« コーンマヨネーズパン | トップページ | ドラゴン・タトゥーの女 »

排骨飯

たまにはこってりしたメニューも

2012_09190011

排骨とは豚の骨付き肉の事、なかなか良いものが手に入りにくいし、ちょっと油っぽいので豚肩ロース肉を使う。

本来はご飯にかけるのだが、私はいつも別々に・・・。

少し煮込むのでお肉が柔らかく食べやすい。。

材料:4人分
 豚肩ロース(100gのもの) ・・・・・・・・・4枚 
 しょうがの薄切り 4枚
 調味料(酒・・大匙1、醤油・・大匙3、砂糖・・大匙2 1/2、八角・・1/2個)
 ほうれん草(塩、こしょう…少々) ・・・200g
 片栗粉
 水

作り方
①豚肉は筋切りし、酒と醤油を振って15~20分おく。(分量外)
②ほうれん草は5㌢長さに切っておく。
③中華鍋に油大匙1を熱し、ほうれん草を茎、葉の順に入れて炒め、油が回ったら塩、こしょうをし、水大匙4を加えてひと煮立ちさせ、ざるに開けて水気をよく切っておく。
④①の水気をふき、片栗粉を薄くまぶす。③の鍋に油大匙2を熱し、肉を加えて両面を香ばしく焼き付けて取り出す。
⑤④の中華鍋にしょうが、酒、しょうゆ、砂糖、水1カップ、八角を加え、お肉を戻しふたをして煮汁が少なくなるまで、約10分煮る。
⑥器に温かいご飯を盛り、豚肉を食べやすく切って載せ、ほうれん草を添え、煮汁をかける。

                    <参考: NHK 今日の料理>

|

« コーンマヨネーズパン | トップページ | ドラゴン・タトゥーの女 »

日々のおかず・肉料理」カテゴリの記事

コメント

美味しそうですね、一度作ってみましょう

私のレシピもご披露迄。

・・・お手軽は豚キムチ 市販のバックや袋に入った白菜キムチ漬け 残り少なくなると、白菜の葉先の方を少し加えて豚と充分に火が通るまで炒める。出来上がり直ぐ食べるのが良い 肉は切り落とし細切れで充分 火を消す寸前 林檎の小さめ拍子木切りしたものを加えるのが柳居子のアイデア キムチの苦手の人にはお勧めは出来ない。

 お手間入りは塩豚 これは少々時間と労力が要る。バラ肉400~500グラムにかぶる位の水を入れ強火にかける。沸騰すると中火にして約二十分ほど茹でる 茹でてる過程の灰汁(あく)取りが結構手間 省くと臭いと口に豚肉独特の癖が残る。灰汁を取り終えると料理酒を大匙3杯(約50cc)を加える 酒のアルコール分が脂ぽさを飛ばすようだ。酒を加えた後又二十分ほど茹でる。金串が竹串でついてみて火の通りを確認する 茹で上がった肉を 熱いうちに塩を敷いた大皿の上で転がし全面に塩をまぶし付ける。中国山椒の粒を塩の上につけてラップ空気遮断して冷蔵庫内で味が馴染むまで2・3日置くと食べ時。・・・

投稿: 柳居子 | 2012年10月10日 (水) 16時49分

*柳居子さん
お肉がお好きなようで・・・なによりです~
なるホロ、こうするとキムチが最後の一滴まで使える。
塩豚、こちらを作ってみたい、粒山椒はどのくらいつければいいんでしょう。。

投稿: 白いねこ | 2012年10月10日 (水) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/503777/47318137

この記事へのトラックバック一覧です: 排骨飯:

« コーンマヨネーズパン | トップページ | ドラゴン・タトゥーの女 »