« 青梗菜とホタテの炒め物 | トップページ | “クローディ” »

8月の庭シーン3 - '12


雑草が・・・



2012_08290045


2012_08290046


夏の代表的な雑草エノコログサ、ネコジャラシの名前で呼ばれるように、不規則な曲線の動きが猫にとって本能的に野性を呼び戻すのかも…。

それにしても、さすがに夏の雑草、この暑い日差しの中、雨も降らないのに枯れもせず、ご苦労様です。。




2012_08290047


ヤブランも真夏に紫の花が咲く・・・元気・・・。

庭園の木々の根元などにグラウンドカバーとして植えられることが多いが、あっという間に陣地を広げる手強い草花のひとつ、秋に黒い実をつける。別名「山菅(やますげ)」。




2012_08290043


庭の隅に植えてある「金木犀」、上の方になにやら白いものが・・・よくみると今まで庭になかった花が・・・。

調べて「仙人草」と判明、蔓性なので光を求めて金木犀の上までたどり着き、花を咲かせたのでしょうか。
更に調べると、仙人草に含まれる特有の毒成分として「プロトアネモニン」という物質が含まれており、この物質は刺激性精油成分で有毒。皮膚に付くと火ぶくれ状の皮膚炎を起こし、 誤って飲食すると口の中が焼け付くように痛みが襲い、胃腸炎を引き起こすそうだ、コワッ。

キンポウゲ科クレマチス属の植物で一般には有毒植物として知られており、キンポウゲ科の代表的な種類としてはトリカブトなんかがあって有毒の植物が多い科らしい・・・。。




2012_08290050


仙人のひげに似ているという事で付いた名前らしいが、私には「鷺草」に似ているように見え、早々と飾っておりました。。

気を付けましょう、知らない花は飾る前によくよくしらべてからに !!




商品の詳細


「雑草ノート 柳宗民」
名前を検索しているときに見つけた本、庭で手入れされて行儀よく咲いている花もいいが、道端にさりげなく咲いている名も知らない花の名前、由来などが気になる・・・。

早速、Amazonに注文。




|

« 青梗菜とホタテの炒め物 | トップページ | “クローディ” »

四季の庭」カテゴリの記事

コメント

私もセンニンソウは好きです~♪
秋に綿毛になってふわふわした姿が仙人の髭のように見えていい風景です。。

投稿: komichi | 2012年9月 6日 (木) 22時23分

高砂百合のときはリンク先の人が同時にアップしていたのでその人にコメントしました。
今回はまたまたおなじく仙人草をアップしていたのでコメントしたら ↓ 。

センニンソウ、とても良い花だと思います。押しても綺麗です。
時間が経つと、セピア色のようになり、それも又、素敵です。
夜になると、甘い香りが漂います。センニンソウの親戚で、ボタンヅルと云う花がこれから咲きますが、センニンソウより、小振りで可愛いです。
センニンソウの花は、人間に採られまいと、高く高く、木の上や、高い斜面等に咲いていると思います。

まったく知らなかった植物を同時に教わり、ちょっと学生気分~。

投稿: うらら | 2012年9月 7日 (金) 08時08分

*komichiさん
繊細で気品ある花ですよねー。
細い枝なので自分では上に昇ることができず、太い樹にからまって花を咲かすよう・・・それもまた風情がある・・・でも、皮膚炎は怖い。。
薬と毒は紙一重、ある種の病気には効くらしいのです。。

投稿: 白いねこ | 2012年9月 7日 (金) 10時56分

*うららさん
あら、まあ、そうなんですかー、その期間にしか咲かない花を同時に見ている訳で、ブログにupする時期も重なるんでしょうね~
今年初めて見つけました。部屋から何気なく見ていると、金木犀の頭になにやら白い靄のようなものがうっすらと、これも仙人草と呼ばれる所以かしらね。

投稿: 白いねこ | 2012年9月 7日 (金) 11時08分

うちも庭すごいことになってます。
同じなのでちょっと安心しました。
センニンソウきれいですね。うちにも生えてくれないかな。
はやく草取りのできるくらい涼しくなってほしいです。

投稿: toti | 2012年9月 9日 (日) 16時54分

*totiさん
去年まではなかったので、どういう増え方をするんでしょうねー。
太い樹に寄生する形で上に伸びて行くよう様です。
明日こそ草取りしようと思いながら・・・こんな状態です。。

投稿: 白いねこ | 2012年9月 9日 (日) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月の庭シーン3 - '12:

« 青梗菜とホタテの炒め物 | トップページ | “クローディ” »