« 排骨飯 | トップページ | 初秋 »

ドラゴン・タトゥーの女

ドラゴン・タトゥーの女

  • 製作年:2011年
  • 製作国:アメリカ
  • 原題:The Girl with the Dragon Tattoo

スティーグ・ラーソンの世界的ベストセラーを、2009年のスウェーデン版に続き今度は「ソーシャル・ネットワーク」のデヴィッド・フィンチャー監督で再映画化した衝撃のミステリー・サスペンス。主演はダニエル・クレイグとハリウッド期待の新星ルーニー・マーラ。ジャーナリストのミカエルは、大物実業家との名誉毀損裁判で敗訴し窮地に陥っていた。そんな時、大財閥の元会長ヘンリック・ヴァンゲルからある依頼が舞い込む。それは、40年前に一族の少女ハリエットが失踪した事件の再調査というもの。やがて、調査が暗礁に乗り上げたミカエルは、ヘンリックの弁護士から社会性はないものの驚異的な情報収集能力を持つ小柄な女リサーチャー、リスベットを紹介されるのだが…。

監督:デビッド・フィンチャー
原作:スティーグ・ラーソン
出演:ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、クリストファー・プラマー

                         <TSUTAYA より>

2009年、スウェーデンで制作された「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のリメイクだったんですね、前評判がすごかったんで期待大だったのが少し災い。

失踪事件の再調査というストーリーはあるものの、スポットは完全にこの小柄な鼻ピアスの女性リスベットに焦点が・・・。
複雑な生い立ち、驚異的な集中力からくる情報収集能力、天才的ハッカー能力等外見からは想像がつかない・・・そんなリスベットと対照的な大人の魅力のジャーナリストのミカエルとのからみがおもしろい。

謎解きも最後までわからなかったので、こちらをメインにして作っても良かったのではとの想いが残る。

ダニエル・クレイグ、007で初めて見たが、英国ではけっこう経験のある有名な俳優だったんですね、画面にでるだけで雰囲気のある魅力的な俳優、ルーニー・マーラ、今回の役はメークも特殊なので素顔がよくわからないという欠点が・・・今、顔が思い出せないorz。。

評価:★★★☆☆

|

« 排骨飯 | トップページ | 初秋 »

TSUTAYA・UNEXT・DMM便り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴン・タトゥーの女:

« 排骨飯 | トップページ | 初秋 »