« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

早春賦


春は名のみの~♩♫♬



Dscf0002


この間まで固い蕾だったのに、今日はこの通り・・・

陽射しは暖かいが風は冷たい今日この頃、三寒四温の言葉通りな日々が続く。

そう思っていたら、HFMからこの季節にピッタリな曲が・・・
小学校で習ったのかなー、あの当時はなんとなく歌っていたが・・こんな美しい心癒される曲だったのかと今更ながら想う。

どなたが歌っているのか聞き漏らしたが、ゴスペル調で歌っているのが妙にこの曲に合っていたのです。。


早春賦

春は名のみの 風の寒さや
谷のうぐいす 歌は思えど
時にあらずと 声もたてず
時にあらずと 声もたてず

氷融け去り 葦はつのぐむ
さては時ぞと 思うあやにく
今日も昨日も 雪の空
今日も昨日も 雪の空

春と聞かねば 知らでありしを
聞けばせかるる 胸の思いを
いかにせよと この頃か
いかにせよと この頃




| | コメント (6) | トラックバック (0)

粒ジャムコーヒーロール


パン教室4回めのメニュー



2012_11240026


パン教室も残すところ後1回・・アッというまのような・・・。

毎回教室の後作っているのだが、upしてないのでたまる一方、4月までに全部載せなくては !!

粒ジャムコーヒーというのは知らなかった、生地に揉みこんで熱を加えると溶けて珈琲キャラメルとジャムの合わさったような食感でパンと良く合ってとても美味しかった。
素材の見かけは固いチョコチップのような感じ。。

こんなパンはお店などでも見かけなかったが・・でも、あるんでしょうね~


材料
A強力粉 ・・・・・・・・・・・・ 75g
 イースト ・・・・・・・・・・・・  3g
 コーヒー ・・・・・・・・・・・・ 3g
 はちみつ ・・・・・・・・・・・ 6g
 水 ・・・・・・・・・・・・・・・ 100g
B強力粉 ・・・・・・・・・・・・ 75g
 塩 ・・・・・・・・・・・・・・・ 2.5g
Cショートニング ・・・・・・・・ 5g
 粒ジャムコーヒー ・・・・ 25g
 ウォールナッツ ・・・・・・ 25g

作り方
①Aを合わせ混ぜる。
②1にBを加え粉気が無くなったら台の上で、生地がすべらかになるまでたたく。
③②に油脂を入れる。出来上がった生地にナッツと粒ジャムを揉みこむ。
④生地を丸めてボールに入れラップをし30~40分発酵させる。
⑤発酵した生地を4分割し、丸めて10分休ませる。
⑥ベンチ後とじ目上にし手の平で楕円にし、上下から中心に向かって少し重なるように折り、更に二つ折りにし閉じる。天板に並べ発酵する。
⑦仕上げ発酵後、上新粉を軽く振り中心にクーブを入れバターを載せ焼成する。

生地作り:10分、発酵:30~40分、ベンチタイム:10分、仕上げ発酵:20分、予熱:250℃で20分、焼成:210℃で15分


   **********************************************


芥川賞受賞作の「abさんご」を読み始め中・・しんどいことこのうえなし,<受像者>であしふみちゅう,このまま行ったらよみおわるのはいつになることやら.

黒田夏子さん、授賞式の時の簡素な服にびっくり、それが本の内容よりきになった・・こんなありきたりの自分が読んで理解できる世界ではないような・・それが正直な感想。。




| | コメント (6) | トラックバック (0)

新潟からのそよ風


んなに届いていたんだー



2013_02200001

2013_02200002

2013_02200003

2013_02200004

2013_02200005

2013_02200006

2013_02200007


新潟の高校時代の友人Kからの絵ハガキ。

約30数年間に23枚・・その他に暑中見舞い、官製ハガキでの近況報告、年賀状も、年賀状は彼女の子供たちの写真付き、ズラーッと並べたら子供たちの成長記録になりそう・・・。

貰う私は返信なし、なのに愛想尽きもせず・・ありがとうねー。

この絵ハガキの中で私のお気に入りは、通学に乗っていた緑色の電車と一番新しく届いた新潟市民芸術文化会館りゅうとぴあコンサートホール、建物に茜色の空が映って美しい・・・。




| | コメント (4) | トラックバック (0)

寝心地の良い場所


今年の夏で18歳に・・・



Dscf0001_2


年ごとに寒がりになってきたみーに新居をプレゼント !!




2013_02120038_3


ャーン !!

実は、このハウスが特別暖かいという訳ではなく、今まで使っていたハウスを夜用にしたのです。
今まで夜は私のベッドで一緒に寝ていたのですが、去年の末頃、ためしに床暖房付きのハウスを夫の寝室のソファーにおいてみたら・・・最初はあまり入らなかったのに寒くなったら入りっぱなし・・・ でも、朝方ノソノソと私のベッドにもぐりこみ、「私はズーッとここにいましたよ」てな顔を・・・律儀にもこれが毎日続いていますー。




2013_02150029


もっと早くここに置いてあげればよかったね~




| | コメント (6) | トラックバック (0)

冬の指定席


一日中、ホットカーペットとなかよし・・・



2013_02120034


本体の方が直接的で暖かいニャーと気づいたようで、カバーを爪でひっかいて間に入り込むのです。

よって、最初から端をめくっておくのです。




2013_02120035_2


ベランダからの暖かい日差しを背中に浴びても・・やはり、動きません。

ん、もう一匹灰色のねこが・・と、思われた方もいるでしょうが・・・。




2013_02120037


30年もののぬいぐるみです~。。

そういえば、こんなポーズもあったなーー。。



    *******************************************************



<追記>

2月14日は聖バレンタインデー。

パン教室のサイドメニューのガドーチョコラを作ってみました。



2013_02150032


でも、これは失敗作・・本当はもっとふっくらするはずなのに・・今まで習ったパン等は失敗することなくできたのに、混ぜるだけの簡単なこれで失敗するとは・・ ?!

若い頃から私より美味しいものを食べてきて舌が肥えている夫は、「味はいいのでこういうお菓子だと思えば・・」というお言葉を頂いたのだが・・もう一回挑戦 !!

成功したらレシピを載せますねー、超簡単で美味しいので・・。




| | コメント (6) | トラックバック (0)

塩豚とキャベツの煮物


おっしゃる通り、やさしい味に・・・



2013_02120002


台所手帳」さん、出会ってから作られるお料理が私の好みにピッタリ・・以来、常連になっています。

この料理もこちらから・・cypressさんは肩ロースのブロックを丁寧に塩と香辛料に2、3日漬けられてますが、私はもも肉のブロックを塩麹に漬けて使用。

お肉も味がしみてかなり美味しいですが、キャベツを美味しく食べる料理とみた。。
いずれにせよ、とっても簡単でお肉についた塩分だけなのに・・・美味しかったですよー。。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2月の庭 '13


春の香りが・・・



2013_02120005


2本あるうちの1本は早々と年末に咲き、もう1本は今頃やっと蕾の状態、この差は何 ?
でも、2度花を楽しめて、色の無いこの季節には貴重かも・・メジロもひっきりなしにやってくるし。。




2013_02120006


このあたりは球根がかなり埋まっているコーナー、水仙も何種類か・・もう暫くするとあの甘い香りに包まれる。
水仙が終わると紫蘭のあの強い葉に埋め尽くされる。




2013_02120008


去年は野鳥が少なかったので万両の実が持越しだったが、今年はアッというまにご覧の通り、いつもは最後まで残る実なのに・・野鳥も気のせいか多く訪れるような・・・。

冬は枯れ枝ばかりなので、瀬戸内海が大きく広がっている。




2013_02120010


ぼけてしまったが、手前の蕾はぼけの花・・・ククッ




2013_02120007


かわいらしい花を咲かす杏の木、もう少しして整枝した枝をバケツの中に入れ、門の前に置いておくと、その日のうちに売り切れに・・皆さん、待ちかねたように。。




2013_02120011


「春告草」という別名がある紅梅、先月頃から花芽がでていたが・・今年は蕾になるのが遅いような・・寒風の中、凛として咲いているこの小さな紅梅は大好きな花。。




| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日のブレックファースト


店に売ってない朝食



2013_02040041


焼いて冷凍しておいた〇パンとりんごのマフィン、ハムとスプラウトのサラダはワインビネガーで・・・。
このワインビネガーは便利、オリーブオイルとコショウを混ぜればフレンチドレッシングに、でも、殆どビネガーオンリーなんだけどね。。




2013_02040039


〇パンはこちらから・・・とってもシンプル、一個ずつ包んで冷凍もしやすいの、こちらからは食パンも作らせて頂きました・・・多謝。




2013_02040034


りんごのマフィン、よく訪問するブログの方がリンクされていたところの“なかしま しほ”さんのレシピから・・こちら
私はたまたまあったふじを使用したが、これには紅玉が合うような・・メープルシロップがよくきいていて、とっても美味しくしっとり出来上がりました。

このHPは糸井重里さんが主宰していたと思う・・私が家でパソコンを使い始めた頃によく訪問していたところ、まだ健在だったとは驚き!!
糸井さんはやっぱりすごい・・いまでこそHP、ブログは盛んだが、あの当時はまだまだ開拓途中、その頃、もう立ち上げていたのだから・・何事もフロンティアを歩いている。

と、いうことで、いただきま~す。。




| | コメント (4) | トラックバック (0)

ベロ藍の染付大鉢


濃い発色のベロ藍を用いた明治の染付大鉢



2013_01220008


藍色が少し薄く映っているが、実際の色はもっと濃い藍色。

一尺弱のかなり大きな鉢、図柄は小さめの葡萄唐草と牡丹。




2013_01220010


水盤に見立て、花を浮かべたり、生けたり・・・。




2013_01220009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

節分


鬼もいろいろいるけれど・・・



2013_02050007


イワシの頭をさした柊などで邪気除けを・・その効果の所以の匂いが室内にたちこめるのはチョット・・柊も手に入らず・・・。

よって、庭のホソバヒイラギナンテンと大豆で節分の室礼。




2013_020400462_2



<追記>
関東からこちらへ越してきて節分の「恵方巻き」にビックリ、あれから10数年、日本全国に知れ渡った模様・・コンビニエンスの力なんでしょうかねー。

かといって、うず高くお店に並ぶ割高の「恵方巻き」にお腹いっぱいで手が伸びず。
よって、ちょっと目先の変わった韓国海苔巻を作ってみた。



2013_02050008


酢飯ではないご飯にいりごま、塩少々を混ぜておく。(2本分、お米1.5合)
具は、ごま油で炒めてしょうゆ大匙1/2、砂糖小匙1/2、おろしにんにく少々で味付けした牛肉100㌘、厚さ5㍉に焼いた卵焼き、1㌢の棒切りにし、海苔の長さに切ったきゅうりとたくあん、千切りにしてさっとゆでた人参の5種類(私はきゅうりとたくあんと人参は千切りにしました・・この方が食べやすい)
巻きすに海苔を載せ、手前と向こう側の3㌢を残してご飯を広げ、具を載せて巻く。
表面にごま油を塗って白ごまを散らす。

日本の海苔巻のように甘くない、サッパリといただけます。
久し振りに巻いたのでコツがいまひとつ、ご飯は少し少なめに載せて具は多めに・・次回はこれを忘れずに。。

福豆の入っていた袋に節分の由来が・・



   *********************************************************



豆をまいて鬼を追い出し、幸せを招き入れる・・節分の豆まきは、もともと新年を迎えるための行事でした。というのも、昔の暦では、今の節分の日が一年の終わりの大晦日。翌日の立春が一年の始まる日だったからです。
「鬼は外」。桃太郎や一寸法師の昔から、鬼は悪者の代名詞。豆には、その鬼を退治する力があると信じられていました。
「福は内」。だから、より良い年でありますようにと、縁起を担いで、年男や年女が豆をまき、健康でありますようにと、栄養たっぷりの豆を年の数だけ食べたのです。これは、今も変わらない、節分のゆかしい習わし。




| | コメント (4) | トラックバック (0)

ごはんにピッタリ


冷蔵庫の整理を兼ねて・・



2013_01290028


煮物に使える材料を全て投入・・他に使おうと買っておいた牛肉のスジも入れてことこと、コトコトけっこう強火で煮含め、最後は弱火でジックリ・・いつも通りの味、美味しくできました。

しかし、この鍋、使い込んだこと・・煮物というとこの鍋だもの・・きれいな器に移し替えればよかったなーとupしてから・・反省。。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »