« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

'14  3月の庭

2015_03190007

去年のクリスマスリースを庭のテーブルの上に置いておいたら、ご覧のとおり。
ローズヒップと百日紅の種が残り、ヘクソカズラの黄金色の実だけがなくなっていた。

出入りのある場所なのに・・行きつ戻りつしながら食べたんでしょうね~




2015_03190008

生まれたばかりの柔らかい薔薇の新芽も・・




2015_03190013

モクレン科のレンギョウ(連翹)、花の開きかたが木蓮のそれに似ている。

この季節は黄色の花が目立つ、他所の場所でミモザを見かけると、柔らかく、暖かい春がやってきたな~と実感。




2015_03190014

朱色のぼけの花も満開。

果実が瓜に似ており、木になる瓜で木瓜(もけ)」とよばれたものが「ぼけ」に転訛したといわれているが、可愛らしい花に似合わず実は大きく表面もごつごつしており、最初見つけた時は何かの卵かと・・




2015_03190021

ムスカリがつくしのようにヤブランの間から・・




2015_03190016_2

雛の節句に大活躍したあんずの花も満開。

これから一雨ごとに暖かくなり、木の芽起こしの雨が降り、植物がいっせいに活動を始める季節に・・



************************************************************



2015_03190001

木蓮の木の下にいた。

枯葉の色と同化して最初は分からなかった。
ジッととして動かない。
けがをしているんでしょうか。

少し不気味だがなんとも魅力的な模様に惹きつけられ、暫く見入ってしまった。

<追記>

名前は「イボタガ」とわかった。

美しい模様を持つ大型の蛾。
模様から恐らくフクロウに擬態していると思われる。前翅の先端部には鳥の羽の模様、目玉模様には陰影まで表現されている。後翅には口ばしに相当する黄褐色の模様がある。
このような模様を持った本種が木に止まっていると、小鳥やネズミなどは天敵であるフクロウと見間違って逃げてしまうのだろう。後から知ったことだが、英名はやはりフクロウガ(Owl moth)であった。
幼虫は初夏に土中に潜り、繭も蛹室も作らずそのままやや赤味を帯びた黒い蛹になり、翌春に羽化する。   <Mushi Navi>より




| | コメント (6) | トラックバック (0)

ケーキ 2種、そして、ぼたもち

2015_03040011


2月28日は義母の誕生日だった。
それにしても、一年が過ぎるのが早いこと。

今回はいちごのスポンジケーキ。
スポンジケーキを作るのはこれで4回め、だんだん時間が短縮され、コツも分かってきた感じ。
レシピはこれで決まり。




2015_03190006


おやつ用にシフォンケーキを焼く。

名前のとおり、ふわふわのなめらかなケーキに焼き上がった。
添える生クリームは小分けして保存してある冷凍庫から・・

このレシピは、メレンゲに卵と合わせた粉をいれて混ぜる作り方。
次は、卵と粉を合わせた方にメレンゲを入れて混ぜるやり方で・・どちらが作りやすくて美味しくできるか・・



********************************************************



3月21日は春分の日。
春分の日を中日として、その前後の3日を合わせた7日間を彼岸という。
昼と夜が同じ長さになり、徐々に昼が長くなっていく。

旧暦では2月、24節気の「第10候 雀始巣(すずめ はじめて すくう)」


2015_03220005


今年もこれを・・

今年は手抜きで市販の餡を使用。
思ったより甘さ控えめで、美味しく出来た。

まず、仏前に・・




| | コメント (4) | トラックバック (0)

名残りの水仙

2014_02220018_4


今年最後の水仙を飾る。

水仙を飾るとあたりの空気が引き締まる気がする。

実家の父が使っていた煙草盆の火入れを花器に見立てて・・
李朝の趣があるが、たぶん、明治が大正でしょう。

煙草盆は茶事において、薄茶のときのみ出される喫煙具一式を納めておく道具。
父は火入れに灰だけ入れて、灰皿代わりに使っていたっけ。


煙草盆の覚書

煙草盆には、火入(ひいれ)、灰吹(はいふき)、煙草入(たばこいれ)、煙管(きせる)、香箸(こうばし)が入る。
火入(ひいれ)は、煙草につける火種を入れておく器のこと、灰吹(はいふき)は、煙草を煙管で吸い終えたとき火皿に残った灰を落とすための器で、使うときに水洗いをしてから、中に少量の水を入れる。
煙草入(たばこいれ)は、刻みたばこを入れるのに用いる道具、煙管(きせる)は、刻みタバコを吸う道具、香箸(こうばし)は、火入の火を調整するための小さな火箸。




| | コメント (8) | トラックバック (0)

クロワッサンで朝食を

クロワッサンで朝食を

  • 製作年:2012年
  • 製作国:フランス/エストニア/ベルギー
  • 原題:UNE ESTONIENNE A PARIS

エストニアの新鋭、イルマル・ラーグ監督が母親の実話を元に描く感動作。憧れのパリにやって来た家政婦と、裕福だが孤独な老婦人という境遇の異なるふたりが、反発しながらも固い絆で結ばれていく。主演は『死刑台のエレベーター』のジャンヌ・モロー。

出演:ジャンヌ・モロー、ライネ・マギ、パトリック・ピノー

                                 <TSUTAYA より>


登場人物は家政婦、老婦人、老婦人の愛人だった家政婦と同年配の男性3人のみと言っても過言ではなく、美しいパリを背景に、舞台劇にしてもよいくらい3人の感情の揺れ動きを推し量りながら話は進んでいく。

老婦人フリーダを演じる85歳のジャンヌ・モローはさすがに老醜は目立つが、その存在感は圧倒的、裕福な老人らしく妥協はいっさい許さない偏屈な強い女性・・だが、シルクをまとい、女性としての魅力も失わない。
憧れのパリにやってきた家政婦アンヌを演じるのは、エストニアの女優ライネ・マギ、つつましやかだが芯のしっかりした老年にさしかかった女性、出身がバルト三国のエストニアという揺れ動いてきた国の者同士という想いもあるのでしょうか、老婦人の信頼を少しずつ得ていく。
パトリック・ピノー演じるアンヌの雇い主ステファンは、フリーダの昔の年下の恋人・・煩わしいと思いながらも老婦人から目が離せない。

パリという街は女性を魅了するとともに綺麗にさせる・・垢抜けなかったアンヌがすれ違う男性を振り返させるくらいにきれいに・・夢見心地で真夜中のパリを散策するところは「ミッドナイト・イン・パリ」を彷彿させる。

信頼関係が芽生え始めたフリーダとアンヌがおしゃれをし、腕を組んで歩く姿はほほえましくホッとする。
だが、プライドが強く、束縛されることを何より嫌う老婦人との間に亀裂が入り、家政婦は出ていくことに・・
戻ることを望む老婦人は、戻ってきた家政婦に「ここは、あなたの家よ」と言ってにこやかに迎える・・

一筋縄ではいかない老婦人、アンヌとステファンがベッドを共にした事を知ったうえで、にこやかに出迎え、映画は終わる・・何か含みをもった余韻が残るのだが・・

アンヌ演じるライネ・マギは、ほっそりとした、立ち姿のきれいな女優、ジャンヌ・モローに「彼女は、まさに発見です」と言わしめた逸材だという。
ジャンヌ・モローの最新作でポルトガルの港街を舞台にした「家族の灯り」も見てみたい。

評価:3.5/5




| | コメント (4) | トラックバック (0)

栗色の地に刺繍 小紋

2014_02220012


袷、濃い栗色に小花等の刺繍をあしらった小紋。
帯は能装束に見られる渋い色彩の几帳等の古典柄を、裂取り模様にしてお太鼓に持ってきた九寸名古屋帯。




2014_02220009


2014_02220010


2014_02220011


芝にそれぞれ小菊、笹、萩の柄でしょうか・・を間隔を広くとって散らしている。
遠くから見ると無地に見えるほどに小さい。

帯は白っぽいものを合わせたいところだが・・




| | コメント (6) | トラックバック (0)

3月3日

2015_03040023

 

年1回のお披露目。
お久しぶりでした。

やはり、お雛様はいいですねー、そこだけパーッと華やかに・・
気分も華やぐ。




 

2015_03040031_2

毎年作るちらし寿司、混ぜ込む具はしいたけ、にんじん、高野豆腐、穴子・・甘酢が美味しい。
冷凍しておいた塩漬けの桜で桜湯を添えて。




 

2015_03040037_2

デザートは去年の和菓子の単発講座で習った「春のおとずれ」。
白餡ともち粉で練った生地で黒餡を包む。

久し振りに飲んだお薄が美味しい。



*******************************************



剪定した「杏」の枝を門前に。
「ピンクの可愛い花が咲きますよ」と札をたてかけて・・

今年は蕾が付くのが遅く、なんとか3日に間に合った。


2015_03040013

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »