« ラングドシャ | トップページ | 鶏のコルドンブルー風 »

レートオータム

レイトオータム

製作年:2010年

  • 製作国:韓国/香港/アメリカ
  • 原題:LATE AUTUMN

イ・マニ監督による1970年の名作韓国映画を「ラスト、コーション」のタン・ウェイと「百万長者の初恋」のヒョンビン主演でリメイクしたラブ・ストーリー。監督は「家族の誕生」のキム・テヨン。アメリカ、シアトル。収監されて7年になる模範囚のアンナは、母の訃報を受け、3日間の外出を許可される。葬儀に向かうバスの中で、誰かに追われている様子の男フンと出会う。最初は厚かましいフンをうっとうしく思っていたアンナだったが…。

監督:キム・テヨン
出演:ヒョンビン、タン・ウェイ
                     <ツタヤより>

韓国で永遠のラブストーリーといわれる名作のリメイク版らしい、シアトルはいつもこんな天候なのだろうか、うっすらと靄のかかったような曇り空の下、心に空洞を持った女性とエスコートサービスを職とする男性が出会い、次第に寄り添っていく・・・。

全体に漂う陰鬱な雰囲気、その中でも相手に希望を見出し次第に惹かれあう2人・・・珠にはこんなラブストーリーもいいなと。。

やはり、タン・ウェイの魅力でしょうね、「ラスト、コーション」とは又別の魅力、まだ充分若いのに大人の魅力が・・・、ヒョンビン、TVで「私の名前はキム・サムスン」、「彼らが生きる世界」等に出ていた、この人もウォンビンのように色んな役に挑戦していく役者さん、そして、演じる度にウォンビンの様に成長していって欲しい。。

評価:★★★☆☆

|

« ラングドシャ | トップページ | 鶏のコルドンブルー風 »

TSUTAYA・UNEXT・DMM便り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レートオータム:

« ラングドシャ | トップページ | 鶏のコルドンブルー風 »