« 鶏のコルドンブルー風 | トップページ | 金曜デモ・・・オピニオン »

坂口恭平さん


橋本さんより共感する。。



32


「坂口恭平」という名前を最近よく耳にするようになった。

ネットで調べようと思っていたら、先日、中国新聞に“ルポ 日本新景”として載っていた。

東日本大震災後「新政府」を立ち上げ、「初代内閣総理大臣」に就任したという。

その「新政府」、ツイッターのフォロワーが「国民」、各地の所有者不明の土地や、各地の所有者不明の土地や、賛同者から申請される余った土地が「領土」、新政府の活動そのものを「芸術」と位置付けるという。

以下、坂口さんの言葉


「直観なんですよ、新政府って。今は無政府状態。ならば、自分で作ろうと決めたんです。~世界に抵抗するのではなく、世界を拡張するんです」
「知り合いの国会議員の家族が、海外へ避難していたことを知る。逃げるべきだと知りながら、言わない政府と言うのはもはや政府ではない」
「震災後5月に新政府を樹立し、まずゼロセンターを東日本からの避難者に無料で開放した。早稲田大学で建築を専攻し、路上生活者の家を調査してきた~町から出るごみを転用して0円で家を作り、図書館を本棚、公園をトイレや水場として利用する彼らに触れ、視点を変えれば世界の見え方や意味は一変すると知った。」
「新政府には、社会を変えるという使命より、路上生活者に教えてもらった豊潤な世界を皆に分けるという使命の方が強いかもしれない」
そして、モバイルハウス(ソーラーで電気を賄い、車輪によって移動可能な動く家)が立ち並ぶ生活圏「0円特区」構想などを掲げる新政府の目的は、憲法25条の「生存権」を守ることだという。

坂口さんの近著に次の言葉が載っているという・・・「思考せよ。拡張せよ。それが『生きる』だ」。


最近、政界が慌ただしい、震災で立ち直れない人が溢れているのに、またまた「椅子取りゲーム」に熱中しているし・・・そろそろ自分たちの能力を理解し、無い頭を絞って党は関係なく皆で協力してくれ・・・と、思う・・・国民の足を引っ張らないで官僚と仲良く相談しながらそこそこの政治をしておいて下さい。
国民の方は、固定概念を捨てた「新しい風景」がどんどん出来上がっていますから。。




|

« 鶏のコルドンブルー風 | トップページ | 金曜デモ・・・オピニオン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

知ってますよ、坂口恭平さん。
建物、小屋みたいなのですけど、おもしろい。
言ってることも時々おもしろいので注目してます。

投稿: toti | 2012年9月14日 (金) 12時21分

*totiさん
今までの自分の価値観がひっくり返されましたが、ちっとも不快じゃない、むしろ、爽快でした。
明るいのも良い。。

投稿: 白いねこ | 2012年9月14日 (金) 17時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坂口恭平さん:

« 鶏のコルドンブルー風 | トップページ | 金曜デモ・・・オピニオン »