« 古伊万里染付波うさぎ絵皿6寸弱 | トップページ | 9 月の庭 '12 »

彼岸とは・・・


おはぎを供えて・・・。



2012_09250019


お彼岸には仏前におはぎを供える。

私の新潟の両親はもう“あちらの世界”へ、遠いのと諸事情で帰郷もままならず。
よって、おはぎは欠かさず手作りで・・・母さんは甘いおはぎが゜大好きだった。。

お彼岸の意味を改めて調べてみる。


彼岸(ひがん)とは、煩悩を脱した悟りの境地のことで、煩悩や迷いに満ちたこの世をこちら側の岸「此岸」(しがん)と言うのに対して、向う側の岸「彼岸」という。
「彼岸会(ひがんえ)」は、雑節の一つで、春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた7日間のこと。また、この期間に行われる仏事のこと。暦の上では最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸明け」なお、地方によっては最後の日を「はしりくち」という地方もある。俗に、中日に先祖に感謝し、残る6日は、悟りの境地に達するのに必要な6つの徳目、六波羅蜜を1日に1つずつ修めるためとされている。

彼岸会法要は日本独自のものであり、現在では彼岸の仏事は浄土思想に結びつけて説明される場合が多くみられる。
浄土思想で信じられている極楽浄土(阿弥陀如来が治める浄土の一種)は西方の遙か彼方にあると考えられている(西方浄土ともいう)。
春分と秋分は、太陽が真東から昇り、真西に沈むので、西方に沈む太陽を礼拝し、遙か彼方の極楽浄土に思いをはせたのが彼岸の始まりである。
もとはシルクロードを経て伝わった、生を終えた後の世界を願う考え方に基づいている。心に極楽浄土を思い描き浄土に生まれ変われることを願ったもの(念仏)と理解されているようだ。
しかし後述のように、天皇の詔として始められた行事であったが、いつの時代も人として、生を終えた後の世界への関心の高いことは同じであり、いつの間にか生を終えていった祖先を供養する行事として定着するに至った。

  <ウィキペディア より>


なるほど、春分と秋分は、太陽が真東から昇り、真西に沈むのか~納得、納得。。

おはぎの作り方はこちら





|

« 古伊万里染付波うさぎ絵皿6寸弱 | トップページ | 9 月の庭 '12 »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸とは・・・:

« 古伊万里染付波うさぎ絵皿6寸弱 | トップページ | 9 月の庭 '12 »