« ひさびさの・・・カレーライス | トップページ | 彼岸とは・・・ »

古伊万里染付波うさぎ絵皿6寸弱

2012_05030057


見込みはうさぎなんだが、色は白じゃないし、顔に黒い輪郭が・・・?? チョット意味不明。

まわりは呉須の濃淡と墨弾きの技法で波頭を表し、白抜きの白うさぎが波に乗っている動きのある絵付け・・・呉須の濃淡が美しい変形皿。。




2012_05030058

|

« ひさびさの・・・カレーライス | トップページ | 彼岸とは・・・ »

日々の骨董」カテゴリの記事

コメント

お皿の形状といい絵柄といい、とてもユニーク。
そして斬新ですね。。

投稿: komichi | 2012年9月25日 (火) 08時38分

わわ、兎の絵付け~!
藍の色も美しい素敵なお皿ですね。

以前それもずっと以前骨董に興味を持ち(といっても絵柄で選ぶレベル)、兎と龍の絵付けのものを。
普段使いするので欠けたりするとすぐ処分。
金継とか残す方法はあったのに、とあとでずいぶん後悔しました。

投稿: うらら | 2012年9月25日 (火) 09時37分

*komichiさん
ちょっと変形です、お皿のへりが内側に少しそっている感じ。
大きさ、色といい使い易いお皿、高台の銘もあまり馴染みのないもので時代は天明~寛政期ぐらいらしいdesu。
動物紋は可愛いですねー。。

投稿: 白いねこ | 2012年9月25日 (火) 12時02分

*うららさん
この波乗りうさぎ柄はとても人気があります♪
そして、白抜きで動物紋はほかに鷺があり、この種類ではトップ2に入る絵付けです。
濃い茄子紺が印象的なお皿です。
金継、私も挑戦しようと思っていま~す。。

投稿: 白いねこ | 2012年9月25日 (火) 12時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古伊万里染付波うさぎ絵皿6寸弱:

« ひさびさの・・・カレーライス | トップページ | 彼岸とは・・・ »