« 9 月の庭 '12 | トップページ | 十五夜 »

雑草ノオト


「柳宗民」の雑草ノオト、届く。。



2012_09250028


ワァー!! きれいな表紙、そして、ページをめくってまた感嘆符。。

説明する対象を表現するのに写真に敵うものはないが、手書きの挿絵の贅沢さには敵わない。




2012_09250030


ご覧のように、見開きの左側一ページ全体を使って対象の絵が・・・。
文もただ説明するのでなく、随筆風に書かれており読みやすく解りやすい。

挿絵を描かれたのは「三品 隆司」さん。

本の帯には次のように書かれている。


“花壇や畑では厄介者の雑草だけれど、よく見れば、それぞれ味わいがあって、意外に可愛らしいのに気づくはずである。そう、雑草は可愛いのだ。”


柳宗民の雑草ノオト〈2〉も出ているらしいので早速「密林」に注文せねば・・・。

柳宗民さん、お父さんはあの有名な民藝運動を起こした思想家柳 宗悦さん。





|

« 9 月の庭 '12 | トップページ | 十五夜 »

お気に入り」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
「柳宗民の雑草ノオト」、最近の出版でしょうか。私の持っている2冊とはちょっと表紙が違うようですが、中身は一緒のよう。
「雑草」とひとまとめにされ見過ごされてきた片隅にある草たちにもそれぞれに名があり、個性があり・・・愛情を持ってそれらに接し、人と草のかかわりをまとめ上げた本
柳氏のエッセイと三品氏の絵が一体となって単なる野草図鑑とは違った、素敵な本でしょ。
手許において時々のぞき楽しんでます。
「2」もぜひ手に入れてくださいね。

投稿: bluerobin2 | 2012年9月29日 (土) 08時28分

*bluerobin2さん
お持ちだったんですねー♪
この本はネットで雑草を調べているときに見つけ、中古品をAmazonで1,200円(定価1,800円)で購入、2002年の発行で初刊のようです。。
江戸時代の植物図鑑のように丁寧でとっても素敵な本なのに、ベストセラーにはなりにくいんでしょうね~~
ハイ、これから注文するところです。。

投稿: 白いねこ | 2012年9月29日 (土) 12時08分

白いねこさん、
ほんとうにきれいな挿絵ですね~!、
わたしも、子供のころから、雑草たちが大好きです♡
この本とはまだ違った切り口ですが、
こちらの本(アドレス欄に貼り付けました)、魅入られました、、、

投稿: きぬえ | 2020年10月27日 (火) 11時21分

☽きぬえさん
甲斐信枝さん、存じ上げませんでしたが素晴らしい本ですね。
“足元の小宇宙”・・私もそう感じる時があります。
こういう本は、購入して手元に置いた方がいいんでしょうが、早速、図書館に走ります~

投稿: 白いねこ | 2020年10月27日 (火) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑草ノオト:

« 9 月の庭 '12 | トップページ | 十五夜 »