吸っている亡き父の姿がいつも浮かんできます。
煙管を使っていた時もあり、こっそり吸って、その苦さに顔がゆがんだりして・・

あっ、これは新潟の父のことです~♪

投稿: 白いねこ | 2014年3月19日 (水) 20時45分

白いねこさん、すみません!!
ちゃんと実家と書かれていたのに。

着物では義母さまタイタックのときは義父さまだったのでついつい早とちり(早読み)してしまいました。ハズカシー
でもご主人のご両親からも愛されたお嫁さんなんだろうなって優しい文からいつも思っています。

投稿: うらら | 2014年3月19日 (水) 23時26分

*うららさん
あら、まあ、ご丁寧にありがとうございます~
気になさらないで、私もよくやることなので・・

文章や写真にすると、実際より良く見えたり、聞こえたりするので・・(汗

投稿: 白いねこ | 2014年3月20日 (木) 02時12分

火入れのシンプルな模様とまっすぐに立った黄水仙が姿勢を正したくなるような雰囲気をもたらしますね。
ご実家にあった思い出の品も大切になさっている、白いねこさんの心情と古いものを大切になさってる生き方に共感をおぼえます。
煙草入れ、思い出しました。親戚が集まった時、(昔はそういう機会がよくありました。)必ずといっていいほど煙草盆が出されていました。その中に竹筒のようなのがあったのを思い出しますが、それはきっと灰吹だったのでしょうね。
生活そのものに、静かながらも趣のあった昔日を懐かしく思い出させていただきました。

投稿: bluerobin2 | 2014年3月20日 (木) 09時44分

*bluerobin2さん
煙草盆自体も使い込まれいい状態なので、花生けと一緒に使ったりしています。
旧いものを嫌う人もいますが、時を経てきた物のみが持つ温もりはいいですね~。
父の持つもので一番これが欲しかったので、身近において使っています。

投稿: 白いねこ | 2014年3月20日 (木) 21時39分

こんにちは。
このお写真からも、きりっとした空気感が伝わってきますね。
水仙は大好きなお花です。お父様の煙草盆が、お花にとってもマッチしていると思います。きっと白いねこさんもこのお写真のように、きりっとした方なのかなと想像してみました。

投稿: coco030705 | 2014年4月 1日 (火) 18時12分

*coco030706さん
水仙は春を告げるように、まっさきに花をつけますね。
玄関のドアを開けると、かすかに水仙の香りが・・嬉しい一瞬です。
きりっとしていたいですが・・せめて、姿勢だけでも気をつけようと思います~♪

投稿: 白いねこ | 2014年4月 1日 (火) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名残りの水仙:

« クロワッサンで朝食を | トップページ | ケーキ 2種、そして、ぼたもち »