« 山中氏、ノーベル賞受賞 | トップページ | 雑誌 「日本の美術」 »

ひじきと人参の袋煮


木曜日は惣菜の日

2012_10060020


我家の近くにMという小さな商店がある。

従業員は家族とパートさんが3人ほど、いつも近くのお年寄りで賑わっている・・・車でスーパー等に買い物に行けないお年寄りにとって有難いお店なのです。

この不景気なご時世、小さなお店はどんどん潰れていくのに、このお店は年ごとに客足が伸びている、それも若い人が増えている・・・やっぱり良心的な商売をしていると分かる人には分かるんですねー。。

野菜は地物を中心に新鮮で安い、お肉もここで買ったらスーパーのお肉は味気なくて買う気がしない、魚は島の漁師さんとの直接買い付け ? とにくか新鮮、お菓子類は買い付けルートが違うのかスーパーでは見かけないお菓子が並ぶ。

ただ難点は午後3時位になると生鮮食品は殆ど売り切れ状態になるということ、これ以上お店を拡大する気はないような・・・。

このお店、木曜日が手作り惣菜の日、「京のおばんざい」のような惣菜が並ぶのです。
そして、今回買ったお惣菜「ひじきと人参の袋煮」、美味しかったので家で作ってみた。

作り方は、千切りにした人参とひじきを油抜きして2つに切った油揚げに詰め、溶き卵を適量流し込み、口を5㌢位に折ったスパゲッティで閉じ、だし汁(市販の白だしを吸い物位に薄め、醤油少々を入れる)で煮込み味を含ませる。
少し薄味にして味を染み込ませるのがコツかも。。





|

« 山中氏、ノーベル賞受賞 | トップページ | 雑誌 「日本の美術」 »

日々のおかず 惣菜」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
美味しそうですね!
温かい汁物や煮物がこいしい季節になりましたね。
よくロールキャベツをつくりますが、口をスパゲティで閉じるというのは思いつきませんでした。干瓢で帯をしたり、ちょっと楊枝でとめたりしてましたが、今度、スパゲティでとめてみますね。

投稿: bluerobin2 | 2012年10月17日 (水) 17時29分

*bluerobin2さん
このお店は身近な材料で少し目先を変えて作っているので、買わなくても参考にしています。
でも、とにかく安いので自分で作るより買った方が経済的なんですけどね。
スパゲティ・・・使ってみて下さい、溶けることもなくしっかりついています、ただ、さす材料が固いと折れるかもしれません。。

投稿: 白いねこ | 2012年10月17日 (水) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひじきと人参の袋煮:

« 山中氏、ノーベル賞受賞 | トップページ | 雑誌 「日本の美術」 »