« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

なごりのバラ


庭の寒風の中、一本のバラ



2013_01290036


バラは2月までに昨年花が咲いた短い枝は、基部より2~3芽付けて切り取り、つる状の枝の先端は5㌢ぐらい切り込むのだが、今年は少し早めに剪定。

このバラは剪定し忘れ・・・そしたら、一本だけ寒そうに咲いている、今にも枯れそうに・・・そこで、このバラに見合う器に投げ込む。

一輪挿しに見立てた益子焼のそばつゆ入れに入って、こころなしか葉っぱが色を取り戻したような・・・。




| | コメント (6) | トラックバック (0)

料理本


愛読書・・・



2013_01120017


あえもの、酢の物のレパートリーを増やそうと買った料理本、その中でもこの2冊がお気に入り。

特に、志の島忠先生の本は写真も綺麗で、四季のあえものが素敵な器にもられ、一冊の本としても楽しめる。




2013_01120019

れだけいろいろ載っているのに作るのは定番のメニューのみ・・・今年は目先の変わったものにも挑戦してみようかなー・・・せっかく本を買った意味もないし・・・。。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんちゃって「だいふく餅」


レンジでアッという間に・・・



2013_01220004


以前、雑誌の記事で“電子レンジ料理 傑作コレクション”という特集をやっていた。
使えそうなのだけストック、その中の一品。

うたい文句通り15分位で出来上がり、お味は食べてのお楽しみ、なかなかですぞ。。

白玉粉150㌘、砂糖50㌘、水1カップをよく混ぜる。蓋をしてレンジで3分。取り出してよくこねる。
まな板にきな粉を振り、その上に白玉を載せて8等分し、あんを包んで上からきな粉50㌘をまぶす。手早く包まないと包みにくくなる。(包みにくい場合は、手に片栗粉を少しつけて)
あんは市販の粒あんを使用。

粒あんを常備しておけば、不意の来客があっても大丈夫、失敗なく作れます。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

大島紬 訪問着

2013_01220021


ちょっと地味目の着物のほとんど・・・この先必要になるからと誂えてもらったり、義母から譲り受けたモノ・・・これもその一枚、ただ、帯と一緒に作ってないので帯合わせが難しい・・・手持ちの帯と帯締めでで何とか体裁を。。




2013_01220020


2013_01220024


着物地の色は桑茶の渋い色、帯は無地で名物裂の有栖川文様の九寸名古屋。





| | コメント (6) | トラックバック (0)

待ちわびて・・・


遅かったねー



2012_1


車から降りると、玄関ドアの下になにやら白いものが・・・

なかなか家に入ってこないので、待ちくたびれて玄関ドアのガラスから覗いてる、それもすりガラスを避けて透明な部分に両目をピッタリくっつけて・・・




2012_2


お待たせしましたねー




| | コメント (4) | トラックバック (0)

厳かに・・・とんど焼き


1月13日 13時~  とんど焼き 浜辺にて



2013_3_2


2013_4_3


島の広い砂浜に消防団も待機して古式ゆかしく行われました。

参加者には婦人会の皆さんがおしるこを作って待っておられ、子供連れもたくさん参加。

私は松飾、破魔矢、御札、お守りを持って・・・焼浄められ、気分すっきり。。



     *********************************************



1月15日は小正月

季節の節目節目に、昔懐かしい伝統の行事食をいただくのもなかなか乙なもの。
小正月はお粥仕立てで小豆をいただくのだが、今回は茶がゆに・・・。



2013_01150013


材料
 米1カップ、水7カップ、塩少し、番茶20g、さつまいも300g

作り方
①さらしの袋に番茶をいれ、さつまいもは皮のまま2㌢角切りにし水にさらす。
②洗った米に水を加え、すぐ蓋なしで強火で炊く、沸騰したら①を加え、時々混ぜながら強火で30分炊き、塩を加えて茶袋を出す。

小豆粥の作り方はこちら




| | コメント (2) | トラックバック (0)

大根のふろふき風 & きなこ餅


思ったとおりの美味しさでした。



2013_01140004


チョット、ピンぼけ・・・

大根を出汁で柔らかく煮、ごま油を熱したフライパンで両面を焦げ目がつく程度に焼き、お醤油を少しまわしかけて出来上がり、冷めてもおいしかったですー。

こちらのレシピをいただきました。



     ******************************************************



1月11日は鏡開きでした。



2013_01140012


大根のからみ餅にしようと思ったんですが、あっそうそう、これがあったんだ・・・常用している「黒ゴマきなこ」とお砂糖を同割に・・・ひさしぶりのきなこ餅・・・おいしゅうございました。。




| | コメント (4) | トラックバック (0)

 甘酒


ふうっー あったまるーー



2013_01120020


この時期の限定品、新酒の酒粕を使った甘酒、美味しくないはずがありまっせん !!

色が白いでしょ、スーパー等で購入した酒粕ではこうはまいりません !!

数も限定、懇意にしている小売店にしか卸してないのでどこでも買える訳でもないのです。
馴染みの酒屋さんが家の分を取り置きしてくれているので、店先に「酒粕、入りました」というちらしがでたら一目散に・・・。

あまりトロっとさせず、少し軽めに作るのが好み、作り方はこちら。。





| | コメント (2) | トラックバック (0)

クレイジー・ハート

クレイジー・ハート

  • 製作年:2009年
  • 製作国:アメリカ
  • 原題:CRAZY HEART

  • 「フィッシャー・キング」「ビッグ・リボウスキ」のジェフ・ブリッジスが、落ちぶれたカントリー歌手を熱演し絶賛された音楽人生ドラマ。酒で身を持ち崩した初老ミュージシャンが、一人のシングルマザーとの出会いをきっかけに再起を図る姿を哀愁あふれるタッチで綴る。監督は俳優としても活躍するスコット・クーパー。かつては一世を風靡したカントリー歌手、バッド・ブレイク。57歳の今はすっかり落ちぶれて、孤独なドサ回りをしながら酒浸りの日々。そんなある日、地方紙の女性記者、ジーンと出会い惹かれ合う。しかし、離婚の痛手を抱え、4歳の息子と2人暮らしのジーンは、関係を深めることに躊躇いをみせる。


    出演:マギー・ギレンホール、ジェフ・ブリッジズ、ロバート・デュバル、ライアン・ビンガム、コリン・ファレル、ポール・ハーマン、リック・ダイアル
    映画賞:
    2009年 アカデミー賞
    【主演男優賞】 ジェフ・ブリッジス 【歌曲賞】 ライアン・ビンガム 【歌曲賞】 T=ボーン・バーネット
    2009年 ゴールデン・グローブ
    【男優賞(ドラマ)】 ジェフ・ブリッジス 【歌曲賞】 T=ボーン・バーネット 【歌曲賞】 ライアン・ビンガム
    2009年 LA批評家協会賞
    【男優賞】 ジェフ・ブリッジス 【音楽賞】 T=ボーン・バーネット 【音楽賞】 スティーヴン・ブルトン

                                                     <TSUTAYA  より>


    この映画、2009年の主だった賞、総なめだったんですねー、確かに丁寧に作られている。
    何か懐かしいなあ・・この手の映画、少し前はたくさん作られていたのに、最近はとんとお目にかかれない。
    ジェフ・ブリッジスがいい味だしている、一世を風靡したが今はすっかり落ちぶれたドサ回りのカントリー歌手をみごとに演じている。やさぐれ感がにじみ出ている。
    そんな彼が女性と出会い、遅まきながら人生の立て直しを図るが、長年しみついた生活の癖はなかなかとれるものではない・・・
    これではいけないと七転び八起きしたんでしょうねー、若い頃一世を風靡しただけに、悲哀感が滲む・・・この演技が評価されたんでしょう、こういう映画、私もこの年齢だからこそ共感するんでしょうねー。

    ジェフ・ブリッジス、こういう役をするようになったんですね、ミシェル・ファイファーとボー・ブリッジズ兄弟共演の「恋の行方」という映画が記憶に残っている。お父さんはあの有名なロイド・ブリッジス、俳優一家。
    マギー・ギレンホール、有名な女優さんなんでしょうが知らなかった・・決して美人ではないが、とても魅力的な女優、ロバート・デュバル、コリン・ファレルはいうまでもない・・脇をガッチリ固め、魅力的な演技で作品に重みを加えた。

    評価:★★★★☆

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    温室のシンビジューム


    出番を待つシンビジュームたち



    2013_01080014_2


    春になるまで・・・




    2013_01080012_2


    花開くその時まで、ジッと養分を蓄えて・・・




    2013_01080013


    こちらも、暖かい温室でシンビジュームと一緒に育成中。。





    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    七草がゆ


    今年は野菜なしの全粥・・・



    2013_01080009


    いつもはスーパーへ寄って、売り場に「七草粥」セットなるものを目にし気づくのだが、今年は全然気づかず・・・我が家の七草粥はセットに手を出さずいつも大根粥、だが、冷蔵庫に大根はなく、冷凍してある大根の葉もいまいち色が・・・。

    ということで、今回は白一色の全粥。

    今回は炊飯器で炊いてみる・・・目盛りもあわせてピッと待つこと一時間・・・ちょっともったりしているけど美味しくできましたyo。

    いつもの大根粥はこちら

    蓋をあけた夫、「あっ、真っ白」、ククッ。。





    | | コメント (8) | トラックバック (0)

    今年のおせち


    今年も平穏無事でありますように・・・



    2013_01010012

    2013_01010017

    2013_01010020


    おせちはいつもワンプレート、この方が食べやすくお皿もあまり使わずに済むのです。

    我家はお煮しめは作らず、毎回おでん、広島風の濃い味のおでん。

    おせちは出来上がったら、来客用に一揃いお重に詰め、残りはそれぞれタッパーに、食べる分だけタッパーからお皿に盛りつけています。




    2013_01040004



    2013_01010023


    私の実家の新潟はのっぺ汁風、広島は吸い物風、私も吸い物の方が・・・具は椎茸の含め煮、鶏肉、ほうれん草の芯、本当は生の紅葉麩を入れたかったが手に入らず・・・入れるとパッと華やかになり、女性に喜ばれるので・・・代わりに花麩、そして天に柚子。

    今日は1月5日、おせちも殆ど食べつくし、作った甲斐があるというもの、来年も・・・。





    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    1月1日 2013年


    あけまして
      おめでとうございます




    2013_01010002


    新しい年が始まりました。

    今日の何かの番組で、マイクを向けられた小学低学年位の女の子が放った言葉・・・。
    「今まで平和に暮らしていた事が普通だと思っていたが、そうじゃない事が分かった。」

    2011年を境に日本は明らかに変わった。

    何はともあれ、今年もよろしくお願いします。





    | | コメント (4) | トラックバック (0)

    « 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »