« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

山茶花


暮れも押しつまり・・・



2012_11240004


我家の庭には、山茶花の木が二本ある。

一本は早々と咲き終わり、花の絨毯の影も形もない状態に・・・。

もう一本はまだ蕾、この差は何なんだろうとこの季節になると思うのだが、二度同じ花が楽しめるのだからと深く考えず・・・。
落葉樹が多い我が庭に、この常緑樹の山茶花は貴重な木なのです。

萩焼に生けると、空気が和らぎますねー。これは萩焼ならではの魅力です。

これを書いている今日は、12月29日、2007年12月にブログをはじめ、2009年12月に休止、いろんなブログを訪れているうちに触発され、今年4月頃に再開、現在に至っています。

備忘録として書いているブログですが、そのお蔭で生活に張りがで、面倒な生活のあれこれも背中を押されて出来ている気がします。
来年こそ、日々の生活を丁寧にゆっくりとやってゆこうと・・・・。

拙いブログですが来年も宜しく!!
そして、良いお年を!!




| | トラックバック (0)

12月の庭 '12


だんだんと冬枯れに・・・



2012_12240002


貝塚の剪定終了、なんとか年内に終わらせることが出来て一安心、いままでは剪定鋏でやっていたが、流石に去年あたりから電動鋸に・・・そうしたら捗ること捗ること、もっと早く使うべきだった。。

真ん中あたりに青く見えるのが瀬戸内海、家は高台にあるので、夜になると四国と本土を航行する客船がライトアップされて通るのが見える・・・チョット異国情緒を感じる一瞬。。




2012_12240006


冬枯れの庭、緑一色、芝生も枯れ色に・・・




2012_12240023


池の上に置いた網の上にも紅葉、松の枯葉が・・・




2012_12240025


庭の此処其処にいつのまにか万両の紅い実が・・・




2012_12240028


夏から秋にかけ薄紫の素朴な花をつけていたヤブランも光沢のある黒い実をたわわにつけている。
リュウノヒゲと見間違う。
そういえば夫が子供の頃、リュウノヒゲの実の皮を剥いて果肉を塀に当てて遊んだと言っていたっけ・・・実がゴムまりの様にはずむらしい・・・今の子供たちは知らないだろうなー。。

あと、もう少しで今年も終わる。。





| | コメント (2) | トラックバック (0)

少しホワイトクリスマスに・・・

いつものツリー

2012_12240029


日本中、LED一色・・・これがツリーらしく好き!!





2012_12240031

ケーキは手作りに初挑戦・・・













2012_12240036


レシピはCookPadのこちらから。。
シンプルで作り易そうだったから・・・




2012_12240037


なんとか、成功、おいしそ~!!





2012_12240039

今年もなんとか夫婦二人と猫一匹、楽しくクリスマス・イブを過ごせ・・新潟生まれの私にとって嬉しい、ほんの僅かだが粉雪が降ったことに感謝!!

そして、メリー・クリスマス!










| | コメント (4) | トラックバック (0)

ミスターグッドバーを探して


蔵出し movie



2012_11050033_2


若い女教師が麻薬とSEXにおぼれ、身をほろぼしていくさまを描く。製作はフレディ・フィールズ、監督・脚本は「弾丸を噛め」のリチャード・ブルックス、原作はジュディス・ロスナー、撮影はウィリアム・A・フレイカー、音楽はアーティ・ケーン、編集はジョージ・グレンビル、美術はエドワード・カーファグノが各々担当。出演はダイアン・キートン、チューズディ・ウェルド、ウィリアム・アザートン、リチャード・カイリー、リチャード・ギア、アラン・フェインスタイン、トム・ベレンジャー、レヴァー・バートンなど。        <goo 映画より>

製作年 1977年
製作国 アメリカ

出演 ダイアン・キートン
    チューズデイ・ウェルド
    ウィリアム・アザートン

その当時の私にとって衝撃的な映画だった。

生活に疲れ、シングルバーで男漁りをすることで癒す・・という救いのない絶望的な女性をダイアン・キートンが演じる。
昼はろうあ学校の先生になる教習所に通い、夜は酒場で・・という生活を送る主人公・・日本で1997年に起こった東電OL殺人事件を彷彿とさせる。
当時、いろんな意味で話題になった映画だが、見終わった後の陰鬱な想いは忘れられない。

パンフレットを読み返してみて、リチャード・キアとトム・ベレンジャーが出ていたのに気づく、全然記憶に残っていないなあ。

ダイアン・キートンは当時、ウッディ・アレンと公私ともにパートナーだったが今はどうなんだろう、都会派映画の代表格だった。。





| | コメント (6) | トラックバック (0)

国民の審判


政治劇場ふたたび・・・



Dscf0003


衆議院選挙が終わった。

自民294と公明31で325議席、衆議院の3分の2を越える獲得数で、参院で否決された法案を衆院で再可決できる圧勝となった。
これで自民党が提出した法案がことごとく通るという事だ。

前回の民主と自民が逆転、報道では自民の勝利ではなく民主の自滅の結果と言っている、確かに・・自民の支持者は安定、前に戻っただけ、民主もこの数が実際の支持数なのだろう、10%下がった投票率の持ち主の浮動票、第3局に流れた浮動票が前回、期待をこめて民主党に流れたのだろう。

それにしても、民主党は今になってあれだけの票をもらったことの大きさを噛みしめていることだろう、小沢さん、鳩山さん、管さんの責任は大きい、内部闘争で明け暮れたイメージだけが残る、特に小沢さん、この人が自民党時代から政治を私物化してかき回している間に、中国、韓国に大きく道を開けられた。

そして、国民は「強い日本」を選んだ。
安全、安心より経済、国防強化を選んだ。
自民党は数を頼りにまっしぐらに突き進むでしょう。
安倍さんのブレーンをみると上げ潮派、超タカ派の面々が・・・。

いずれにせよ、国民にとって良い政治をやっていただければどの政党でも良いのですがねー。。





| | コメント (2) | トラックバック (0)

手向けみそ


食がすすみます。



2012_11180008


知り合いのMさんのおみやげ。

今回は京都、奈良に行かれたそう。
旅に行かれた先の名物等、さりげない物をおみやげに買ってきて下さる。

手向けみそとは、奈良漬けのうりときゅうりを細かく刻み、さらに金山寺味噌でもう一度漬けこんだもので、奈良漬と金山寺味噌がうまく調和し、温かいご飯に少し載せて食べると、それだけで箸がすすみます。





| | コメント (4) | トラックバック (0)

ロールケーキと紅茶


ロールケーキが食べたくなって・・・初挑戦!!



2012_12060001_2


ロールケーキに見えるかなー、ちょっと焼き過ぎ・・・。。




2012_12060003


一応、ロールケーキの体をなしているかな・・パン教室で習った「チョココルネ」のチョコレートクリームを巻いて。
ナイフにチョコクリームが付いて、切り口がまだらになってしまった。

巻くコツは、生地にナイフで1~2㌢間隔に切れ目を入れ、手前から2/3迄クリームをぬり、手早く巻く。

冷蔵庫に入れ、一日置いた方がしっとりして美味しかった。

最近、紅茶が気になっている。
気に入ったブレンドがあるわけでもないので、これを買ってみる。
人気の5ブレンドが楽しめるようにセットされているTWININGSの「The Best 5」。
セイロン オレンジ ペコ、プリンス オブ ウェールズ、ダージリン、アールグレイ、レディグレイの5種類。





2012_12060005


まずは、ロールケーキとオレンジ ペコのストレートで・・・美味しい・・・。





| | コメント (2) | トラックバック (0)

雑誌「ねこのきもち」


いろいろ教えていただきました。



2012_12060014


2005年6月の創刊号から愛読。
2008年3月で購読中止。

書店では売っていない、申し込むと毎月一回送付されてくる。

発行はベネッセコーポレーション、 進研ゼミ講座を運営する通信教育サービス会社。

本の内容はいたれりつくせりで、ちょっとした猫辞典・・。
例えば、「本来、猫は爪とぎで爪のメンテナンスをします。しかし、高齢になると爪とぎが減り、伸びた詰めが肉球に刺さる恐れがある為、こまめな爪切りが必要に。」等、こんな情報が山盛り・・・。
でも、さすがに3年も購読すると、内容に重複するところが出てきて購読中止することに。

アッ、そうそう、この雑誌のもう一つの魅力は“付録”、おざなりではなく、毎回使えるものが付いてくる。
こちらのマットもそのひとつ。

「いぬのきもち」も好評らしい、隠れたベストセラーかもしれない。。





| | コメント (4) | トラックバック (0)

初冬の指定席-ねこのきもち


寒くなってまいりました~



2012_12060012_2


夜は夫の寝室の暖房の前が指定席です。

このヒーターは空気が乾燥せず、暖かさも間接的なので一晩中点けておいても大丈夫なのです。




2012_12060013

ちゃんと、このマットの上で丸くなって寝ています♪





| | コメント (4) | トラックバック (0)

夕日が背中をおしてくる

16_2


台所ではいつもラジオ。
HFMに合わしている。


誰かが詩を読んでいる。

手を止めて、聞き入る・・・幼い頃にタイムスリップしたような感覚に襲われる。
明日という日は必ず、誰にでも来るとシンプルに思っていたあの頃に・・・。

阪田寛夫さんの詩、「夕日が背中をおしてくる」


夕日が背中を 押してくる
まっかな腕で 押してくる
歩くぼくらの うしろから
でっかい声で よびかける
さよなら さよなら
さよなら きみたち
晩ごはんが 待ってるぞ
あしたの朝 ねすごすな


夕日が背中を 押してくる
そんなに押すな あわてるな
くるりふりむき 太陽に
ぼくらも負けず どなるんだ
さよなら さよなら
さよなら 太陽
晩ごはんが 待ってるぞ
あしたの朝 ねすごすな

夕日が背中を 押してくる
でっかい腕で 押してくる
握手しようか わかれ道
ぼくらはうたう 太陽と
さよなら さよなら

さよなら きょうの日
すてきな いい日だね

さよならあしたの朝 またあおう

さよなら きょうの日
さようなら




| | コメント (2) | トラックバック (0)

抹茶栗餡ぱん


手作りパン教室7回目



2012_11180048

1

0月16日の教室だったので、初秋のメニュー。

教室では、下半分にけしの実を振り掛け、餡は栗餡を使い栗を演出。

家では、けしの実が手に入らなかったので使わず、餡も市販の粒あんを使用。
それでも、抹茶が入り、充分秋の風情を感じました。
美味しかった~~

材料:6個
A 強力粉 ・・・・・・・・・・・・・・・75g
  抹茶 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3g
  ブラウンシュガー ・・・・・・・15g
  イースト ・・・・・・・・・・・・・・・ 3g
  牛乳 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 105g
B 強力粉 ・・・・・・・・・・・・・・・75g
  塩 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2g
C バター ・・・・・・・・・・・・・・・・20g
  栗餡 ・・・・・・・・・・・・・・・・・80g

作り方
①Aを合わせ2分混ぜる。
②1の中にBを加え、混ぜ合わせ台の上でたたく。
③②に油脂を揉みこみたたく。
④生地を丸めてボールに入れラップをし、30~40分発酵させる。
⑤発酵した生地を6個に切り分ける。
⑥中心に餡を載せ、切り口を3カ所合わせ閉じ、天板に載せ発酵する。
⑦発酵後、卵を塗り、けしの実を振る。
⑧焼成、180℃→12分





| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »