« 小紋 “義母の詫び状” | トップページ | 冬枯れの庭 »

ミッドナイト・イン・パリ

ミッドナイト・イン・パリ

製作年:2011年
製作国:スペイン/アメリカ
原題:Midnight in Paris

    本国アメリカではウディ・アレン監督作としては最大ヒットとなったチャーミングなファンタジー・コメディ。ハリウッドで脚本の仕事をする作家志望のアメリカ人男性が、婚約者とともに向かったパリで居場所をなくし、真夜中にひとり街を彷徨っていたところ、ヘミングウェイやフィッツジェラルド、ピカソといった伝説の作家や芸術家たちが集う憧れの1920年代パリに迷い込み、幻想的で魅惑的な時間を過ごすさまを、ノスタルジックかつロマンティックに綴る。主演は「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」のオーウェン・ウィルソン。共演にレイチェル・マクアダムス、マリオン・コティヤール、キャシー・ベイツ。また、フランス大統領夫人カーラ・ブルーニの出演も話題に。

監督:ウディ・アレン   
脚本:ウディ・アレン   
出演:キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムズ、マイケル・シーン、オーウェン・ウィルソン   
映画賞:2011年 アカデミー賞
          【脚本賞】 ウディ・アレン                  
    
   2011年 ゴールデン・グローブ
      【脚本賞】 ウディ・アレン

                                                 <TSUTAYA より>


アイロニカルなユーモアに溢れたアレン作品とはちょっと毛色が違う、豪華な大人のファンタジー映画です。

作家志望のアメリカ人男性ギル(オーウェン・ウィルソン)は、街を彷徨っているうちに憧れの芸術家が生きていたゴールデンエイジと呼ばれる1920年代のモンパルナスのあたりに迷い込み、ジャン・コクトー主催のパーティーで、コール・ポーター、フィッツジェラルド夫妻、ヘミングウェイ、ダリらと遭遇、そして、ピカソの愛人であるアドリアナに会い、魅了される。
そこでギルは、この時代に暮らすアドリアナにとっては、1920年は退屈な時代で、ドガやゴーギャンのいた1890年代に憧れている事を知り驚くとともに、自分が今現在生きている時代に背を向けず,直視しなければ・・と気付く・・明日に向かって・・


と、いうストーリーですが、主役はパリの街・・雨にぬれた歩道がきらめく幻想的な夜のパリの街も魅惑的です。
パリの観光案内かと思うほど時間をかけたオープニング、ジヴェルニー「モネの家と庭園」、オランジュリー美術館、ジャン23世公園、ヴェルサイユ宮殿、タイムスリップした夜のパリ・・1920年代のファッション、インテリアの豪華なこと。
そして、婚約者役のレイチェル・マクアダムスと母親のファッションも見もの・・カジュアルスタイルにシャネルのショルダーバッグ、母親はキチッとしたスーツにエルメスのバーキン、いくつかのボストンバッグがゴヤール・・それだけで、この母娘のバックボーンが想像できる。
対するギルはというと、ブルーのシャツにチノパンという典型的アメリカン・ファッション・・このチグハグさでストーリーの結末が予想できるような。

長年、パリに恋い焦がれ、ギルに自分を置き換え、楽しみ、堪能しながら作った・・そんな映画・・後半、ギルと雨の中、夜のパリの街に消えていく女性・・レア・セドゥー・・アレン好みの女優です。

この映画は日本でかなりの観客を動員したらしく、監督自身が感謝のコメントを寄せている。
日本の女性はパリが好きですからねー、ブログでも余裕のある中年女性のパリ滞在記が花盛り・・指をくわえて見ている私はこれで夜のパリを満喫しましょうか・・



評価:★★★★☆




|

« 小紋 “義母の詫び状” | トップページ | 冬枯れの庭 »

TSUTAYA・UNEXT・DMM便り」カテゴリの記事

コメント

うまいなあー、映画の解説とまとめ方かた。
拍手!

ワタシもテレビで家事をしながら観ました。
時々席を立ったので、現在と過去に入って行けず??と思うところも。
「雨にぬれた歩道がきらめく幻想的な夜のパリ」は堪能。
でも、「ゆつくり見たかったなあ」と思っていた映画です。
白いねこさんの解説を参考に、今度放映されたら動かずに観ることにします!

投稿: うらら | 2014年1月23日 (木) 14時19分

*うららさん
キャッ、ほめられた、ありがとうですー。

トップのあらすじはTSUTAYAさん、解説は自分の思い込みなので・・あしからず~
朝、昼、夕、夜のパリにうっとり・・一回行ったら、又、行きたくなる気持ちがわかります~

投稿: 白いねこ | 2014年1月23日 (木) 19時12分

こんにちは
この映画、実はよく行くシネマクレールでもやっていました。見逃しました。・・・・・どちらかというとハードな内容に偏ってる私の映画鑑賞ですが白いねこさんの解説読んでいて、「みればよかった」っておもいました。
いろんな視点で楽しむ事のできる映画いいですよね。
主人公を案内人にパリという町を縦横に楽しめる映画だったのですね。

投稿: bluerobin2 | 2014年1月24日 (金) 11時36分

*bluerobin2さん
そうですねー、「ミッドナイト~」なんてちょっと甘ったるい題名ですよねー。
タイムスリップした1920年代に活躍した著名な人たちがでてくるので、そういう知識のある人には別の楽しみ方ができると思います。
私はファッションに目が・・知らないブランドの旅行ケースがでてきたので、必死に検索してゴヤールを突き止めました(笑

投稿: 白いねこ | 2014年1月24日 (金) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミッドナイト・イン・パリ:

« 小紋 “義母の詫び状” | トップページ | 冬枯れの庭 »