« 自分のための「いちごケーキ」 | トップページ | 大根といかの煮物 & あなごの柳川風 »

ブエノスアイレス

ブエノスアイレス

監督:ウォン・カーウァイ               
撮影:クリストファー・ドイル
出演:トニー・レオン、レスリー・チャン、チャン・チェン   
映画賞:
1997年 カンヌ国際映画 【監督賞】 ウォン・カーウァイ

90年代を代表する映画作家、「欲望の翼」「天使の涙」のウォン・カーウァイが、南米はブエノスアイレスを舞台に、さすらうゲイの男二人の人生模様を鮮烈に綴った一編。デビュー以来一貫して香港を舞台にしてきたウォン監督が、初めて国外、しかもかねて彼が興味を寄せる、南米はブエノスアイレスを主要な舞台としてロケし、さらに初めて同性愛を題材に扱ったことも、話題となった。主演は香港はじめ中華圏を代表する二人の大スター、レスリー・チャンとトニー・レオン。撮影のクリストファー・ドイル、美術・編集のウィリアム・チョンは前作「天使の涙」に引き続いて参加した言わずと知れたカーウァイ組の常連。 

                              <TSUTAYA、映画.comより>


なんとも辛く、悲しく、はかなく、そして美しい映画でした。
ウォン・カーウァイ監督にどっぷりはまってしまいました。

舞台はブエノスアイレス・・一度行ってみたい場所のひとつ、この映画をみた要因のひとつ・・この地の反対側が香港あたり、そして、あえて異邦人として描きたかったのかもと思う。

男性同士の関係を異質に感じたのも最初の内、見ているうちに男女の恋愛となんら変わりなく、相手を想うトニー・レオン演じるファイの悲しみが痛いほど伝わってくる。
そして、相手のウィン、勝手気儘で、自由奔放でファイをふりまわす・・こういう人は魅力的なんですよねー・・そして、穏やかなチャン・チェン演じるチャンの登場で人生模様が少しずつ変化していく。
この三人を独特の長まわしで、表情、動作を撮っていく・・そして、クリストファー・ドイルのあの映像テクニック、なんともいえないブルーとイエローの映像世界・・琴線に触れた人を惹きつけてやまないのはここなんでしょうか。

ただ、この監督の耽美的な美意識に共感できない人にとっては、退屈な映画となるのかも・・相方は早々に切り上げました。

 

評価:★★★★☆




|

« 自分のための「いちごケーキ」 | トップページ | 大根といかの煮物 & あなごの柳川風 »

TSUTAYA・UNEXT・DMM便り」カテゴリの記事

コメント

この映画、私は観ていませんけど
とても気になる映画で、いつか観てみたいと思いました~♪
私のかつての仕事仲間にはゲイの人も多く、そんな人たちの恋愛の悩みを聞くこともありましたから…とくにしみじみと観賞できるような気もしています。
美しい映像も楽しみです~♪

投稿: komichi | 2013年12月22日 (日) 23時28分

*komichiさん
この監督の作品、もう2作ほど見たい作品があります。
ストーリーはとりたてて目新しくはないのですが、この監督の感性で作り出す映像とBGMに流れるスタンダードな曲のとりあわせはクセになります。

クリエィティブな職種の人にゲイの人が多いような気がします。
感性が鋭くて、繊細なんでしょうね。

クリスクス・リース・・komichiさんの影響を受けて手作りしました~もう少ししたらupしますね♪♫

投稿: 白いねこ | 2013年12月23日 (月) 02時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブエノスアイレス:

« 自分のための「いちごケーキ」 | トップページ | 大根といかの煮物 & あなごの柳川風 »