« 野菜すし | トップページ | 春の香り饅頭 & 春のおとずれ »

4月の雑草・・その2


雑草我が意を得たりと生育中・・・


2013_04120035


タネツケ花、頂きに白い小さな花を咲かせ、その下に細い鞘のようなものが幾つか・・葉の形が少し変わっている。越年性一年草、花期3~6月。




2013_04120040


タチイヌノフグリ、とっても小さく空色の可愛い花を咲かす・・オオイヌノフグリより花は小さく茎が直立して立ち上がる。越年性一年草、花期3~5月。




2013_04120021


キュウリソウ、これもよくよく見ないと花が小さくて見過ごしてしまう。
斜めに伸びた茎のところどころに蕾をつけ、頂きにいくつかまとまって花を咲かす。越年性一年草、花期3~6月。




2013_04230002


オランダミミナグサ、ミミナグサとは耳菜草の意で対生する葉を耳に例えたらしい・・全体の感じがハコベに似ている。
花が開いたところはあまり見られない。越年性一年草、花期4~5月。




2013_04230001


ヤエムグラの花、「4月の雑草その1」の時はまだ花が付いていなかった・・良く見ないと花には見えないほど小さい。越年性一年草、花期5~6月。




2013_04230003


タンポポ、日本タンポポだと思うんだけど・・総苞外片が直立、反り返るのが西洋タンポポの特徴らしい。
タンポポの黄色は優しい色だなあー。多年草、花期3~10月。




2013_04230004


オニタビラコ、春の七草のほとけのざ(紫の花をつけるほとけのざとは別物)と呼ばれるタビラコとは別属、 「田平子」の意で葉が田に平たく張り付くように茂ることから付けられたようだ一年草、花期5~10月。




2013_04220022


カタバミ、閉じた葉が欠けているように見えることからこの名が・・葉が3個つき昼間は開き、夜は閉じ、花も同様に睡眠活動をする。
とにかく、繁殖力が強い・・横に拡がり高さはないので、とることは諦め・・ウチの庭のあいているところにはこの草がはびこっている。多年草、花期5~8月。




2013_04230007


スズメノカタビラと思っていたが、スズメノカタビラは草丈が10~15㌢なので、40~50㌢はあるのでカラスノカタビラのようだ。
まばらな花穂を、単衣の着物、帷子に模して付けられたようだ。越年性一年草、花期3~11月。


季節ごとに雑草も違う、春夏秋冬の雑草も味わい深い。


<追記>

「一年生雑草」
毎年新しい種子により発芽し、生長する雑草。
春に発芽して秋に枯れる雑草と、秋に発芽して越冬し、春から夏に枯れる越年生の一年生雑草がある。
【例】オヒシバ、メヒシバ、スズメノカタビラ、ナズナ、ツユクサ、カヤツリグサ

「多年生雑草」
種子で発芽、生長し、地上部は一旦枯れますが地下部が生き残り、翌年になると、同じところからまた生えてくる宿根性の雑草
多くの多年生雑草は種子で繁殖し、発芽し根をおろすことで宿根草となりますが、なかには地下茎が伸びて繁殖するものもあります。
【例】スギナ、シロツメクサ、タンポポ、ハマスゲ、ワラビ、クズ、ヤブカラシ、セイタカアワダチソウ、チガヤ、ススキ


*********************************************************


庭の古木の藤が咲いたーー。


Dscf0043_2


こうやって見ると背が高いようですが、池にぎりぎりに咲いているので、大きな鉢植えの様な感じです。

なんとか生き返ってくれた。。



2013_04270024

2013_04270023

|

« 野菜すし | トップページ | 春の香り饅頭 & 春のおとずれ »

雑草ノート」カテゴリの記事

コメント

野の花が咲いていますね~♪
タチイヌノフグリ、とってもかわいいですね~♪
私は気が付いたことがありませんけど…好きです。。
藤の花も復活して…藤の木の生命力を感じます!!

我が家の藤の花は大きなヤマザクラに絡みついているので、とっても背の高い場所で、離れないと見えないくらいです。。

命あふれる季節がやって来ましたね。。

投稿: komichi | 2013年4月29日 (月) 21時15分

*komichiさん
載せているのはウチの庭の雑草といわれる花たち・・なので、komichiさんの庭にも絶対に・・花が1㍉位なので目に入っても気づかないかも・・。
季節ごとの雑草の性質を知れば抜かずにすむかもしれないとupしたんですが、花の可憐さに方向がかわりつつあります。。

あきらめていた藤の蕾を見つけた時はうれしたかったですー、薄いピンクの藤はあまり見かけないのでなおさらです♪♪

投稿: 白いねこ | 2013年4月30日 (火) 11時02分

ひと固まりで雑草なんて言ってしまうけど、皆それぞれに名前ありですよね。面白いのは役に立たないといった意味で「イヌ」という言葉がついたり、そのものの大きさでカラスになったりスズメになったり・・・・ここにもスズメノカタビラ、カラスノカタビラ
春の野ではカラスノエンドウ、スズメノエンドウ
赤い大きな実の鳴るカラスウリ、可愛い白い実のなる、スズメウリ・・・・誰がつけたか面白いですね。

お庭の藤、きっといい香りでしょうね。

投稿: bluerobin2 | 2013年4月30日 (火) 17時29分

*bluerobin2さん
そうなんですよね、マイナスのイメージにイヌをつけるのはどうしてなんでしょうねー、それにスズメの~、カラスノ~という名称も多いですよね、生活に密着しているので使い易いんでしょうか。。

この藤は暫く休眠状態だったので花が咲いてうれしいです~、藤棚の時は香りに酔いそうなくらいだったのですが、この藤はあまり香りがしないようです♪♪

投稿: 白いねこ | 2013年4月30日 (火) 19時49分

他府県だけど同じ草が生えてるものだなぁと。
そちらで何か変わった雑草あります?
うちの辺りではマツバウンランというのが雑草と言えどもきれいでかわいいの。ヒメキンギョソウを雑草にしてような姿です。
桔梗のような形の花もあるよ。

投稿: toti | 2013年5月 2日 (木) 15時57分

*totiさん
そうですねー、雑草には垣根はないようですねー。
庭に咲く雑草をターゲットにしてるんだけど、「カキドオシ」という草を見つけたい・・マツバウンラン、今を盛りと咲いてますよ・・桔梗の様な形、フデリンドウでしょうかねー。
春の一年草の雑草は、殆ど6月位で枯れるようですが、問題は夏の雑草、これは手ごわい。。

投稿: 白いねこ | 2013年5月 2日 (木) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月の雑草・・その2:

« 野菜すし | トップページ | 春の香り饅頭 & 春のおとずれ »