« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

甘夏とレーズンロール & レアチーズケーキ


パン教室も2年目に入り・・
5月はこのパンでした。


2013_06100003


いつもの生地にレーズンと甘夏ピールを混ぜ込んださわやかなパンが出来上がりました。

甘夏のピールの作り方も教えてもらったが、今回は手作りのこれを使って・・♪

サイドメニューの『レアチーズケーキ』


2013_07020014


ほんのりレモンの香りが・・

チーズ、ミルク嫌いの私も教室で試食・・「苦手なんです」という訳にもいかず、食べているうちに食べられるように・・教室のお友達に「参加した甲斐があったね・・」と言われ、仰る通り。。


材料:4個分
クリームチーズ ・・・ 90g
砂糖 ・・・ 30g
牛乳 ・・・ 20g
ゼラチン ・・・ 3g
水 ・・・ 21g
レモン汁 ・・・ 15g
生クリーム ・・・ 70g
洋酒 ・・・ 5g
タルト生地 ・・・ 一枚

作り方
ゼラチンは水で溶いて湯煎にかけておき、生クリームは8分立てに、材料を順にミキサーにいれ、混ざり合ったら生クリームと洋酒を入れ、タルト生地に流し固める。

冷たくひやしてどうぞ、夫お気に入りのレアチーズ、殆どひとりで食べつくしました。




| | コメント (4) | トラックバック (0)

第23回参院選終了


Dscf0008_3


泡と消えた民主党・・

翌日の新聞のタイトルを列挙。
『与党圧勝 ねじれ解消』、『自公70超安定多数』、『共産倍増 民主激減』、『アベノミクス争点化が奏功』、『長期政権 足場固め』、『改憲や安保 保守路線焦点』・・。

タイトルを見なくてもこうなるだろうと分かっていた選挙・・頼りになる野党の受け皿がない・・これに尽きる、どこにも入れたくないが棄権はしたくない・・比例で共産党が伸びるはず。

ねじれ解消による政治の安定も政治を動かすうえでは重要だが、党利党略を優先して国民を置き忘れると、前回の様に政権交代に追い込まれるという緊張感を生み出した点においては、民主党は一役を担ったのかもしれない。

いずれにしても、この後3年間、国政選挙はないのです。


***************************************************


硬い内容になってしまったので、朝食の写真で和らげて・・


2013_07110023


パンがきれていたので、くだものだけで・・皿に載っている中で、買ったものはキウイだけ、他は頂きもの・・ふふっ

李(すもも)は、いろんな呼び名がある果物。
英語
では「prune(プルーン)」、「plum(プラム)」などと呼ばれ、地域によっては巴旦杏(ハタンキョウ)とも呼ばれる。

巴旦杏って呼び名・・好きだなあー。




| | コメント (6) | トラックバック (0)

7月の雑草


手強い・・


2013_07150004


メヒシバ、オヒシバとの見分けがつきにくいがオヒシバの方が強靭らしく、メヒシバは軸がざらつくようだ。一年草、花期は7~11月。




2013_07150012


オオアレチノギク、まだまだ出始め、夏にはアッという間に高さ1.8m程度にまで生長して頂に多数の頭花を形成する、空き地になっている所にこの草が所狭しとはびこっている・・繁殖力が抜きんでているんでしょうねー。越年草、花期7から10月。




 

2013_07110030


コニシキソウ、地面をはって広がり傷つけると乳液を出す。葉の中心部に赤紫色の斑紋がある。一年草、花期6~10月。




2013_07150003


朝咲いた花が昼しぼむことが朝露を連想させることから「露草」と名付けられたという説がある。
昔はそこらじゅうにさいていたが、最近はめっきり目にすることがなくなった。一年草、花期6~9月。




2013_07150014


ひでり草、別名マツバボタン、ツメキリソウ、花の寿命は短く一日花。
強い日差しのもと、嬉々として咲いている。多年草、6~9月。




2013_07110028



2013_07110029


ネジバナ、雑草扱いするには可哀そうなくらい可愛らしい・・って、雑草に失礼でしょうか・・松の鉢の小さなすきまから何本も。多年草、花期5~8月。




| | コメント (4) | トラックバック (0)

7月の庭 '13


鮮やかな春もすぎ、緑と強い雑草の季節に・・


2013_07150016


庭も断捨離・・鉢物も少しずつ処分、地植えだけにするつもり・・シンビジュームと蘭系の物だけ水やりしやすいように家の周りに配置。




2013_07110019


上の場所の右側はこんな感じ・・左から山茶花、月桂樹、藪椿、紅葉と・・バラも終わり、緑一色、これはこれでいい感じ。

 囲いの貝塚伊吹の剪定は私の力作・・ククッ。




2013_07110015


庭の一番奥・・広い空き地が借景、季節ごとにいい味を出してくれるのです~、どのくらいの広さになるんだろうか、これのお陰で我が家に光と風が・・避暑地気分をいっときでも味わえるのです~。

やさしいオレンジが目を惹くこの花は“やぶかんぞう”、もう少ししたら大好きな桔梗の花も咲き揃う。

柿の木にこれでもかと蔦が絡まる・・抜いても次からと、我が家に藪枯らしがないのがせめてもの救い。




2013_07110017


柿の実がもうこんな大きさに・・今年はちゃんと摘果したので、立派な柿に出会えるかな~。




| | コメント (4) | トラックバック (0)

豚ロース肉のあえもの(涼拌肉片)


さっぱり頂ける・・


2013_06040006


夏は暑いのはあたりまえ、解っているけど食欲が・・こんな時、これならお肉がはいります。


材料:(4人前)
豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用) ・・・・・・  250g
きくらげかワカメ ・・・・・・・・・・・・・・・・  適宜
カイワレ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  1/2パック
合わせ調味料(醤油大匙3、酢大匙1 1/2、ラー油小匙1/2、砂糖・ごま油各小匙1、すりおろしにんにく1/2片)

作り方
①しゃぶしゃぶ用の豚薄切り肉を用意し、たっぷりの湯に一枚ずつ入れて、サッとゆで、氷水に取らずそのまま冷やす。
②ワカメはもどし、ひと口大に切る。
③カイワレは根を切り落として適宜に切る。
④ボールに合わせ調味料を入れ、よく混ぜ合わせる。
⑤①の豚肉の水気をふいて、②③の材料と混ぜ合わせ、皿に盛り付け、食べる時に④のソースを冷たくしてかける。

コツはしゃぶしゃぶ用のお肉を使い、氷水で冷やさない(冷やすとお肉が固くなる、冷たくしたい時は、皿に盛りつけてからラップをかけて冷蔵庫へ)。
これだと私の場合、けっこうな量が食べられるのです~。。




| | コメント (4) | トラックバック (0)

小紋 うすもの


7、8月の盛夏はうすもの・・


2013_07020003


見た感じより実際は透けている・・義母に作ってもらった小紋・・まだ、しつけがついたまま。

生地は絽、紗、麻でもなくなんなんでしょう。
シャリ感があって、少し撚りが入っている・・一越ちりめんでしょうか。

薄い紫にグラデーションを入れて染めた生地に、手描きで蔓植物を縦に入れてある、見るからに涼しそう・・初夏まででしょうね。

帯は“絽八寸名古屋”。




2013_07020008



2013_07020009

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »