« 国民の審判 | トップページ | 少しホワイトクリスマスに・・・ »

ミスターグッドバーを探して


蔵出し movie



2012_11050033_2


若い女教師が麻薬とSEXにおぼれ、身をほろぼしていくさまを描く。製作はフレディ・フィールズ、監督・脚本は「弾丸を噛め」のリチャード・ブルックス、原作はジュディス・ロスナー、撮影はウィリアム・A・フレイカー、音楽はアーティ・ケーン、編集はジョージ・グレンビル、美術はエドワード・カーファグノが各々担当。出演はダイアン・キートン、チューズディ・ウェルド、ウィリアム・アザートン、リチャード・カイリー、リチャード・ギア、アラン・フェインスタイン、トム・ベレンジャー、レヴァー・バートンなど。        <goo 映画より>

製作年 1977年
製作国 アメリカ

出演 ダイアン・キートン
    チューズデイ・ウェルド
    ウィリアム・アザートン

その当時の私にとって衝撃的な映画だった。

生活に疲れ、シングルバーで男漁りをすることで癒す・・という救いのない絶望的な女性をダイアン・キートンが演じる。
昼はろうあ学校の先生になる教習所に通い、夜は酒場で・・という生活を送る主人公・・日本で1997年に起こった東電OL殺人事件を彷彿とさせる。
当時、いろんな意味で話題になった映画だが、見終わった後の陰鬱な想いは忘れられない。

パンフレットを読み返してみて、リチャード・キアとトム・ベレンジャーが出ていたのに気づく、全然記憶に残っていないなあ。

ダイアン・キートンは当時、ウッディ・アレンと公私ともにパートナーだったが今はどうなんだろう、都会派映画の代表格だった。。





|

« 国民の審判 | トップページ | 少しホワイトクリスマスに・・・ »

蔵出しムービー」カテゴリの記事

コメント

この映画、かつて観ました。
ダイアン・キートンがバーのカウンターで男の品定めをする様子がなんともおぞましく感じましたが・・・
今観たらまた違った見方ができるかもしれません。
とても印象に残った映画の一つでした。。

投稿: komichi | 2012年12月21日 (金) 22時25分

*komichiさん
今まで見た映画をパンフレットと共に整理してupしているんですが、殆ど内容は薄れて・・・、でも、この映画は内容もセンセーショナルで良く覚えています。
ダイアン・キートンが演じる主人公が普通の一般的な女性だったので尚更に・・・。。

投稿: 白いねこ | 2012年12月22日 (土) 02時23分

こんばんは
見たという記憶はないのですが、題名だけはしっかり記憶してます。子供のころから映画は好きでしたが、80年代前後というのは私にとって映画鑑賞空白時代。映画館に足を運ぶなんて夢物語でした。同じ映画でも自分自身の年代、人生経験によって感じ方も変わるでしょうから、もう一度見たいと思える映画の記憶がいっぱいあるというのはうらやましい限りです。

投稿: bluerobin2 | 2012年12月23日 (日) 23時17分

*bluerobin2さん
パンフレットを整理しながら、その当時がフラッシュバック、ひとつ思い出すと次から次へいろんな事が・・、映画、音楽のちからってすごいですねー♪♪

投稿: 白いねこ | 2012年12月24日 (月) 17時24分

ぞっとしました
ウィキペで調べましたら73年に発生したロズアン・クイン殺人事件が元になってました。

映画もほぼ同じですね。

が、現代の視点でみたら
「そんなアブないやつ 普通にいるじゃん」って言う人も多いでしょう。けど 70年代の女性解放運動が盛んな時期。女性が自活し仕事をこなし 自由な生活を謳歌する反面 こういう危険もでてくる。イカレた男たちの餌食になってしまう危険も人間社会の怖さでしょう。

むろん、これが逆のケースでもいたかもしれない。すでに 70年代でもあったかもしれない・・・
危険な男はいても 危険な女はいない・・・
ちがう、いなかったのではなく 目立たなかっただけ・・・

この映画見て 教訓に思ったこと
”知らない人にはついていないようにしよう・・・”
子供のころ 親や先生に言われたコト・・・
大人になっても守ったほうがいい・・・

 ストーカー、パラノイア(精神異常)・・・70年代には それらの名称はなかっただろうが やってたヤツはやってただろうからね。

投稿: zebra | 2013年12月 8日 (日) 03時38分

zebraさん
この映画は当時アメリカでも話題になったようで、警鐘をならしたともいえるのでしょうね。
事件の情報が瞬時に公開される現在とは比較できないのでしょうが、70年代のアメリカでもショッキングな映画だったのでしょう。
私はダイアン・キートンがこの役を演ったのに驚きました。
人間の心の闇、深層心理は計り知れないものがあるのだなあ・・と思います。

投稿: 白いねこ | 2013年12月 9日 (月) 18時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミスターグッドバーを探して:

« 国民の審判 | トップページ | 少しホワイトクリスマスに・・・ »